日大アメフト問題誰が一番悪い?

1527207172

世間を騒がせている日大のアメフト問題。

今回は当事者学生・コーチ・監督・学校側と関係者が多岐に渡る事もあり、結局誰の責任が一番重いんだ、という事も注目されています。

そんな中で学生とコーチ・監督が会見を行うものの、一番権力のある者が責任を逃れ、という悪質企業のような図式に怒りを覚えた人も多いでしょう。

そんな中で会見主催の日大広報部の杜撰な対応も目に余る一方で、日大の学校側としてのの誠意も全く感じられない状態。

日大の学生は就活が不利になる事を懸念していますし、まさに日大のブランドは失墜していると言えます。

今回は「一連の騒動、結局誰が一番悪いのか」というみんなの意見を見てみましょう。

スポンサードリンク

監督と学校側はしかるべき誠意をみせるべき

・学校側の対応も問題有りですが、間違いなく監督とコーチですね。部の責任者・指導者としての立場を理解していない事、アメフトというスポーツが危ういものだという意識が全く無い事がハッキリと見て取れます。まず該当選手の発言内容が100%真実だった場合、スポーツの範疇を大きく逸脱した指導・指示であることは明白です。どちらかと言うと脅迫に近いものと考えられます。では日大側の内容が100%真実だった場合はどうでしょう。それでも指導者側の問題となります。直接的な指示は出していないという事でしたが、すでにレギュラーとして出場し実績のある選手であれば「それまでの指導を基に行動を決定する」のは至極当然。逆に考えれば「常態的にそういう結果を求める指導をしている」と言えるでしょう。ありがちな「言わなくても分かるよな」的なことですね。しかも伝統と実績のある部であれば尚更です。また本当に言葉のままの意味だとすれば、最初のファウルを取られたプレーの後か2度目の時には交代させたうえで指導。さらに試合後に相手チームと怪我をした選手へ挨拶に向かう、それが責任者・指導者の本来あるべき対応です。しかしそれも無かった訳ですから、言わずもがなですね。なので、どちらの内容が真実でも監督とコーチが問題の元凶には変わらないのです。

・内田前監督が一番悪い。この騒動に関わる全ての(加害者含む)の中でぶっちぎりの悪者。昨夜の会見はそれを改めて認識できた。終始腹が立つ会見ではあったが、ここまで低能だったのかとはっきりさせたという点では意味のある会見。それに輪をかけたのが日大広報米倉氏。しかし内田前監督がこのような事態を引き起こさなければ、日大そのものの姿勢がこうなのだと分からなかったから、(悪い意味で)内田前監督のなせるワザ。

・今回蛮行に及んだ当該選手にも相当な罪がありますが、それを指示した監督、コーチに一番大きな責任があると思います。対戦相手の関西学院鳥内監督も言うように、現場での責任者は監督なので、その点を蒸すすることはできないと思いました。また、日頃からそういったことが当たり前に行われているという空気をつくったところにも原因があると思われます。

・簡単に日本大学アメリカンフットボール部の監督・コーチはもちろん、当事者である生徒を非難するのは簡単です。しかし一番悪い人物ということになると、学校法人である日本大学そのものということになるでしょう。昨日の日本大学側の記者会見で不満を持たなかった人間は果たしているでしょうか。そうです、いるはずはありません。あの広報担当者の態度はまさしく日本大学の社会へ対する姿勢そのものでしたから。自己保身と弁明と釈明にだけ終始している醜い姿勢でしたよ。これでは社会全体が感じている怒りと不信感に単に油を注ぐだけという単純な構図でさえも理解していないということになります。理念を持って立派な社会人を育て上げる(建て前を含めての)ということを微塵も感じさせない、徹頭徹尾、学校経営にしか意義を認めていないということを今回の事件(日大側では不慮の事故)は露呈させてしまいました。映像がはっきりと残されてこれだけ証拠が揃っているのに未だ弁明に明け暮れているというのは何ら反省していない確証になるのに。こうならば大いなる茶番劇で、日本のみならず全世界に向けての侮蔑の対象ととなってもらいましょうか。学内の常識を社会全体にまで通用させようとした。実に甘いですね。自分達だけの世界なら確かにアメフト部の監督やコーチは優秀だったでしょう。でもそこしか知らない、できないという、特化人間の世の中の常識知らずはこの時代ではもはや通用しないのです。ここでも従来からの日本社会の弊害と歪みしか見られません。素直に自分達の非を全面的に認めて早急に対処すべきでした。日大全体を含めて厳しいペナルティが課せられると思いますが、彼らはどう茶番を続けられるのか。滑稽であればあるほど世の反面教師となるので、せいぜい健闘してもらいたいですね。やるのなら徹底してやれよ、嘘だらけのニッポン大学。

