遠藤航ワールドカップで活躍?注目ポイントは!

endo_wataru_00

サッカー全日本代表の遠藤航選手!

ベルマーレで活躍している遠藤航選手ですが、同様にワールドカップでの活躍も期待されています。

そこで今回はサッカー初心者でもわかるように、ワールドカップにおける遠藤航選手の活躍が期待されているポイントについて、みんなの意見を見てみましょう!

スポンサードリンク

DFならどこのポジションも任せられる!次世代キャプテンの可能性も!

・センターバック、サイドバック、守備的なボランチと守備におけるポジションであれば、どこでもこなすことができるユーティリティーさとサッカーインテリジェンスが高いことから戦術理解度が高いところが魅力の選手です。ワールドカップでは登録可能選手の数が限られている中で、守備のポジションであればどこでも高いレベルでこなすことができる遠藤選手は貴重な存在であり、ベンチには必ず入れておきたい選手です。そのユーティリティーさが最も期待されています。

・湘南ベルマーレで当時19歳でキャプテンに就任し、チームをまとめていた。そのころから落ち着きはらっている彼のプレーは年齢にはにつかないほどに冷静であった。加えて強靭なフィジカルも持ち合わせている。守備的なポジションであればほとんどのポジションをこなせるユーティリティさはどの監督でも頼りになる選手だ。身長は低いが、それを補うだけのジャンプ力や体幹の強さ等の身体能力の高さもあるため対人に強く、球際でも負けることは少ない。戦える選手である。

・守備の万能選手。センターバック、右サイドバック、ボランチをそつなくこなすポリバレントな能力は、人数が限られる代表向き。おそらく引退するまで、様々な監督から好まれる選手だろう。決して体格には恵まれていないが、ディフェンス能力は高く、キャプテンシーもある。将来の代表キャプテン候補の一人と言える。オリンピックも経験し、満を持してのワールドカップとなるだけに各ポジションのバックアップではなく、定位置を奪う活躍に期待。

・遠藤選手の特徴は守備力とポリバレント性です。ボランチ、守備ラインを高いレベルでプレーできます。代表キャプは多くありませんが五輪で日本代表の躍進を導いたり国際経験は持っています。ワールドカップのような大会はユーティリティ性をもった選手を起用するタイミングというのは必ず訪れると思います。その時に若いながらのキャプテンシーと守備力を発揮して日本代表の勝利に貢献して海外挑戦をしてもらいたい日本代表の若い期待の選手です。

・守備に関するポジションであれば、センターバックであれサイドバックであれ、どんなポジションでもこなすことが出来る器用なDFである。ロングパスを出して攻撃のチャンスを演出するなど、攻撃に対しても高い意識を維持している。身長はさほど高い方ではないが、体幹が非常に強く、自分よりも大柄・長身のプレーヤーと空中で競り合っても、負けることは無い。ジャンプ力が高いので、相手ゴール前でのセットプレーの際には、ヘディングシュートなどにおいて大きな武器となっている。