和楽器バンド新アルバム「オトノエ」感想評価!

wagakki_oto_00

大人気バンド、和楽器バンドの新アルバム「オトノエ」がリリースです。

CDを発表する度に人気を高めてきた和楽器バンド、オトノエの内容も気になりますね。

早速和楽器バンド新アルバム「オトノエ」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

アップテンポもバラードも良曲揃い?鈴華ゆう子の声がいい!

・和楽器の世界観が好きで楽しみにしていましたが、今回も聴きごたえたっぷりでした。アップテンポな感じからしっとりとした感じまであり、1曲1曲が個性的で和楽器バンドを堪能できる所が良かったです。メンバーのお一人お一人がとても高いレベルの方だと思うので、和楽器バンドならではの世界観を作り上げれるんだろうなと思います。今回は和の感じが強く出ている気がしたので、個人的には何回聴いても飽きのこない曲ばかりでした。一番ぐっときた曲は「細雪」ですが、オケとのコラボを組み込んでいるからかスケールの大きいものでした。1曲1曲が質の高いものなので、その日の気分によって聴き分けて楽しんでいます。この世界観がLIVEになったら更にすごいんだろうなと今から楽しみです。

・音楽に疎い私は、三味線と笛くらいしか和楽器はわからなかったのですが、女性ボーカルの声が”和”を感じさせる感じですね。やはりボーカルの声も重要であり、”和”を感じさせる声というのも重要であると思いましたし、女性ボーカルの歌声は男性の涙腺を刺激する系の見事な歌声だと思いました。1曲目の”細雪”というタイトルからは想像もつかないアップテンポの曲ながら、アルバムの1曲目としてはとてもいい感じの曲であると思いました。3曲目は何かアニソン的なものを感じました(アニソンが悪いわけではないのですが・・・)し、4曲目は”和”のテイストを感じなくなってしまいました。それ以降も和楽器を使用していなければ、よくあるバンドの曲とたいして変わらない印象になってしまうのですが、やはり和楽器を使用しているので一風変わったサウンドになっていると思いました。

・ある番組で和楽器バンドの演奏技術の高さ、歌唱力の高さを知って聴き始めました。アルバムの中で好きな曲は、「沈まない太陽」です。ゆったりとした曲よりかはテンポ感があって楽器を多く使う曲が好きです。ビジュアルもあまり派手過ぎず多くの人に親しまれるのではないかと思いますし、洋楽器が多い世の中ですが昔からある日本の本来の楽器は日本人の心に馴染みやすいのではと思います。2番目に好きな曲は、「紅蓮」です。1曲目よりも速い曲です。仕事中などに聞くとテンション上がります。ゆっくりの曲で好きなのは「独歩」です。こちらはカラオケで歌ってみたいです。購入サイトでも評価がとても高いようなので普段こういう音楽を聴かない人にもおすすめしたいし知ってもらいたいと思います。

・このアルバムは和のテイストが強くて個人的には驚きました。またそこにモダンな要素も加えているので良かったです。例えば和風の曲にデジタルな音が加わっているように聴こえました。またこのアルバムは全体的に捨て曲があるようには感じなかったです。つまり全ての曲が音楽のスタイルを確立させているような雰囲気です。アルバムのレベルが高いのでどこから入っても安定感がありました。曲にはポップなものがあって親しみも感じさせて良かったです。こういう曲と本格的な和のテイストがある曲の変化が楽しいと思いました。当然のように女性ヴォーカルの哀愁のある歌声も絶品です。総合的には満足度の高いアルバムなので名作の予感もしました。これは日本の現代音楽の凄さを感じるアルバムだと思います。

・バンドなのに和楽器、和楽器なのに古い感じがしない、これまでの和楽器に対するネガティブな印象をガラリと変えたと言っても過言ではない和楽器バンドのニューアルバム、オトノエはやはり最高の出来だと思います。和楽器が奏でる妖艶なメロディに魅了されます。どの楽曲もメロディのなかに物語をイメージさせられ聴いていて飽きがきません。普段聴いているJ_popはみなさん耳が肥えてしまって飽きがきている人もいらっしゃるのではないでしょうか?使い古された言い回しだったりが多いと思いますが和楽器バンド曲で使用されているタイトルや歌詞も綺麗な日本語が使われているので普段聴いているものとはがらりと違った印象を受けると思いますので是非聴いてみてください。

・素晴らしい音楽性です。古からの和の善きテイストと西洋の音楽のそれぞれの秀でた面を、メンバー達の卓越した演奏の技術と音楽に対する熱い思いが込められていることが伝わってきました。特に女性のヴォーカルが抜きんでいます。とてもリズミカルで早いテンポは現代に則した音楽であり、どの曲もアニメの主題歌としても十分に使えるでしょうか。現に和楽器バンドは別のアニメの楽曲も提供していますが、伸びやかで奥の深い曲調はクールジャパンという言葉に代表されるもう一方の現代日本文化の精華であるアニメーションの優れた作品に似合いますよね。特に「細雪」という曲の歌詞が素晴らしい。文章として読むだけでも楽しく、趣きが含まれる名文ですよね。平安朝の歌人の短歌のようで格調が高い。時代錯誤のように全く感じさせないのは彼らの魂の共鳴によるもののよう。カタカナの表記で文面が汚されていない爽快感のある円やかな曲です。似たような曲調が続くきらいもありますが、調和が取れているとも。聴くだけの価値は確かにあります。