W杯日本一次リーグ突破可能性は?成績予想!

1526566382

W杯での活躍が期待されるサッカー日本代表。

なんとか本戦に勝ち残って欲しいものですが、一次リーグを突破できるかどうかがまず注目です。

今回はみんなが予想する2018年ロシアワールドカップのサッカー日本代表1次予選の成績について見てみましょう!

スポンサードリンク

セネガルに勝てる?コロンビア・ポーランドは引き分け狙い?

・1次リーグ組み合わせ抽選会で、日本はポーランド、コロンビア、セネガルとともにH組に入り、欧州、南米、アフリカと地域やタイプの異なる3チームと、決勝トーナメント進出(2位以内)を争うことなる。FIFAランキングは日本より格上の国ばかりで、楽ではないが、1次リーグ突破はコロンビアとの初戦で良い結果になれば可能性がある。最も拮抗した試合が予想されるセネガルとの第2戦をおとせば1次リーグ突破はなくなる。1次リーグ最後の試合となるポーランド戦は相手の状況にも大きく左右されるが、これまで2戦2勝と日本にとっては決して相性も悪くない。

・ポーランドとコロンビアが同じ組なので日本は非常に厳しい戦いを強いられると思います。ポーランドは欧州選手権でベスト8入りの経験もある非常に強いチームで、コロンビアもハメスロドリゲスやファルカオ、クアドラードなど多数のスター選手を擁しています。突破をしてほしいですが、セネガルとの3位争いになってしまうと思います。

・期待を込めて1勝2分けで2位か3位だと思います。対戦国すべてがFIFAランキング上位ですが、コロンビアかセネガルのどちらかには勝つ可能性はあると思います。特に2試合目のセネガルは一番勝つ可能性が高いと思います。しかし、ポーランドとはせいぜい引き分けだと思っています。他国の結果によっては突破できる可能性はありますが、大会を直前に控えて監督が代わっているので厳しい戦いになるのは間違いないでしょう。

・予選敗退になると思います。日本人だから、日本代表を応援したいですが、相手が悪すぎます。まずコロンビアには負けるでしょう。世界ランキング一桁台の相手ですからね。引き分けになれば、全然違ってくるでしょうけどね。ポーランドはレバンドスキ、セネガルにはマネがいます。この2チームとは、ランキング的には、それほど差がありませんが、FWの得点力の違いがありますから、やはり苦戦するでしょう。日本代表は、MFやDFでは、そう見劣りしないのですは、得点を取るという部分が、非常に弱いですからね。

・今回のロシア杯での組み合わせは日本は恵まれていると思うので、一次リーグの突破は十分に狙えると思います。ただ一つの懸念が、同じH組のポーランド。レバンドフスキをはじめとして攻撃力が高く、ディフェンスがしっかりしていないと負けてしまう気もします・・・

・3戦3敗もしくは1分があればいいほうだと思う。ランキングや他チームの実力を考えれば勝てる見込みはほとんどないと思う。直前に監督交代してなおさら全敗以外は考えられない。今さら新戦力を試す機会もないのでおそらく本田や香川あたりが選ばれると思うがいまさら感はぬぐえない。

・コロンビアには大敗すると思います。セネガルとは引き分けに終わると思います。オーストリアには大敗すると思います。結果として、1分2敗にて、予選グループ敗退となるでしょう。ハリルホジッチの目指したサッカーが日本代表を弱らせました。

・一次リーグは突破すると思います。コロンビアには惜敗するが、セガルとポーランドに僅差で勝ち2位で一時リーグ突破、ベスト8をかけた試合では惜しくも競り負けベスト16だと思います。以前のW杯ギリギリで監督が岡田さんに変わった時も調子が良かったし、今回も何だかんだでベスト16までは行ってくれると思います。

・素直に日本の一次リーグの突破は難しいと思います。監督の解任もありますし、チームとしていまだに選手が固定されていないのが大きな問題だと思います。海外組のコンディションも、実際のところよくわからないし、戦略も見えてこない。

