ポーランド代表注目選手!2018年ロシアワールドカップ

Polska_00

2018年ロシアワールドカップの参加国の一つ、ポーランド。

ポーランド代表の選手で誰が注目か気になるところ。

そこで今回はポーランド代表のみんなが注目している選手をチェックしてみましょう!

スポンサードリンク

圧倒的実力のレヴァンドフスキ!得点ランキングに期待?

・レヴァンドフスキに注目しています。ありきたりかもしれませんが、ドルトムント時代からの決定力は間違いなく世界レベルで、世界レベルの選手に弱い印象がある日本がどのようにレヴァンドフスキを抑えるのかという点が気になります。
決定力がある点が特に注目していますが、レヴァンドフスキが凄いなと思う点はキープができるフィジカル、ディフェンダーを振り切る足元のスキル、高さという点がずば抜けており、それでいて裏への飛び出しも長けています。
スキがないという点がレヴァンドフスキが得点ランキングで何年も上位にいる凄みなのではないのかと思います。

・なんといっても、レヴァンドフスキ選手です。高さとパワーとスピードとテクニックと、戦術理解度と、すべてを兼ね備えた、数少ない完成されたストライカーです。某有名サッカーゲームでもその能力値は常軌を逸しています。個人的にはバロンドールをいつとってもかしくない逸材だと思っています(ロナウドとメッシがいなければ、1つは確実に受賞してたでしょう)。日本は予選リーグでポーランドと戦うわけですが・・。正直不安すぎます。日本の守備力で果たして彼を抑えることができるのかどうか。ただ、そんなトップクラスのストライカーと真剣勝負の場で戦えるのは本当に光栄なことです。

・注目選手は、FWのレバンドフスキです。今のポーランド代表は彼なしに語ることはできません。彼がいなければ、ワールドカップに出場できていたかは危うかったと思います。彼は高さ・強さ・素早さとすべての能力を兼ねそろえている選手です。メッシやロナウドがいなければ、彼の名はもっと世界中に知れ渡っているでしょう。点を取るのは当たり前というレベルの選手なので、ワールドカップの期間中に一体何点取るのかが、最大の注目ポイントです。

・レバンドフスキは、ポーランド代表のエースストライカーで注目です。バイエルン・ミュンヘンに所属しオールラウンドで万能型の点取り屋でポストプレーを武器にしているところが好きです。ポッド1にポーランドは入ったのでグループリーグ突破はかなり可能性が高区なってきています。ポーランド代表は得点力をレバンドフスキ選手に託しているので、ロシア大会でも得点王の可能性もあるのかなと思います。ワルシャワ大学に在籍し、スポーツ学部の学士号を取得したことも期待のポントです。

・2018年サッカーワールドカップポーランドの注目選手は「レヴァンドフスキ」選手です。現在欧州主要リーグの1つバイエルン・ミュンヘンで活躍しているエースストライカーで、バイエルン・ミュンヘンの前にはボルシア・ドルトムントで活躍。日本代表香川真司と同僚でもありました。魅力的なのはやはり得点力!現在ブンデスリーガでも得点ランキング単独トップで独走体制を築いています。何より凄いのは1試合あたり0.9得点とほぼ1試合に1得点決めている点。レヴァンドフスキの凄さは数字も証明しています。この得点力は対戦相手にとって恐怖と言えるでしょう。W杯でも試合を決定づけるゴールが期待されることでしょう。要注目です。

・ポーランド代表の注目選手は何といってもロベルト・レヴァンドフスキです。ドルトムント、そしてバイエルン・ミュンヘンというドイツの名門でプレーしてきただけに、当たりの強いサッカーの中でも確実にゴールを決めるスキルを有しています。長身のセンターフォワードであるもののボールタッチが柔らかく、キックのスキルも高いためにゴール付近で前を向かせてボールを持たせると脅威となる選手です。またポストプレーもできるために、前線で攻撃の起点となれる選手でもあります。

・やはりワールドクラスの選手であり、ポーランドの柱である絶対的エースのレヴァンドフスキ選手がポーランドの注目選手である。まず言わずとも知れているようにレヴァンドフスキ選手は決定力に優れている。所属チームであるバイエルンミュンヘンでもエースであり、どんな形からでも何十得点も決めている。さらにFWであるのにもかかわらず、フリーキックも得意とする。とにかく死角がなく、隙あれば得点に結びつけて来る点ではとにかく厄介である。

・レヴァンドフスキーに注目!ゴールを量産するストライカーは、世界中に数多くいるかもしれないが、試合を決定づける“勝負強さ”を兼ね備えたFWはなかなかいない。どこからでもゴールを奪えることが、一番の強みかもしれない。クロスに合わせるヘディングとボレーシュート、ペナルティエリア外からのミドルシュート、裏へ抜け出してからのワンタッチシュート。どれをとっても一級品で、ゴール前だけでなく、どこにいても注意を払わないといけない存在。
勝負強さを携えた、どこからでもゴールを奪える世界屈指のストライカー。

・2018年ワールドカップのポーランド代表の注目選手は何と言ってもロベルトレバンドフスキです。日本のグループリーグの対戦相手でもありポーランドの得点源でもあるので日本はどのようにして彼を抑えるのか注目しています。レバンドフスキは世界最高峰の万能型のFWでどこからでもゴールを狙ってきます。しかもシュートだけでなく、パス回しに参加したり、ドリブルで仕掛けることもできるので対戦相手にすればかなりの脅威になりますね。

・やはりバイエルンミュンヘン所属のロベルト・レバンドフスキ選手です。クラブでも長らく安定した成績を残しており、世界最高のセンターフォワードの一人とも言われています。左右両足・ヘディングとどれも高精度で得点パターンも多彩、また、その長身を生かしたポストプレーも秀逸で自ら得点を奪うだけはなく、周囲を生かせるまさに万能型の選手と言っていいでしょう。やはりロシアワールドカップ予選で歴代最多得点となる16点を挙げた得点力はすさまじく、一人で試合を決めてしまう可能性もあります。