TOKIO会見内容は?音楽活動自粛?

525214858
ivanacoi / Pixabay

TOKIOメンバーの会見内容に注目が集まっていますね。

山口氏の脱退や代理メンバー、音楽活動自粛なども囁かれています。

今回はTOKIO会見でどういう内容が発表されると予想しているか、また皆さんが今回の事をどう受け止めているのかを見てみましょう。

スポンサードリンク

山口脱退・解散はない?謹慎はいつまで?リーダーの意見は?

・私は所謂「ジャニオタ」でも「アンチジャニーズ」でもありませんが、これまで色んな所属タレントが起こした問題に対する事務所側の対応などを考えるに、TOKIOの「解散」はおそらくないかと思います。そして「音楽活動見合わせ」についてですが、純粋にアーティスト活動という意味では、期間を決めての見合わせは考えられるかと思います(山口氏以外の芸能活動は続行)。山口氏は、無期限謹慎処分になるかと思います、そうならなければ、より一層ジャニーズに対する風当たりが強くなると思うので。

・山口達也メンバーに対する他のメンバーからの思いや苦言が呈される内容になりそう。その上で、四人での音楽活動の継続となると考えます。山口達也メンバー抜きで活動することによって、将来的には山口達也メンバーの脱退も視野に入れるのではないかと予想します。

・TOKIOは、もともとグループ内での断絶があったらしいので、もしかしたらこのまま解散を発表する可能性もあると思いました。ジャニーズもSMAPのこともありますから意外に脆く、TOKIOも無くなってしまうのではないでしょうか。

・道義的責任、社会的な影響を考慮してTOKIOとしてのグループ活動は当分見合わせるでしょう。山口メンバー本人は、本来であれば無期限の謹慎処分が妥当でしょうが、これまでの活動、反省の態度、不起訴処分、示談が成立していることを考慮すると、酒害の治療を含めて数年間の謹慎ぐらいが良いように思います。

・会見は悪い印象を与えないようにひたすら目に涙を浮かべて謝罪を繰り返すと思います。音楽活動は年内は自粛して紅白は今年は出ないだろうと思います。謹慎期間については短くて今年いっぱいかなという感じがします。何となくですが来年の紅白にメンバー五人で歌っている様子がイメージできます。

・TOKIOのメンバーからは、厳しい言葉が発せられると思われます。山口氏のTOKIOのメンバーとして戻りたいという発言には城島リーダーが厳しいことを言っているので、ありえないということが述べられることと思います。

・TOKIOの4人(山口氏を除く)の会見は、必要ないと思います。そうではなく事務所として代表者が謝罪をするのが筋だと思います。簡単なファックスだけの発表だけでなく、誠意を持った謝罪が必要だと思います。さらに、事務所からのメディア、マスコミに対する圧力を即刻止めることが必要だと思います。

・このタイミングでわざわざ会見を開くと言うことはおそらくTOKIO自体の解散もしくは無期限活動休止の発表になると予想しています。また男気の強い城島さんがグループのリーダーとしての責任を取る(芸能活動休止や芸能界引退)を発表する可能性もありえると考えています。

・山口氏の事件は決して許されることでは無いので、無期限謹慎のまま復帰はさせないと思います。ジャニーズとしてもトキオの他の四人のメンバーの活躍で山口氏の穴埋めをしていくのでは無いでしょうか。簡単に復帰させてしまうと被害者家族からしたらいたたまれないと思います。

・謝罪、および無言で①分間頭を下げたままの謝罪を実施。一人づつコメントを残し、SMAPに続き解散宣言。個人での活動を発表。山口氏に復帰については、明言せず、治療にそれぞれのメンバーが寄り添う事を発表する。

・個人的には山口脱退か、TOKIO解散が望ましいですが、4人での会見ということなので、多分それはなさそう。おそらくしばらくは4人で頑張ります!山口のやったことは許されることではないが、それでももし皆さんが許してくれるのであれば、いつか…また5人で… みたいなお涙頂戴の会見になると思う。

・グループの解散などはないと思いますが、山口氏の脱退が正式にアナウンスされる可能性は十分考えられます。また、TOKIOは一般的なアイドルとは違いバンド形式で音楽活動をしているので、山口氏の復帰以外では、サポートベーシストなり新メンバーを入れないと音楽をやるのは難しいと思います。そのため、音楽活動についても、当面白紙などの発表をするのではないでしょうか。いずれにせよ、基本的には真摯な謝罪とTOKIOらしい男気のある会見になるように思います。

・非常に予測しにくいところですが、山口氏の脱退とはならないと思います。被害者が示談に応じてるので処分が和らぎ、一定期間の音楽活動禁止と謹慎になるかなと。他のメンバーもしばらく自粛すると言うと思いますが、全体的には厳しすぎない、情に訴えるような会見になると予想します。

・これまでの山口氏以外のメンバーのコメントから、山口氏にも自分達自身にも厳しい姿勢の話をされるのではないかと思います。活動の自粛をして、山口氏の今後の在り方によっては解散もあり得る、という内容になるのではないかと思います。謹慎期間については、お酒に対するコントロールが出来るようになること、被害者女性や家族への謝罪等をきちんとしてけじめをつけることを大前提に、それらが為された後に検討するのではないかと思います。

・音楽活動は無期限休止になると思います。ベースの山口さんがいないとバンドとして成り立たないと思うから。謹慎期間はやはり無期限という表現のまま。あまり詳しいわけではないですが、TOKIOは好きなグループなので、今後いい方向に進んだらいいなと思います。それが早い段階であるとバッシングも多いと思うので、どうにかうまくやってほしいです。