新幹線事件小島容疑者の父親が他人事すぎて最悪!

1528668705

新幹線事件の小島容疑者の父親がテレビの取材を受けていました。

しかし、その様子があまりにも他人事で無関心過ぎて最悪だという声が多くあがっており、世間を賑わせています。

今回はその小島容疑者の父親についての印象をみてみましょう。

スポンサードリンク

育児放棄の上、無関心!実父にも原因・責任がある?

・テレビのニュースでのインタビュー映像で見た小島容疑者の父親の印象は、自分の息子が起こした殺人事件の謝罪の印象は受けず、どこか他人事のような印象を受けました。容疑者は22歳という成人かもしれませんが、成人して二年しか経過しておらず、本人が償っていきますという表現には、少し違和感を感じました。しかも、被害者への言葉がなかったことに、憤りを感じました。

・離れて暮らしていたとはいえ、まるで他人事といったコメントに驚愕しました。そして「罪をつぐなって云々…」と更生の道があるのが当然のように話していたのが信じられません。絶対に死刑にして欲しいです。生い立ちが不幸でも素晴らしい生き方をしている人は沢山いるはずです。このような卑怯な犯行は親も同罪だと思います。

・小島容疑者の親は、子どもへの教育責任を感じる意識がとても低いように感じます。容疑者は中学2年の頃から親元を離れ、施設で生活をしていたという。親は今回の事件に対し、「本人ができる限りの償いをしてほしい」とコメントを出しました。たしかに容疑者はすでに成人なので、親は関係はない、本人自身がすべての責任を負うべきだという考えは間違いではありません。しかし今回のケースでは、多感な思春期に両親が息子への教育をすべて放棄していたことは見逃すべきではないでしょう。それが凶行に直接結びついたかどうかの検証は難しいとは思いますが、責任をまったく感じていないかのような父親のコメントには違和感がありあす。容疑者の犯罪は法により厳しく裁かれるべきですが、親もまた道徳的な面から世間の非難の目に晒されて反省をすべきだと考えます。

・親のインタビューを見て、「どのような行動を取るか見守っていきたい」と言っていましたが、あまり被害者のことを思ってないように感じられました。精神疾患があって、福祉施設に入所していたとのことですが、精神疾患がある人が、みんな殺人を犯すわけではないし、やはり親が甘いような気がしました。病気でもやってはいけないことを、どうして教えて育てられなかったのでしょうか?

・報道されている実父のコメントの画像を見ました。事前に考えていた文章を読み上げているような雰囲気に感じました。まるで弁護士など代理人が話しているかのような印象を受け違和感を感じました。今までも似たような事件でいろいろなインタビューをみたことがありますが、今までで一番不思議な感じです。本当に悪かったとかとんでもないことが起こったと思うのならああいう話し方にはならないと思います。まるでとりあえずのコメントのような印象を受けましたので見ていると不快になりました。

・新幹線殺傷事件 小島容疑者の親についてですが、悲惨な事故を起こしてしまった犯人の性格形成を子どもの頃から育てていくにあたって、どのような教育をしていたのか、疑問に思います。特に最近は衝動的な殺人事件が多いような機がします。きちんと子どもと向き合って子育てをしていけば、きちんとした性格の人間になると思います。