・各々の記者会見を見た限りでは一番は内田監督が悪いと感じました。理由としてはここまでの話になっておきながら自分はまったく悪くないような姿勢でおり責任はコーチ、選手になすりつけて自分は監督を辞任するだけなのはいかがなものなのかと思います。昨日の記者会見もまともに質問に答えていることもほとんどなくただただ呆れていました。それに比べて加害者ではありますが、宮川選手はしっかりと回答していたように見受けられました。20歳の方のほうがちゃんとした受け答えができている時点で監督もコーチも日大関係者もしっかりと反省するべきではないでしょうか。

・会社の不正問題で責任を取るのは、その長である社長です。今回もそれと同じだと思います。一番悪いのは誰かはわかりませんが、やはり監督などのトップが最終責任を取るべきだと思います。良からぬ圧力関係が生じているのは、テレビでの会見を見ていてもわかります。このような責任のなすりつけあいは、最近もどっかで見たような気がします。どこの世界でも、責任感の薄い上司だとこういう問題が起きてしまうのかもしれないと思いました。

・日大アメフトに関してですが・・・それは誰が考えても内田監督です。記者会見を見ていると逃げの姿勢ばかりが目立ちます。もし監督としてゲーム全体を把握していないとなると監督失格ですが、コーチもコーチですあの様な暴力タックルを見ながら監督に物申せないとなると、体制は崩壊しています。どう考えても日大を守る、監督を守る、でも選手は守らない、これも大学NO2の権力を持っている傲慢さだとしか思えません。悪いのは絶対権力を握っている内田監督でしか有り得ません。

・日大のアメフト問題で一番悪いのは監督だと思います。コーチも悪いですが責任逃れをしている監督は見苦しいです。
到底信じられないような言い訳をしていますが、少しでも良心があるなら本当のことを話して欲しいです。
そして加害者選手も同情すべき点は多いですが、やはりやってしまったことは良くありません。ただ会見で誠意を持って全て話したのは好印象です。本当は非常に良い子という印象を持ったので、ここまで追いつめた監督は酷いと思います。

・悪いのは、学校だと思います。やってしまった選手は仕方がない。試合に出たい一心で監督やコーチの指示に従うしかなかったのだと思います。また、その後すぐに謝罪するということをしなかった学校が一番悪いと思います。学校が、しっかりしていたらそもそもこういった問題も起こらなかったかもしれないと思います。こういう理由で学校が一番悪いと私は思います。

・一番悪いのはやはり監督だと思います。2回目の記者会見では、指示はなかったと言っておりますが、どう考えても不自然です。明らかにコーチに全責任を押し付けているようにしか見えません。また、記者会見で司会を務めていた方の対応も非常に悪くて、なんというか、アメフト部というよりかは、日大全体に閉塞感というか、よくない雰囲気が充満しているように見えました。

・一番悪いのは当然内田元監督でしょう。嘘につぐ嘘で塗り固め保身に走っているというのはありえません。まだ20歳になったばかりの子供にも等しい加害者の選手の潔さに比べて大の大人がこの調子では、日大のこれからの将来も真っ暗でしょう。大学全体が身内をかばうこの異常な状態は、この大学の体質をも問われることになると思います。

・監督の指示によって、反則行為が行われたようにしか考えられないし、コーチに指示したのも監督であるようにしか思えない。監督であるという権力を悪用し、実力ある選手に反則行為をさせ、故意に相手の選手に怪我をさせ、自分は悪くないと言うその行為。ピンクのネクタイも不謹慎だし誠意が感じられない。ということで、この事件では監督が一番悪いように思う。

・やはり内田正人監督が悪いと思います。もちろん、同監督に権限を集中させ、ワンマン・パワハラな体制を許してしまった大学、ひいては日本の社会制度も悪いとは思います。大学の経営・面子(=勝ち)にこだわり、本当に大切で必要なこと(=人間の育成)を疎かにしてしまっているということです。しかし日本そのものが悪いと言い出すと、責任の所在が曖昧になってしまうので、やはり責任をとるという意味で悪いのは内田正人監督しかいないと思います。

・一番悪いのは日大だと思います。本来であれば生徒を守る立場である日大が生徒を攻め、嘘をついているかのように扱っています。そして自分たちはそんなことは言っていない、そんなことは知らいないという態度を取っています。大人として当たり前にしなければいけないことを行わず、未成年の生徒が大人のような対応をしているのを見ると心が痛みます。

・監督だと思います。監督がすべて権力を握っていると思います。確かにその下にいるコーチ陣たちも指示を出しているので、全く悪くないわけではありません。アメフトに限らず、スポーツ全般や合唱やオーケストラなど、全てチームで行うものに言えることです。監督によって方針が違います。監督は絶対的な存在であり、反発は出来ません。