・私の日本の成績予想は、0勝2敗1引き分け。内訳は、ポーランドとセネガルにそれぞれ敗北、コロンビアとは、なんとか引き分けとなるが、残念ながら2次リーグへ進めないのではと予想します。1勝できたらいいですね。

・期待を込めて、全勝すると思います。一次リーグは一位突破です。今の日本の最悪の状況から、相手チームが油断して勝てる可能性が高いです。本田、香川、岡崎が代表に戻り、一発屋の選手は消え去り、監督も交代することで逆に結束が高まり強くなることでしょう。

・正直予選敗退の確率が高いと思っています。理由としては同じグループの対戦相手が強豪揃いなのと日本代表自体の問題が多いことです。特に最近の監督交代でいろいろな問題が浮き彫りになっておりとても予選を突破できるとは思えません。

・監督交代でゴタゴタしている日本、果たしてチームが一つにまとまるのか疑問です。H組のポット分けを見ると、点取り屋レバンドフスキを擁するポーランドが6位で日本がここに勝利するのは至難の業です、問題は初戦のコロンビア戦ですが13位のチームに勝つ実力は残念ながら無いと思います。セネガルも強敵ですが先取点を取ると守り切れる可能性もあるので期待を込めて3位とします。

・初戦のコロンビアはコロンビアの調子がイマイチでも勝つのは難しく、0-1での負けと予想します。二戦目のセネガルは身体能力が高い相手に苦戦し、これまた1-2での敗北となります。三戦目のポーランドは両者得点なく0-0の引き分けで、残念ながら1分け2敗という成績を予想します。

・初戦のコロンビアは決勝トーナメントに照準を合わせるため日本には苦戦し、0-0の引き分けとなります。二戦目のセネガル戦は点の取り合いを制し3-2で勝利します。そしてポーランドには1-0で勝利し、2勝1分けで決勝トーナメント進出です。これがベストの場合だと思います。

・最もひどい場合を予想します。コロンビアには3-0の完敗を喫します。二戦目のセネガルとは先取点は取りますが1-2の逆転負けとなります。そして最後のポーランド戦は0-1の惜敗で、3敗で予選リーグでの敗退となります。

・全然興味のない2018ワールドカップですが、ハリルホジッチ監督の解任で多少は戦える用になったとは思いますが、おそらくは全敗して1次リーグ敗退となると私は思います。監督云々のレベルではなく今の日本代表の実力がないのも事実かと思います。

・実力的にも劣っているのに監督の解任問題でチームの雰囲気も悪く3連敗が濃厚だと思います。なかなか若い力が台頭せずに結局はベテラン頼みになりそうな予感もしますが、良くて1勝できるかどうかでしょう。一次リーグ突破したら奇跡と言っても大げさではないほどの状況だと思います。

・グループHに所属する日本の第1戦の相手はコロンビア。2014のブラジルワールドカップでも対戦していおり、そのときの結果は1対4で日本が敗戦。今回も日本の苦戦が予想され予想スコアは0対2で日本の負け。第2戦のセネガルは2018年4月のFIFAランキングが28位で同ランキング60位の日本よりも格上の相手となる。予想スコアは1対2で日本の負け。第3戦のポーランドはFIFAランキング10位の強豪国。ポーランドが予選通過を決めて主力メンバーを温存して2軍で臨んできた場合、希望的観測も含めて1対1のドローと予想します。2敗1分で日本のグループリーグ敗退を予想しますが、2010年の南アフリカ大会のときのように前評判を覆すような日本代表の活躍を期待しています。

・現実的に考えると予選突破は難しいと考えています。その理由は主力メンバーにけが人が多く、チームの協調性がいつもよりも欠けているように感じるからです。しかし、欲を言うと予選を突破して予選リーグよりも強豪国と一試合でも多く対戦してほしいです。