アニメはねバド面白い?つまらない?感想評価!

hanebado_01

大人気のバドミントンコミック、「はねバド!」がアニメスタートです。

ありそうでなかったバドミントンをテーマにしたマンガという事で注目されていますね!

女の子メインの作品でありながら、かなり熱血要素もあり話題になっていましたが、アニメ版ではどうなっているでしょうか。

早速アニメ「はねバド!」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

作画がキレイでキャラがかわいい!あらすじも面白い!

・なかなかバドミントンのアニメは珍しいのではないでしょうか。自分は原作を知らずにアニメから見ました。なぎさちゃんが部の人たちに厳しくしすぎたのと、それを悔いて泣いたシーンは心打たれました。健太郎のスケベっぷりも面白かったです。あと綾乃ちゃんがなぜバドミントンを嫌うのかが気になります。なかなか面白い作品でした。でも全体的に映画のように作画がすごくて、ビックリしました。バドミントンをしていた時の熱い気持ちが甦ってきました。楽しみです。

・絵柄的に女の子が可愛いので、もっとチャラい感じを想像してたけど予想以上にスポ根マンガで意外でした。でもこれはいい意味で期待を裏切られたっていう感じです。2話以降が断然楽しみになりました。試合のリアルさ以外にもバトミントン部が崩壊しかけているところから始まるっていうのも、なかなか期待感を持たせてくれますね。初回から登場人物がぶつかりまくってますが、王道的な展開では、最後には仲良くなるっていうのがお決まりなんだけど、どうなんでしょうね。このまま突っ走ってもらいたい気もしますね。

・冒頭の羽咲綾乃と荒垣なぎさのバドミントンの試合が迫力がありよかったです。。ラケットでシャトルを打つときの音や、試合中の羽咲綾乃と荒垣なぎさの動きも躍動感があり、見ていてひきつけられました。可愛い女子高生が出てくる軽い感じのアニメではなく本格的なバドミントンのアニメだと感じることができた。1話では荒垣なぎさのバドミントンや羽咲綾乃に対する熱い思いがあり、スポ根のような感じもしたが、立花健太郎の登場でコミカルな場面もあったのでどちらも楽しめそうです。

・いよいよ、この夏一番期待している「はねバド!」が始まったわけなのですが、PVの作画と出来が良すぎたというかクォリティーが高かったために「この作画で最後までいかるのか?」」という不安がありましたが、とりあえず、1話の作画はクオリティ高くて視聴決定です(2話目から作画が落ちる可能性はあるのですが・・・)。普通、原作を知っているとアニメはなんとなく観る期がなくなるのですが、このアニメは原作を知っていても観たくなる不思議な力があると思いました(絵がキレイ+α)。

・なまじっかな才能なら無い方がいっそうのこと良い。これは私の持論の一つです。このアニメは確かにその言葉の一部を証明してくれた気分になりました。作画の室は流麗で、細かい部分にまで手抜きがありません。こういうハイグレードな作品に実に久し振りに出会いました。私は山本鈴美香氏の『エースをねらえ!』をテレビアニメを含めてリアルタイムで楽しできた世代です。アニメに関しては止め絵を演出で補うという、現在の視点ではやや苦しい手法が多用されていましたが、こういう努力の積み重ねが世界に冠たるアニメ王国につながったことを理解しています。聞き耳を立てていると、正しく試合会場へ臨んでいるかのよう錯覚にさえ陥るようでした。そう、シャトルコックの風切音とガットに衝突して打ち返されるラリーの心地良い響き。スポーツアニメというジャンルに大して興味を持たなかった私でもいつしか引き込まれてしまいました。ですが、話の内容は暗めです。才能がありながら、さまざまな理由(現時点ではそう思われる)によりあえてその道を放棄しようとしているヒロインと、過去に彼女との対戦により自分の才能が足りないと痛感させられて自己不信に陥っている上級生。ストーリー展開としてはこの種のアニメでは必須とも言えるお約束事のようでしたが。こうしてみるとスポーツの世界も矛盾だらけですよね。誰しもが楽しめる要素を持ちながら、やはり世界の頂点へ立つことのできるのは超人的な身体能力と鋼の意志を元合わせている一握りのエリート達だけですからね。楽しむだけなら競技者としては成り立たない。でも楽しむ、いや楽しめる要素が無いのなら誰も振り向きもしない。冒頭の私の言葉が脳内内で響いて来ましたよ。スポーツの才能が皆無で、私はむしろ幸運でさえあるのですね。高い峰を誇れるのは、広大な裾野が必要ですので。誰も下辺で終わりたくはないはずですからね。こういう作品一つでも多く出会えることで、自分の知らなかった世界への扉がまた一つ開かれた気になりました。次回も楽しみです。

