本田圭佑ロシアW杯で精神的支柱になれるか?

honda_00

サッカー日本代表として日本メンバーを牽引してきた本田圭佑選手!

2018年ロシアワールドカップでは代表入りするかどうかが注目されていた本田圭佑選手。

代表として名を連ねたものの、試合で起用されるか引き続き注目を集めています。

今回は本田圭佑選手のワールドカップにおける活躍・期待のポイントについて、みんなの意見を見てみましょう!

スポンサードリンク

確かな得点力!リーダーシップとゲームメイクに期待!

・日本の司令塔、いないのといるのでは存在感や相手に対する威圧感がまるで変わるのではないでしょうか。ACミランなど、10年以上海外でプレーしているのでその経験値は計り知れない。ロシアでのクラブチームの所属歴もあるので、ピッチコンディションも熟知していると思うので、なおさら活躍を期待したいと思います。メキシコで、得点するようになって回復の兆しもあるので、是非とも日本代表のためにゴールを決めていただきたいと思います。

・日本の選手の特徴はフィジカルに弱く、一対一での勝負ができないという点です。しかし本田圭佑選手実はこの表現は当てはまりません。彼の良さは、ボールを持っていて相手と対峙してもボールを奪われないという日本の選手には珍しい強さがあるという点です。また左足でのシュートは強烈です。フリーキックからのシュートも含め、彼のシュートシーン、ゴールシーンを何度も見てみたいです。彼が相手からボールを奪い、素早い速攻でのゴールを見たいです。今の日本代表にはゴールが何よりの薬です。

・個人的にはこの本田選手は好きではないですけどそれでも一選手としては今選ばれている日本人の選手の中では得点力のある選手でメンタル的にも物怖じしない選手なのでそこは期待したい点ではありますね。W杯という舞台ではこのような選手が活躍するシーンをよく見てきていますし世界経験という点では一番あると思いますしなにより過去のW杯で点を取ってきている選手で日本の得意のセットプレーからの得点を一番期待できると思える人なのでそこを期待しながら見たいと思います。

・本田圭佑選手の魅力は、タメを作れる所だと思います。本田選手にボールが行くと、前線でのキープができるため、様々な戦術を打ち出せる起点になれます。この一瞬生まれるタメこそ、日本らしい組織サッカーの礎になります。本田選手のいない代表のサッカーは、前線でのボールキープは上手く行っていないため、手詰まり感がありました。本田選手がいれば本田選手を起点として多様な手を打てるため、日本らしい試合運びができるでしょう。

・否定的な意見を言う人も多いが、実力、実績共に代表トップレベルにあり、チームの精神的支柱としても欠かせない選手である。リーガエスパニョーラのパチューカでの昨季の活躍でコンディションを上げており、以前よりも自らドリブルで切り込んでゴールを狙いに行く、より攻撃的なスタイルに進化した。リーガの終了時期が早目のためブランクが出来てしまうがしっかり調整して活躍して欲しい。W杯でも豪快なミドルシュートに期待したい。

・圧倒的な存在感と自信が、日本代表での本田の存在意義だと思います。そんなキャラクターを活かして、強烈なリーダーシップを発揮してくれることを期待しています。よくも悪くも日本人は礼儀正しいので、日本組だけだと、対海外の試合では大人しくなってしまいがちです。世界各国の猛者が国を背負って本気でくる試合では、どんなに技術があっても、それを最大限に発揮できるマインドがないと負けてしまいます。本田がいれば、日本代表にパワーを与えてくれると思います!

・本田選手に期待するのは、ゲームを組み立てる力です。本田選手が起点となることで、岡崎、香川などが生きることができます。これは現在の他の日本代表にはない強力な武器となります。そして個の力もとても高く、あれだけの強烈な無回転シュートを打てるのも本田選手だけでしょう。また海外でプレーしているだけあってフィジカル面も強く、ボールを持ったあと簡単に倒れません。サッカー選手で非常に多いわざとファールをもらうようなプレイもありません。現代表で一番期待できる選手です。

・本田圭佑に期待するところは、一番はゴールだと思ってます。その中でも本田の魅力は、ミドルシュートです。迫力のあるブレ玉で南アフリカで魅せたようなミドルシュートを一番に期待しています。また、攻撃面での要としての活躍を期待しています。一番は強いフィジカルで、前線でボールをキープできますので、パスの出し手として、またはパスの受け手として、前線でタメを作ったり、相手を集めて、フリーの選手を作ってチャンスを作る役割が期待できると思っています。

・本田選手に期待するポイントはまず大舞台に強い強心臓な処です。彼はワールドカップ出場を決める決定的な仕事、例えばオーストラリア戦のPKなど決めているし、南アフリカ、ブラジルワールドカップでも先制点を挙げている。こういう大舞台の緊張感が彼にとって寧ろパワーを与えているような気がします。そしてプレー的には日本人に少ないフィジカルの強さなどから来るボールのキープ力があるので味方がボールを預けたい時安心して渡せる。それと相手のディフェンスの裏を付くのも意外と巧く、そういう試合の流れも冷静に見ている処も良いと思います。

・当たり前のことを言いにくい日本の社会で、ワールドカップひと月前の日本代表となる本田選手は、会見でも日本人は海外への異常な美化を辞めることと同時に可能性のあることへ目を向けるべきだという発言にもあるように、本気で勝ちに行こうとする選手の一人だと思います。その本田選手が、これまでの日本と海外での選手経験のすべてをゲームにさらけ出してくれることのみを期待しています。特に相手選手を巧みなステップで抜き、ゴールを決めてくれるシーンを期待します。そして、ゲームに勝ったうえで、内容がどうだったというヒーローインタビューを見てみたいです。