はたらく細胞面白い?つまらない?コミック感想評価!

hatarakusaibo_00

タイトル通り、細胞をテーマにした異色のコミック、「はたらく細胞」

アニメ化も決まりさらに話題になっているマンガですね。

今回はコミック「はたらく細胞」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

アニメも期待?子供にもおすすめ勉強になるマンガ!

・発想が独創的で、かつこんなにも役に立つ、とりわけ受験生や学生さんにとっては、有益な漫画はなかったのではないかと思ってしまう内容となっています。赤血球や白血球といった細胞たちを擬人化して、具体的に人体のなかで活躍したり、駆けつけたり、喧嘩したりと、目の付けどころが本当に面白くて、理系でもないのに、思わず先の展開が気になってどんどん読めてしまいました。病原菌などについても知ることができ、漫画だけで健康マニアになれるかもしれないと思いました。

・とあるサイトで、注目の面白いマンガとして紹介されていたのをきっかけにこのマンガを知り、購入に至りました。このマンガを初めて購入し読んだ頃に学校の生物の授業で習っていた範囲がこのマンガと被っていたこともあり、マンガをより楽しめました。履修内容の理解も深まったと思います。マンガに登場するキャラクターそれぞれのキャラや個性が、いい意味でバラバラではっきりしており、非常に面白いです。とくに理系の人には楽しく読めるマンガだと思います!

・白血球や赤血球などを擬人化し、人が風邪を引いたときや怪我をしたときにどのような動きをしてるのか面白可愛く描いた漫画です。自分の体の中で起こっていることと思うと応援したくなります。また、何よりそれぞれの働きに沿ったキャラの設定をして、個性的でかわいいので、専門用語も多く出てきますが抵抗なく読めます。私は血小板ちゃんがかわいいけど、末恐ろしい力を秘めてて好きです。今後はアニメ化も決まっていて、とても楽しみです。

・絵がきれいで、キャラ萌えがあります。主人公の赤血球ちゃんがかわいいです。そのほか細胞もうまく擬人化されていて、いろんなキャラがいるのでお気に入りの細胞が一つは見つかるかもしれませんね。また、楽しく学べる教科書的要素もあるんじゃないかと思います。教科書で読んだら小難しく感じるような内容もコミカルに解説しています。病気になった時など、それぞれの細胞がどういう働きをするのか?など、体の仕組みが詳しくわかるので、高校の生物の試験勉強にはとても役に立つと思いますよ。

・人間の体の仕組みを題材に、ありとあらゆる細胞を擬人化したコミック。毛細血管から心臓、はたまた傷口から外に流れ出てしまうところまで、ドジだけれども頑張りやさんでにくめない赤血球ヒロインを中心にカッコいい白血球のお兄さんたちの波瀾万丈の日常業務コメディで、面白くて笑えるのにとても勉強になります。いつぞや学校で習った血小板・・・君はこんな役目だったね、なんて思い出したり。漫画で楽しく、けれども忠実に書いてあるので大人が子供に薦めたいコミックだと感じました。