ガンダムTHE ORIGIN 誕生赤い彗星 面白い?つまらない?

gundam_04

ガンダムファン注目の作品、「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 誕生赤い彗星」

やはりファーストガンダムファンにとっては特別な作品となっているようですね。

早速映画「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 誕生赤い彗星」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

感想評価は!完結編にふさわしい?声優にも注目!

・オリジンシリーズもすでに3年、6作目で完結です。今回はあの有名なシャア・アズナブルが赤い彗星になる作品です。ジオン快進撃で始まり、完結という事でバトルシーンはとても迫力がありました。やはりザクが強かった初期のモビルスーツ戦はガンダムファンであればとてもテンションが上がると思います。しかし後半は政治の話も多く地味めな展開でしたが、それ以降の展開を知っているファンの方であれば今後の展開にとても期待をしてしまうと思います。セリフ等は気になるとこもあるけどガンダムを出さずにジオン独立までを描いたオリジンシリーズはとても良い出来であったと思います。ここまでくると初期のガンダムも映画で見たいと思える作品でした。

・機動戦士のガンダムのひとつの集大成として満足出来ました。キャラクターの内面の描写もしっかりとしていて見どころが沢山あったのですが、やはり一番の見どころは艦隊戦で流石の出来だと思わず唸ってしまいました。ガンダムで艦隊戦を目にすることは珍しいと思うので、くぎ付けになりました。ガンダムは全てのシリーズを見ているわけではないので、他のシリーズと比べられませんがそれでもかなり高い完成度なのではないかと感じます。これから始まる物語に繋がっていくストーリーで、壮大なものを見た気分です。あと、やはり古谷徹さんのアムロの声はすごく良いです。これだけでも「ガンダムを見られて良かった」と感じさせてくれます。続編はあるのかないのか分かりませんが、楽しみに待ちたいです。

・私は古いガンダムのファンなのでこの映画には期待していたと思います。そして安彦良和が描くガンダムの世界観が好きでした。映画では安彦良和のタッチが強調されていて安心感があったと思います。また戦闘シーンがリアルでSFアニメの進化を感じることができました。私は様々なアニメを見ているのでこの映画が高いクオリティだと感じました。更に登場人物たちの変化も個人的に面白かったです。シャアは有名になって周囲からも憧れの目で見られます。そしてアムロもまだモビルスーツを使っていない状態なので、これが最初のガンダムに続くと考えると感動できました。この映画で安彦良和のガンダムは完結なので付き合って良かったです。今後はこういう大人向けのSFアニメが増えることを願います。

・ファーストガンダム世代の方が観るとどっぷりハマることができるでしょう。モビルスーツ対艦隊のシーンは、この映像クオリティで観るとやはり迫力が違いますね。このシリーズはこれで終了ということですが、希望を言わせてもらえれば、ファーストガンダムを「the ORIGIN」で見てみたい気がします。想像するだけでワクワクしますが、製作期間なんかを考えると無理なのかな。物語の深さを感じるという点では、さすがガンダムという感じです。単に戦争ものというわけではなくて人間ドラマが丹念に描かれているのが他のロボットアニメとは一線を画しているのでしょうね。シャアは相変わらずカッコイイし言うことなしでした。なんだかんだいってガンダムの主役って彼なんだとあらためて思った作品でした。

・正直言ってIの青い瞳のキャスバルから、3年はやはり長いです。しかし、完結編ということもあり、ファーストにつながる部分も多く、感動しました。初日に鑑賞。感想としては、ジオン軍の硬骨さや連邦軍の政治や軍の縦社会などが、ところどころ描かれていて、このままいったらファーストの世界も変わっていたのだろうなという感じ。そういう意味では、ガンダムの活躍は出ないものの、ガンダムの活躍のすごさを感じました。また、アムロ・レイってこんなにアクティブだったんだという印象。ファースト最初期では根暗なだけの機械いじりが好きな少年のイメージが若干壊れてしまいました。また、シリーズ全般を通じてですが、シャアの若干の狂気が描かれているのが面白いと思います。

・もちろん、この作品でOriginを初めて観た方は少ないだろうけれども、原作も知っていて、ガンダム3部作を好きだけれども、観ていない30代の方にあえて言わせて頂きたい~この作品を必ず観るべきだと。。。もちろんアニメは好きだけど、過去の作品が記憶の中で美化され完結してしまっている方。今の家庭事情で観れない方。ガンダムなんて若さゆえのあやまちだと思っている方。お子さんと一緒でもかまわないから、ぜひとも劇場に足を運んで頂きたい(4週間上映されてますよ)リピーターの方もご安心を。特典は毎週変わります。確かに前作の後編として観ても、盛り上がりにかけると思いますが、それは鑑賞後に「ビギニング」をカラオケで歌って発散して下さい。

※ファーストガンダムを観たことがない状態でオリジン観ています。
冒頭から始まる怒涛の激しい戦闘シーンは必見!連邦軍とジオン軍の戦艦戦、連邦軍の戦艦部隊の合間を縦横無尽に飛び回り破壊の限りを尽くすモビルスーツたち。迫力がすごすぎました。人間関係や国家間の対立も複雑で面白い。レビル将軍の扱いや戦争継続に関するそれぞれの考えなどなど前知識のない私は、戦闘シーンと同じくらいの迫力を感じました。ただ、ラストがあんな感じで終わるんだ、とちょっと消化不良。ファーストを観ていれば納得ができるみたいですが、私はそのあたり全くわからなかったので少しモヤモヤっとしました。なのでこれからファーストガンダムを観ようかなと思います。GW最後を締めくくるにふさわしい、そんな映画でした。