昌子源ワールドカップでの活躍は!どんな選手?

syoji_00

鹿島アントラーズで守備の絶対的支柱として活躍している、サッカー全日本代表の昌子源選手。

日本の守りの要とも言われているいなくてはならない選手ですね。

今回はロシアワールドカップでみんなが期待・注目している昌子源選手の活躍にポイントについてみてみましょう!

スポンサードリンク

1対1に強いDFリーダー!統率力とスピードも魅力!

・日本人のDFの中でトップクラスのスピードを持っているので、海外の快速FWのドリブルにも十分対応できる。フィジカルも強いので、相手プレーヤーに当たり負けすることはあまりない。特定の相手選手をマークするのが上手く、一対一での強さに定評がある。また、守備においてファールをとられることがあまりないので、危険な位置でのフリーキックやペナルティーキックを相手に与えることは少ない。攻撃の起点となるようなロングパスも正確に出すことが出来る。

・昌子源選手は鹿島アントラーズのDFリーダーです。
古典的なフィジカルが強いだけのDFと違い足元の技術もあり、反応速度の速さを活かしたカバーリングに優れたJリーグ屈指のDFです。基本的な一対一の強さも強く、メンタル面の強さが伺える激しいプレーも観客を沸かせます。それに加え、空中戦でも強いのでセットプレーなどでの得点も期待出来ます。勝利の哲学がある鹿島アントラーズという強豪でDFリーダーを務める昌子源選手は、必ずW杯で活躍する鉄人だと期待出来る選手です。

・彼の活躍してほしいポイントは、ディフェンスの要としての力です。ワールドカップになると、各国の強力な攻撃陣を相手にしなければいけません。フィジカルが強く、高さのある外国人選手に対して、ディフェンスの中心になることができるのが昌子選手だと思います。サッカーでは得点を取られなければ負ける事はないので、他のディフェンス陣やゴールキーパーと協力をして鉄壁の守りを築いてほしいと思います。またセットプレーの高さを生かした攻撃も期待しています。

・吉田の後継者として将来の日本代表の守備の要になる選手。相手からボールを奪う技術は国内のみならずアジアでもトップ。元フォワードだけにキックの精度も高く、強烈なロングシュートは大きな武器になっている。鹿島イズムを叩き込まれているだけに、勝負にかける思いの強さ、したたかさも年々増している。もはや国内にとどまるレベルではなく、海外でステップアップすべき時期にある。レバンドフスキ、マネ、ハメスなどワールドクラスをどう抑えるか注目。

・日本人ディフェンダーの中でも、非常にクレバーで危険察知能力の高い選手で、1対1の守備力も高いところが魅力的です。鹿島アントラーズでは、若くしてディフェンスラインを統率してきた実績もあり、コーチングにも定評があります。今回のワールドカップでは、吉田選手とセンターバックのコンビを組む可能性が高いので、お互いに声を掛け合って、細やかなディフェンスラインの上げ下げをコントロールすることを期待したいと思います。

・常勝鹿島アントラーズ不動のディフェンダーです。ナビスコカップ優勝3回、Jリーグと天皇杯優勝各1回づつと勝利のために必要なことを知っている選手です。やはり優勝経験が豊富な選手がいるとチーム全体が引き締まります。勝利のために必要な要素を日本代表にも注入してほしいと思います。まだ25歳と若いので、今大会だけではなく、次回の大会まで期待できる選手です。今大会を飛躍の足掛かりにしてほしいです。海外の選手に当たり負けしない選手となってほしいです。

・彼の期待している所はどんな試合でも相手にポイントを入れさせないようにするディフェンス力だと思います。特に相手との1対1の対戦では得意の守備力を発揮しますので頑張って頂きたいと思います。またディフェンス力だけでなくスピード力もありますので相手にボールを奪われる前に迅速にシュートしてもらいたいです。そして活躍の見どころとしましては、強敵相手との1対1の対戦です。1対1の対戦でどのようにボールを止めて相手にパスを渡すのかが楽しみです。

・大柄で身体が強く、足も速いので足元が旨い選手、裏抜けを得意とする選手ともにしっかり対応できる。経験からくる読みも非常に鋭く、正確なタイミングでのタックルでクリーンなプレーをする。元々攻撃的な選手で足元の技術はあるので、ディフェンスラインでも相手FWのプレスを華麗にいなす場面はよくある。広い視野も持ち合わせ、ビルドアップのパス、ロングフィードともにセンスがありゲームを創る能力も長けている。
これからの成長も期待できるセンターバック。

・鹿島の若きDFリーダーとして、フィジカルが強く、足もとの技術もしっかりとしたセンターバック で、スピードを生かしたカバーリング、ポジショニングに長けたタイプであったが、試合経験を重ねるごとに一対一の強さ、激しさ、泥臭さといった対人守備が大きく向上してきている。鹿島伝統の3番としてヘディングも強いが、ロングキックの質も高く、安定したフィード、跳躍力を生かした空中戦の強さ、守備範囲の広さも彼の特長である。2017年12月12日、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017の中国戦で代表初得点を決めており、今回もその実力を発揮のチャンスになっている。

・昌子選手の特徴は優れた体格を生かしたセンターバックでの安定力です。力強い守備はもちろんパス能力も高く日本代表に欠かせない若い将来性のあるセンターバックです。鹿島アントラーズでの植田選手とともにセンターバックでの結果を残して活躍を続けているので植田選手との若いセンターバック同時起用も面白いと思います。ロシアで活躍して海外挑戦をして日本のセンターバックの躍進を期待する第一人者になれる素晴らしい人材です。