ヤマノススメ面白い?つまらない?サードシーズン(第3期)感想評価!

yamanosusume_01

コミックも人気のアニメ、「ヤマノススメ」のサードシーズン(第3期)がスタートです。

これまでの1期2期も大人気だったアニメなので、待ちわびていたファンの方も多いのでは?

早速ヤマノススメ サードシーズン(第3期)のアニメ感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

原作知らなくても楽しめる?

・登場キャラクターは高校一年生ですが、描写はもう少し幼いかも?可愛いです。ここなちゃんは中学生くらいに見えますね。最近友人の誘いで登山に行く機会が増えてきたので、ちょうど登山もののアニメがあると聞いて見ています。テント泊は夏らしくてわくわくしてしまいます!あおいがひなたを喜ばせようと奮闘している様が可愛らしいです。夜景を見せようとして結局テントからの星空になったのですが、4人全員とも見とれていて、お礼成功だな!とこっちまで嬉しくなってしまいました。

・私は”ヤマノススメ”を鑑賞するのは初めてなのですが、カワイイ女の子達がカワイイことをするのを観て楽しむという萌えアニメの山登り版だと解釈しました。私はアラフィフの男性なのですが、この手の作画はちょっと苦手(女の子達の眼が大きすぎる・・・)なのですが、カワイイ女の子を通して山登りのノウハウを知ることができるのはとても有益であり、これが、主人公その他が男子だったら観る気は起きなかったでしょう(笑)。男性、男とはそういったものであり、とにかく女の子の方が好ききなのです(笑)。

・地味系女子の集団ですね。女子高生のグループが気軽に山歩きを楽しんでいる。そこで出会う様々な事柄に感動して物語が静かに進展する。騒がしく過剰なまでの演出が鼻につきがちな作品で満ち溢れている当今においては、珍しく慎ましやかな小品です。登山ブームが定着して既に相応の時間が経過しており、未成年の女子の間にまで定着したのですね。私は兄が山岳経験者であり、折に触れて山の話を聞きながら成長したものですから、本当に隔世の感がするのです。女子高生達が登りやすい山岳中心であるとは言え、かつては考えられなかったことの連続ですので。作中に星空を眺める場面が出てきましたが、光害により都市部では特に明るい2等星以上でなければ夜空を楽しむことができないので、なるほどこれなら魅了されるわけだ、と理解ができました。でも道具の小型化・軽量化・省力化・高性能化が進んでも油断は禁物ですね。夜道を甘く考えることは危険です。それに素手での岩登りはお薦めできません。作画の質はとても高く、入念にロケハンしたとは思えるのですが、こういう描写の甘さは納得ができかねます。フイクションと言えども、夢物語で終わるようならば、底の浅い、その場限りの俄かファンが増えるだけという無責任なことにつながりかねないのですから。実際に低い山での事故や遭難も多発していますので。重大事故は初心者よりもむしろ中級者が遭遇する確率が高いということも念頭において楽しむということも必要です。現実派やはり甘くはないので。

・第三期まで来るとは思いませんでした。今回は筑波山が舞台ということで、私も以前実際に上ったことがあるのですが、弁慶の七戻りなど実際の風景が見られて思い出がよみがえりました。また山登りをしてみたいという思わせるいいアニメです。ただ、頂上付近は岩場が立ちならび、かなりの崖っぷちで怖いところでしたので、あんな暗い夜に女の子二人ではしゃいでいるのを見ると心配で仕方なくなりました…。今回も色々な登山を期待しています。

・あおいが、ひなたにプレゼント(富士山の人形)のお礼を探すところから物語が始まっている。あおいのバイト先の先輩であるひかりから、筑波山の山頂からの夜景を勧められて、あおいはひなたに夜の筑波山登山を提案する。一応サプライズなので、ひなたには夜景のことは伝えていない。ひなたは気にならないのか?それはいいとして、2人で登っていくときに、あおいは、自分が富士山登山に途中離脱したことを思い出している。夜景のプレゼントはひなたを大いに喜ばせた。そして、あおいは、再度の富士山登山をひなたに語り、また2人で登ろうというところで友情を感じさせるストーリーであった。最後のオチは、実は夜の筑波山はカップルのたまり場であることを下山途中で初めて知った、というものであった。やっぱり、ひかり先輩は遊び人だ。まだ第1話なので、このアニメ全体の雰囲気を伝えられればそれでよいという作りなのだろう。今後は、2人での富士山登山が主要ストーリーになって行くのだろう。

・ヤマノススメは、実は初めてアニメを見ました。漫画を途中まで読んで面白かったので、アニメを見てみようとしたのがきっかけです。1期2期を見ていないので、そちらと比較することはできないのですが、漫画と比べて整った絵柄と線で見やすかったです。もっとほのぼのしているアニメかと思ったら、思いの外登山に対しての思いがすごいなと思いました。自分は登山経験はありませんが、このアニメを見て登山してみたいなという気持ちにさせられました。美しい青春時代の1コマを見ているような気分です。

・やっと始まってくれました!という感想です。大ファンです。1期も2期も見ていました。自分も山登りを始めようかと思えるくらい。谷川岳は無理でも、近場の弘法山には登ってみたい。冒頭で4人の姿も久しぶりに見ました。相変わらず仲が良い感じで嬉しくなりました。そして話が始まります。あおいがひなたを思って、計画を立てるのは楽しそうです。今回のメインは筑波山だそうで、あおいとひなたが登っていきます。頂上からから見る東京の夜景が目当てだそうで、ひなたにはいいサプライズになりました。そして最後のオチに笑いました。いい1話だったと思います。

・ゆるキャンが終わってしまって見るものが無くなってしまったとこに来たアウトドアのアニメ。
3期の第一話も時間を忘れてあの世界観に没頭できる素晴らしい出来でよかった。このアニメ、前シーズン含めて今のところ舞台がガチ登山装備をしなくても、行くだけならハイキングでも登れるような場所が多い。実際に私が行ったことのある場所がそっくりそのまま登場したこともあるので余計に思い入れがある。制作スタッフの皆様には感謝です。

・出てくるキャラクター達がとにかく可愛いだけでなく、15分のショートアニメだけど心温まるエピソードや山登りの大変さが描かれていたり、頂上までの道のりが詳しく描写されていたりして、山に詳しくなったりその場所に行った気分になれたりして、とても癒されるアニメでした。1話目で簡単なキャラクター紹介をしてくれているので、3期からでも十分楽しめると思います。出てくるキャラクター達も嫌な子がいないので、とても好感が持てました。

アウトドア好きにはおすすめ!

ゆるキャン△ファンも気になっている様子のヤマノススメ サードシーズン(第3期)。

15分枠のアニメという事で、気軽に見れるのもいいですね。

1期2期が気になる方も今のうちにチェックしておくといいかもしれません。