ゴッド・オブ・ウォー面白い?つまらない?感想評価レビュー!

god_of_00

大人気ゲームシリーズのゴッドオブウォー、遂にPS4でも発売されましたね。

迫力のアクションとキレイなグラフィックが話題になっています。

早速PS4ソフト「ゴッド・オブ・ウォー」の感想評価レビューを見てみましょう。

スポンサードリンク

評判通りの神ゲー?アトレススが楽しい?

・全く購入するつもりはなかったのですが、前評判で「約束された神ゲー」と絶賛されていたので、それを信じて購入してみました。結果から言うと、確かに神ゲーでした。戦闘がとにかくおもしろい!爽快感もあり、しかし緊張感もあり、絶妙な仕上がりです。ゲームが下手な私ですが、すっかり夢中になって戦っていました。少しカメラ調整が難しく、酔いやすい人は注意が必要かもしれません。夢中になっているときは気になりませんでしたが、一休みした際にかなり気分が悪くなりました。神ゲーかどうかと言われると万人受けという感じではないですが、気に入った人にはとことんハマる神ゲーだと思います。しばらくはゴッドオブウォーにのめりこめそうです。

・戦闘シーンは凄い迫力があった。気持ち悪い、煩いと言えてしまうほど画像の綺麗さには圧倒されました。しかし、日本のアドベンチャーゲームと比べるとやはりシナリオの部分で難を感じてしまいます。クレイトスとアトレウスの親子の関係性、構成には惹かれるものがありますが、1つ1つのシナリオが私には薄いと感じるし、オリンピア・オリンポスを題材にしたこういったゲームはアクション、迫力の割にストーリが薄手に感じられしまう傾向があると思います。それ以外で言えば追悼の防具セットをはじめとして武器のレパートリーが思った以上に多く楽しめましたし、キャラクターの設定、バランスも良くクリアまでストレスなくプレイすることが出来たので満足しています。

・私は過去作全てをリアルタイムでプレイしていました。最初のPV等を見た印象は大きく変わってしまい、GoWの良さは残っているのかという心配でした。しかし実際にプレイしてみると、GoWの持つ、敵を攻撃した時のヒットストップや敵を砕く快感はそのまま残っていました。操作性が大きく変りましたが、これまでは無双のようなアクションとQTEの組み合わせでしたが、そのバランスはそのままに、爽快感のある無双的アクションに加え、高いアクション性を持ったボス戦等は歯ごたえがあり、遊び甲斐がありました。また、ストーリーは素晴らしくも哀しく、こまでのクレイトスの半生を体験した身としては、変わってしまったな、という印象。しかしそれを凌駕する親子の物語が描かれていて、最後まで楽しむことができました。

・「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズは初プレイでした。まずグラフィックが素晴らしいです。この作品はイベントシーンの前後でロード時間がなく、常にシームレスで進行していきます。グラフィックの美麗さも相まって「え!?今操作できるの!?」となることもしばしばありました。次にアクションですが爽快感あり、かつダークソウルシリーズのような敵との駆け引きの奥深さありでかなり熱中できました。特にボス戦は、「こんなやつに勝てんのか・・・?」と思いながら毎回挑むのですが、クレイトス(主人公)のハチャメチャアクションのせいもあって、後半は「いや、俺ならできる!」と果敢に挑めるようになりました。少し気になる点は、カメラの視点です。常にクレイトスが画面の少し左寄りに立っている仕様で、何度か見にくいと感じることがありました。確かにこの視点のおかげで没入感が増している、と感じる部分もあるのですが、ダークソウルシリーズのように普通にセンターに立っている仕様にも設定変更できれば、より楽しめるかと思います。とはいえ仕事が手につかなくなる熱中できたので間違いなく神ゲーの部類に入ると思います。以上です。

・PS2の1作目からシリーズをすべてプレイしてきたので、久しぶりのゴッド・オブ・ウォーの新作を楽しみにしていました。PSストアの予約ダウンロードで購入しプレイ。一番の驚きは画質でしょうか、PS4の他のゲームと比べても質感が違い背景も細かく描かれています。プレイ当初は主人公クレイトスの声優が変更されている事や、アクションシステムが今までと違って戸惑うことばかりでした。しかし慣れていくとギミックなども面白く、新生を謳っているだけはあると感じました。ゲーム自体はまだプレイ途中ですが、今までのクレイトスとは別人のような印象を受けます。もちろんそれが子供を持つという事であり、過去を背負っている男を描いており、物語にも引き込まれていきます。

