殺戮の天使面白い?つまらない?アニメ感想評価!

satsurikuno

ホラーとミステリー、両方の要素が印象的な作品、アニメ「殺戮の天使」がスタートしました!

最近、ホラー色の濃い作品は少なくなっているように感じましたが、久しぶりに本格的な恐怖系です。

まずはアニメ「殺戮の天使」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

ホラー要素強!原作知らなくても楽しめる!

・絵が綺麗で、大きな青い月などはとも印象的でした。ホラーよりミステリーだと思います。レイチェルが可愛いだけでなく、怖がりすぎず何故か冷静に訳の分からない状況に対応していくのが好感が持てて、彼女がなぜここに居るのか、何者なのか、背景が気になって惹き込まれました。他のキャラクター、ザックやダニーも強烈でホラー物の王道を突っ走りつつ、魅力的なのでレイチェルからの影響をどう受けるのか楽しみです。続きもかなり楽しみです。

・デスゲームと言われる作品なのでしょうか?一話の導入として、謎がちりばめられていて、面白かったです。また、キャラクターが魅力的でした。今後の展開がどういうものになるのかな?という興味がそそられました。主人公の女の子が、どういう謎が隠されているのかというのが、とてもうまく表現されていて、引き込まれる作風でした。また、デザインもオシャレで、ファッションなども可愛く、ダークな作風とのギャップがあっていいと思いました。

・全体的にホラー要素が強いのかなという印象を受けました。BGMが暗い雰囲気でホラー感を演出しており、アニメというよりは映画に近い感じです。声優さんによる頭のおかしいキャラクターの演技はお見事で純粋にキャラクターを演じることを楽しんでいるのが画面越しでも伝わってきます。他のアニメと比較的演出にこだわりが感じられます。キャラクターにもストーリーにも謎が多いのでこれからどうなっていくのか楽しみです。考察のし甲斐があるアニメといえるでしょう。

・名前の通りのホラー作品でした。病院に来ていた一人の少女レイチェルが、見知らぬ場所に迷い込み、突然殺人鬼に襲われます。その発端に、小鳥が惨殺されるのですが、目を背けてしまいました。えぐい世界です。なんとか殺人鬼から逃げ切ったと思ったら、また怪しい人間が現れます。「医者」というのですが、言動がいかにもおかしい。今度は少女の目を狙う人間でした。この人物から逃れようとすると、最初の殺人鬼が再び現れ、医者を殺しました。その時に不可解な放送が流れるのですが、物語のカギになるのでしょうか。そして最後に「お願い、私を殺して」と少女のセリフ。不可解な話が続くようです。

・シュールな世界観ではあるが、まだ初回ということもあり、まったく話の筋が理解できない状況です。最初のルールでは、階を移動することは禁じられていたはずなのに、いきなり階移動からの殺戮するシーンには驚愕でした。殺されたお医者さんに関しても、現時点では本物なのか偽者なのかも不明。いつかスッキリさせてくれるものと信じていますが、もやもやする展開でした。次回以降も期待していますが、アニメオンリーの視聴者を置いてきぼりにしないようにお願いしたいです。

・恐怖の色は。何色でしょうか。青が赤と重なる恐怖。血の色が凍ったような青と暗さだけが目立つ、精神を病んだ者が隔絶される特別な空間。そこにあるのは理解できない恐怖と恐怖のみ。金髪碧眼の少女と狂気を含んだ青年医師。それに包帯で全身を覆った殺人鬼の少年。登場人物は彼ら三人のみですが、地下と思われる空間には目には見えない人の気配も。殺人を題材としたホラー小説の一文字、一文字が目に浮かんで来るようです。静寂と血だまり。それに時折見せる激しい動き。血の臭いが漂うかのような閉じられた空間。ひたすら怖いです。無機質な組み合わせに「生」を象徴する血潮。それに光を表す眼球の不気味な描写が。新しい恐怖の意味するアニメ作品ですね。

・私は本当はこの手の話しが苦手なんですけど、大ファンの櫻井孝宏さんが出ると聞いて見る事にしました。でも、思っていた以上に作品がダークなので、かなりビクビクしながら見ました。特に、アイザックはかなり怖いです。なんというか、一番ヤバいタイプの人というイメージがあります。でも、キャラクターのヴィジュアルがかなり良いのです、ついつい引き込まれてしまうんです。見終わった後には、怖いけどやっぱり見たいという気持ちが強くなりました。

・”殺戮の天使”の原作はゲームらしいのですが、まるで自分でゲームをやっているかの様な臨場感がありますし、背景や通路などホラーゲームのダークな雰囲気を漂わせてなかなかいい感じだと思いました。
贅沢を言えば、主人公のレイチェルをもう少しかわいくキャラデザして欲しかったのですが、これは私個人の好みの問題なので他の人にはこのキャラデザが好みかもしれません。
こういうダーク系のホラーは大好きなのでこのアニメは継続視聴決定しました。

・第1話を見て、狂気というイメージが強い作品と思いました。病院と思われる建物で気が付く女の子、レイチェルが建物内を彷徨いエレベーターを見つける。唐突に動き出すエレベーターで下の階へ降りるとそこはプレイエリアと呼ばれる場所で殺人鬼が突然現れる。そんな中殺されてしまった小鳥を糸で縫って元に戻したというレイチェル。どうにか殺人鬼から逃げ出し上の階に戻ると、そこには少女の目に異常な執着を持つダニー先生が現れる。ダニー先生に殺されそうになり様子が変わるレイチェル。再び現れた殺人鬼に「私を殺して」と語るレイチェル。
ストーリーの大筋がまだまだ見えない第1話でした。印象に残ったのが「狂気」という雰囲気を持ったアニメということでした。

・殺戮の天使がアニメ化!インターネット版で最後までプレイして面白かったのですごく楽しみでアニメ化と聞いて嬉しかったです。漫画も絵や表現がものすごく好きでアニメの映像のレイチェルがどんどん可愛くなっていくのが良いですね。殺人鬼のザックも最初は怖くて印象が悪かったですけど話が進むごとにレイチェルと仲良くなっていくザックを見てみると好印象が持てて今では少しツンデレが入った感じがします。第1話もアニメを見させてもらいましたが、期待以上によくこれからも見続けようと決心しました!

原作知っているとさらに楽しめる?

話題になっていたゲームだけあり、原作ファンも注目していたアニメ「殺戮の天使」

かなり本格ホラーなため、ホラー好きにもたまらない仕上がりになっています。

普通のアニメを見飽きている方にもおすすめの作品です!