・バトミントンにアニメって珍しいなと思います。名前も羽根のバトミントンか跳ねるバトミントンプレイヤーをもじってなんでしょう。インパクトあるし、覚えやすいと思います。後、バトミントンのラケットで弾く音が、やたらリアルだなと思います。後、スローモーションが多いのも特徴的ですね。バトミントンを中心にしているものの、男子バトミントンやテニス部等の他のほわーんとした部活風景があるのもいいですね。強豪校ではなく、あくまで普通の高校で熱くバトミントンに励んでいるなと感じました。

・冒頭の試合のシーンは、迫力ありましたが、何が起こったのかが少し分かりにくかったです。ただ試合後に敗者だけでなく勝者も辛そうなのが、何故だろうと続きが気になりました。主役は綾乃となぎさの2人でしょうか。1話では綾乃の話がまだほとんどなかったのでその辺りも楽しみです。あと、なぎさと綾乃は良い先輩後輩関係になれるのかや、今後出てくるライバル等も期待しています。もしかして普通にスポーツ物ではなく、お色気系も入っているのかもしれませんが、個人的にはそっちは薄めがいいなと思います。

・女の子がたくさん出てくるので、キャピキャピしたアニメかと危惧していましたが、シリアスなストーリーが期待できそうです。アクションの描写もよく、画もきれいです。キャラクターも立っていて個性的ですし、ぼんやりしていそうな女の子の本性が垣間見えるあたりは、1話のつかみとしてとてもよかったです。少し女の子の胸やお尻が強調されている感じがするのは不満ですが、これからの展開に期待できそうなので、引き続き視聴予定です。

・原作が漫画という知識だけで見てみました。ストーリーは1話見た感じで熱血スポ根的な感じで進んで行くのかなと感じました。ただ1話だけですとキャラクターが全体的に良い印象を抱ける人が出てきていないので今後どう変わっていくのか期待したいです。作画面でいうと素晴らしいの一言です。背景のモブキャラまで細かく動かす気合の入りようで作画目当てで見ても問題ないくらいのクオリティに見えました。あとはこのクオリティですので作画力が最後まで持つのかが気にかかります。予備知識はほとんどない状態で見ましたが、ストーリー的にも作画的にも気になった作品ですので今のところは最後まで見て行こうと思っています。

・タイトルを見て、バドミントンの話かなと思い、気になって視聴しました。バドミントンのアニメはこれまで見たことがありませんでした。新しいものを見ることができて新鮮な気持ちになれてよかったと思います、特に冒頭のバドミントンの動きに引き込まれました。スポーツとしてのバドミントンの動きはすさまじいと聞いていた通りで、速さと強さに驚きました。そして見続けていると人間関係が複雑に。自分を負かした相手がバドミントンではなくテニスをしているのを見たら驚愕します。そこからの最後の展開。勝負こそスポーツの王道だとあらためて思いました。

スポンサードリンク

バドミントン初心者でも楽しめる!

はねバド!の見所はなんといっても勝負シーン!

しかし解説もわかりやすく入っているため見やすいと原作でも好評でした。

アニメでも、バドミントン初心者はもちろん、経験者まで、幅広い層が楽しめる作品になっているようです。

登場人物も魅力的なのもポイントですね!

アニメ人気が原作の人気につながる事に期待です♪