青山敏弘選手W杯で活躍?ロングパスで切り込めるキーマン!

aoyama_00

サンフレッチェの司令塔として活躍のい青山敏弘選手、サッカー全日本でも活躍が期待されている選手です!

名ボランチとして存在感のある青山敏弘選手ですが、W杯でもその実力が発揮できるか注目されていますね。

そこで今回は青山敏弘選手のワールドカップにおける活躍・期待するポイントについて、みんなの意見を見てみましょう。

スポンサードリンク

中盤からのパスとシュートに期待!

・2018年Jリーグ断トツの一位サンフレッチェ広島の司令塔。1試合を除きスタメン出場で全試合出場しています。サンフレッチェ広島に「佐藤寿人・浅野拓磨」選手が在籍した時は彼らを生かすキラーパスで得点をアシストして来ました。Jリーグで優勝を3度してきたのは青山敏弘選手の貢献が大きいと思います。スピードはありませんが、周りをよく見ていつも良いポジションにいると思います。毎試合、走行距離は上位にくるほどよく動いています。パスセンスはもちろんミドルレンジからのシュートも魅力です。

・ボランチとして攻守のバランスを取ることが出来て、特に前線でプレーするFWやMFのプレーヤー達に、チャンスの起点となるパスを積極的に出すことが出来る。日本代表のMFには、前線の味方選手に対しての相手DF陣のプレッシャーがきつい時、味方にバックパスをする傾向が強い。しかし、青山選手は常に前でパスを出す相手とスペースを探し出し、そこにパスを出す。出す場所が無かったら自らドリブルで切れ込むこともある。攻撃的な意識をプレーで体現できるプレーヤーである。

・今回選ばれたMFの中で、中盤の底から高精度のロングパスを出せる唯一の選手。おそらくDFラインを低く設定するであろう今大会の日本代表で、最前線へ一発でボールを届けることを期待されての選出。代名詞のタッチダウンパスで相手の裏を突くことが出来れば、カウンターは大きな武器になる。前回大会での悔しい経験があることも、プラスに働くはず。ベテランの域に達し、Jリーグで首位を走る広島を牽引するチームリーダーとしての役割も代表で発揮したい。

・青山選手にはフルタイム走り切る事のできる豊富な運動量と海外勢にも決して負ける事のないフィジカル面、相手の攻撃の芽を確実にもぎ取る鋭い観察眼と高い察知能力。長年の経験で積み上げてきた冷静な判断、時にあっと言わせる大胆なプレーに期待しています。ハリルホジッチ監督が脱退して何かと明るいニュースのない今の日本代表勢。青山選手がプレーでその流れを払拭して、また全盛期の日本代表の勢いを取り戻しわれら日本のサッカー界の誇りになってほしいです。

・現在、Jリーグで首位を走るサンフレッチェ広島で軸となっており、試合の流れやポイントを読む能力に非凡なものを持っている選手です。チャンスを生むパスを正確に出せる技術と視野の広さが期待できます。前回のブラジルワールドカップを経験していることもあり、ワールドカップの舞台を知っている点も期待できます。ボランチのポジションで攻撃のスイッチを入れることができる点とバランスの良いポジショニングが期待できると思います。

・青山選手の特徴は守備力と技術を生かした中盤でのボールコントロールやロングシュートです。青山選手は前回のブラジル大会も経験している素晴らしいボランチです。平均的にすべての能力が高くボランチの選手です。前回大会での悔しい思いを持っている選手なのでその悔しさをこのロシアで中盤のポジションで躍動してほしい選手です。青山選手のロングシュートでの得点、ロングパスでの展開力をロシアの舞台で発揮してくれる事を期待しています。

・主にボランチとしてプレーしている。運動量豊富で危機察知能力に優れ、献身的な守備でピンチの芽を摘むことができる。攻守の切り替えも早く、思い切りのいい判断から繰り出される正確なロングフィードですぐさま攻撃を組み立てることもでき右アウトサイドでもプレーできる。過去には、約63mのロングシュートを決めた経験がある。2018年5月、キリンチャレンジカップ対ガーナ戦のメンバーに選出され、3年ぶりの代表招集となったことから、実力も安定しており、得点の鍵を握る選手として活躍が期待される。

・青山敏弘選手が長く在籍しているサンフレッチェ広島が、現在非常に好調な成績を収めています。サンフレッチェのキャプテンを務めている青山選手の力も、チームの好成績の原動力となっていると思います。今回は意外な選出に思えましたが、長くひとつのチームをまとめてきたベテランであり、その人柄も魅力的です。過去にも日本代表に選ばれているため経験値もあります。若い選手たちの手本となれる存在だと思いますし、日本代表チームの精神的な柱として活躍することが十分に期待できると考えています。

・サンフレッチェ広島の青山敏弘選手は3年2カ月ぶりに日本代表に復帰しました。前回大会のW杯日本代表メンバーにも選ばれ、3戦目のコロンビア戦に先発出場しました。しかし、途中交代してしまいその出場のみで2014年W杯を終えました。
プレーの特徴としては視野の広さから繰り出される縦へのパス。的確に相手のゴールへ向かう縦パスを供給し、前線の選手がワンタッチでゴール出来るようなパスを演出します。味方に対しては安易にバックパスを選択せず、攻撃的な意思を持ちつつゲームを作るボランチです。現状のサンフレッチェ広島での活躍ぶりが評価されて今回代表に入ったので、この勢いを継続しスタメン出場を狙う選手としてW杯本戦を戦って欲しいです。