小学校2年生(7歳)のお小遣いはいくら?

小学校2年生、年齢で言うと7歳8歳ですが、いくらくらいお小遣いをあげてるものなのでしょうか。

家庭の方針で金額は違ってきますが、やはり他のご家庭ではどうかなと気になるものですよね。

そこで今回は小学校2年生でのお小遣い金額について、皆さんが実際にいくらあげていたのかを見てみましょう。

スポンサードリンク

あげてない・0円も多数?お金の価値わからない?

・この頃は買い物のときはまだ親が同伴しているのでお小遣いで買うということがなかったので0円でした。文房具やお菓子などは妻と買い物のついでに買っており、おもちゃ等は誕生日やクリスマスに買うのでお小遣いをまだ必要としていませんでした。

・金額を決めてあげたりはしていません。お金の価値がまだよくわからないと思います。ほしいもの、必要なものが本当に要るのか確認をして、買ってあげていました。勉強を頑張ったり、お手伝いをしてくれたときに少し上げたり(何百円かです)していました。

・1年生の時月1500円あげていましたが、クレーンゲームばかりに散財しているのを見かねて、1000円に減額しました。500円では少なすぎるとの判断でした。本人もそれなりに欲しいものを変えるので納得していました。

・1ヶ月にいくらとは決めず、1週間のお手伝いの量によって額を決めていました。靴並べをしたら10円、晩ごはんの御手伝いは100円というかんじです。1ヶ月合計でだいたい700円くらいになっていました。働くことに対して報酬がもらえるということを学んでほしいとおもい、このようなやり方にしました。

・子供が小学校二年生のときには、毎月決まった額のお小遣いはあげていませんでした。その代わりに何かお買い物をする時には、自分の欲しいお菓子の買える金額だけを渡すような形にしていました。まだお金の計算も十分にできる感じではなかったので、このようにしていました。

・200円あげていました。小学校1年生の時に100円あげていたので、2年生になったからお小遣いを増やすことにしました。小学校低学年なのでお金を使うことはほとんどありませんし、200円で良いと思いました。

・子どもが小学2年生の時のお小遣いは、週末に100円程度渡していました。毎日のおやつなどはこちらが購入していて、他にほしいものがあると一緒に買いに行っていました。少しづつ自分で買い物をしたりする練習をと思い、近くの商店で駄菓子を買えるくらいの金額にしていました。

・0円です。おもちゃや学用品は親がその都度買い与えていました。友達とお菓子を買いに行く時も事前に買うお菓子を聞いてから与えていました。高学年になったら500円から1000円くらいの額で与えようと考えています。

・子供が小学2年生のときの子供のお小遣いは200円でした。これは私の固定観念でしかありませんが、小学•学年×100円という価値観のもと200円のお小遣いを渡していました。とは言っても子供が欲しいといったものは私が出していましたが。

・1000円にしていました。高額なものについてはクリスマス、誕生日にあげていたので、この金額で十分だと判断しました。すぐ無くなってしまう金額だと思うので、お金の使い道を考えるにはいい金額だったと思います。

・小学生2年生のときのお小遣いはなしです。友達とお金を持って遊びに行くこともなく、友達とただ単に公園で遊んだり家の前で遊んだりするだけだったので、お小遣いの必要性を感じなかったので、お小遣いはなしでした。

・月額ではあげず、子どもの日やお祭り、親戚にいただいたときなどにある程度まとめてあげています。三年生なやなったら、月額で500円ほどで考えています。今は、まだ親と行動することがほとんどなので、毎月定額を渡さなくてもよいかと考えています。

・小2、年長、1歳の子供がいます。小2の息子にお小遣いはあげていません。お小遣いをあげて、お金を計画的に使う練習をしてほしいと思っているのですが、なかなか踏み切れません。お菓子などに使われることに抵抗があります。周りのお友達もお小遣いをもらっておらず、周りに合わせている部分もあります。欲しいものがあったときは、相談してもらい、親である自分が必要だと思ったら、買い与えています。まだしばらくは、お小遣いは0円の予定ですが、8歳になるのをきっかけに、月100円程度から始めてみたいと思います。

・この春で、小学校2年生になった娘には、月200円のお小遣いをあげています。小学校に入ってから、お金に興味を持ち始めたため、お小遣い制を始め、単純に1年生なので100円、2年生なので200円…という事にしました。お金の有り難みを学ばせるためなので、高額なお小遣いは必要ないと思っています。

・基本的には2千円あげていました。電車など交通機関に乗るための最低限のもので、それ以外にはその都度必要な額を与えています。本を買ったり教養になりそうな遊びなどには積極的に買ってあげるよにしていますし、習い事やテストなどの成績が良かった際にもご褒美で与えています。

・お小遣いというものをはじめてあげるに為、月100円からスタートしました。通常学年×100円と聞きますがまだお金の価値も使い方も分からないため100円からのスタートです。100円も10円硬貨、50円硬化たまに500円渡してお釣りを貰うなど算数の計算にも応用してました。

・なし。理由は3点箇条書きします。①小学2年生はお金を使うことよりも、友達と外で遊んだり、本読んだりすることの方が大切。②お金の大切さを理解できる年齢ではない。③簡単にお金をもらえると思わせたくない。

スポンサードリンク

お金についてどう学ばせるか

お小遣いを始め、子供にお金についてどう学ばせるか、というのは各家庭の課題なのではないでしょうか。

お金の価値がわからないからお金を渡さないのか、お金を渡す事でお金の価値を学ばせるのか。

親が買ってあげるのか、自分で買わせるのか。

やり方は各家庭それぞれですね。

子供にどうお金についてを学ばせるかは、その後の人生にも影響を与えるため、親も伝え方を考えたいもの。

お金について学ぶための本は色々ありますが、1冊くらいは読んでおきたいですね。

おすすめは「池上彰のはじめてのお金の教科書」

大人も知っておくべき、そして子供にも伝えたいためになる内容がたくさん載っています。

その他関連記事はこちら