・まず今作をプレイして一番に感じたことはその圧倒的なグラフィックの美しさとド迫力なアクションの爽快さです。PS4のスペックを余すことなく注ぎ込んだ映像美はゴットオブウォーの名に恥じぬ壮大な世界観を見事に表現していると思います。また、アクションに関しては神をも倒してしまう主人公クレイトスの人間離れした強さがまるで自分のものになったかのように錯覚してしまうほど、これまでにない爽快感を体験することができます。そして前作までをプレイした私はクレイトスと息子アトレウスの不器用ながら絆を感じられる親子関係についても楽しみながらプレイすることができました。他にも多くの魅力がありますが、本シリーズを知る人も知らない人も存分に満足できる内容になっていると思います。ぜひプレイしていただきたい作品の一つですね。

・まだ半分くらいしか進んでいませんが、もうすでにこの作品の虜になっています。まず言えることは、グラフィックの美しさです。綺麗だろうとは大方予想していましたが、予想を上回る美麗さです。また、一番テンションがあがるポイントはやはり格闘シーンです。ノーマルでプレイしているのですが、ノーマルとは思えないような難しさがあります。しかし難しいからこそ、燃える部分と、コンボが決まった時の気持ち良さなどがあり、戦闘・格闘シーンでは絶妙なバランスがとれています。ストーリー的にはこれからどうなってしまうのか、主人公の生死は?息子の生死は?などまだわからない部分も多いので、この先の話の展開を楽しみにしながらプレイをしています。

・ゴッド・オブ・ウォーは過去作を遊んだこともあるのですが、それらと比較すると最新ゲームなだけあってグラフィックは格段に向上しています。他のゲームと比較してもグラフィックは綺麗な部類に入るのですが、全編ノーカットでロード無しなのでその点は素直に凄いと感じました。またコンティニューしてもすぐに復帰できるので、プレイしていてストレスに感じることはありませんでした。アクションについては難易度ハードでプレイを始めたのですが、難しいながらも爽快感があって楽しむことができました。ストーリーも良くできていて序盤から惹き込まれるので、良質なアクションと合わせて楽しむことができました。PS4本体の性能をフルに活かしているせいなのかファンがうるさいのが気になりましたが、そこを除けば特に不満はなく買ってよかったと感じています。

・今回のゴット・オブ・ウォーは前作を知らなくても楽しめるようになっていました。ちなみに私はゴッド・オブ・ウォーの前作もプレイしたことがあります。この作品の魅力は父であるクレイトスの戦い方と息子アトレウスの戦い方が全く違うところです。クレイトスは投げたら戻ってくる斧が武器で、敵をテンポよく倒していきます。そしてアトレウスは弓矢やナイフなどで敵を倒していくのです。私はどちらかというと一気に敵を倒したいので斧を持っているクレイトスの方が好きです。またこのゲームにはいろんな敵が出てきます。手ごわいと思った敵はラビッド・ウルフというオオカミで動きがとても素早かったです。あと石の柱を担いで勢いよく振りまわす巨大なトロールも手ごわいと思いました。

・文字通りの神(様)ゲーです。主人公のクレイトスとその息子が旅に出る物語ですがとにかくグラフィックが凄く綺麗です。PS4Proが販売されたことにより、今までのゲームで1番綺麗なんじゃないかと思います。そのグラフィックを維持しながらもエンディングまでほぼロード無しという事なので驚きです。クレイトスの飛ばした斧が自動で手元にパシッと戻ってくる瞬間は何度見てもカッコいいです。最初に出てくる謎の男もラスボスなんじゃないかと思うほど何度も復活してきたので絶望しました。
どこまでが自分の操作でどこからが自動操作なのかわからないくらいシームレスな戦闘でした。まだクリアはできていませんがとにかく出てくる敵とのバトルが迫力満点で素晴らしいです。