暦物語面白い?つまらない?アニメ感想評価!

koyomimonogatari_00

西尾維新氏の物語シリーズの一つ、「暦物語」が地上波アニメで登場です。

根強いファンが多い物語シリーズ、暦物語を心待ちにしていた方も多いでしょう。

まずはアニメ「暦物語」についてみんなの感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

西尾維新ワールド健在!原作知らなくても楽しめる!

・今まで怪異に関わってきたヒロイン達と阿良々木暦のその後を語るショート物語で、怪異の根本的な部分が語られるので、怪異が現れることはない物語です。以前はアプリ限定で配信されていた物語でもう観れないと思いきや、地上波で放送される事になるとは嬉しい限りです。怪異は現れないので平和な日常が語られるので物足りない感じはすると思うのだけど、やはり期待を裏切らないのが化物語。暦物語から終物語へと物語は進んで行きます。

・人気シリーズの続編になりますね。作画、シナリオともに、とても気になる展開で、人気作であるのがわかります。私は原作を読んでいないので、どういう展開になるのかわからないのですが、続きが楽しみになりました。また、独特の演出やエンディング、オープニングも今回も素晴らしいものになっていて、とても良いと思いました。どういった形で、話が今回は進んでいくのか気になります。毎週の楽しみが一つ増えたという印象でした。

・物語シリーズの中で一味違う「暦物語」、第1話は「こよみストーン」と「こよみフラワー」の物語でした。何が一味違うかというと、実は怪異譚ではない物語。阿良々木 暦と羽川 翼そして暦と戦場ヶ原ひたぎが、何か不思議なことが起こっているような話をいつもながらの不思議な風景のヴィジュアルをを映しつつ語られていくのであるが、実は何のことは無い結論へ帰結していく。そんな物語でストーリー性は低いものの何となく物語に引き込まれてしまう面白さがありました。異色ではあるけれど、お気に入りの物語です。

・物語シリーズの最新作がキター!主人公視点で今まであったシリーズの番外編とした作品なので知らない方が多いかもしれません。また短編なのでいつの間にか終わっていた間隔で見なくても損をしたと思わなくても大丈夫です。ですがファンとしては物語シリーズのキャラの入れ替わりミニストーリーを繰り広げてくれるので嬉しいです。一応ショートアニメですが今までのシリーズの前に合った流れを描いたアニメです。とりあえず最後まで見て楽しみたいと思います。

・静かな作品です。毒を売り物とする現代において、激しければいいやという安易な嗜好(思考でも良いのですが)パターンによって粗製乱造される世の中においては珍しいのでは。動きがとても少ないな、という感想も慣れさえすればこれも味のうち、と思えてくる自分の姿に気づきました。ちょっと怖い気もします。西尾維新さんの作品は多くは知りません。でもあの人の作品らしいですね。かつての穏やかな日本映画の伝統である、構図を私は本作のフレームの中で見つけることができました。ビジネスと芸術。両立させることは難しいのです。言うまでもありませんが。芸術思考が本作の目指す道のようです。美術観は新しくてそれでいて古い。止め絵を多用しさり気なくアップと引き、あまり関連性の無いような画面への切り替え。制作者側の、予算も人手も時間も技術も無い、ということではないと私は信じていますよ。このような努力を経て、この世界は成長して来たのですから。新しい伝統が本作から生まれたということを述懐できたら素晴らしいとです。それと、私事で恐縮なのですが。京都で西尾維新さんの展覧会が開催されています。そこでは西尾ワールドの展開だけではなく、この『暦物語』に関する記述も見つけてみたいですよ。今から楽しみです。

・物語シリーズは、順番も、どれを見ているのか見ていないのかも自分でも分からなくなっています。今回のは見ていなかったので、オチで笑いました。阿良々木くんのクールっぽく見えて抜けているところが好きです。1と月1話で相手の女の子も変わるみたいなので楽しみです。シリーズ中には怖くて痛そうな話も多々ありますが、今回はのんびりした感じなのもいいかなと思います。絵のシャープでデザイン的なとこも好きです。12話楽しみたいと思います。

・”暦物語”は全部で12話あるのですが、化物語シリーズファンにとっては「あの事件の間、裏にはこういう事があったんだ」的なこれまでのシリーズを補完する意味でも楽しめました。最終話の”こよみデッド”で阿良々木君は死んで(殺されて)しまいますが、目が覚めると死んだはずの八九寺がいたりで、「これは死後の世界なのか?」と思わせるいいところで暦物語は終わってしまいます。続きが気になる尻切れとんぼの様な終わり方をされるのでモヤモヤが残りました。

・第1話「こよみストーン」「怪異だから信仰される」のか、「信仰されたから怪異になった」の件での、ただのてにをはの指摘に何の意味が?と暦と同じ気持ちになりましたが、最後には理解できてスッキリしました。細かい描写ですが、暦が忍野メメに話をしている間、うしろで忍がどんどん体勢を変えていってるのにクスッとなりました。あと、忍野メメが火のついていないタバコを出したところでとても懐かしい気持ちになりました。

・物語シリーズが再び始まりました。化物語以来、時々見ています。西尾維新を読むようになったのも、ここからだったと思います。主人公の阿良々木暦やヒロイン戦場ヶ原ひたぎ、羽川翼も懐かしく見ました。物語シリーズが進むにつれて、髪が短くなっていたヒロインがまだ長髪だったり、デレたヒロインがまだツンツンだったりと見どころ満載でした。ショートストーリーのようで、2話の形をとっていましたが、オチがまだ秀逸。画面の前で突っ込んでしまいました。今後も懐かしいキャラを見ることができそうで、期待します。

・全6話の「暦物語」。どれも面白く、それぞれのヒロインが活躍するお話ですが……。特に私が好きなのは、暦くんの妹①「火憐ちゃん」が活躍する「こよみツリー」です。自分が通う道場の庭に、今まで存在に気付いていなかった木があったこと。他のメンバーが気味悪がり、切り倒そうとしていること。樹を切らずに済むよう、力を貸してくれよ~兄ちゃん!と可愛い妹に頼まれて、「兄ちゃんに任せておけ!」と、大見得を切る暦くん。次の瞬間、羽川さんに丸投げして笑いましたが……。兄妹の、テンポが良い会話が楽しいです。

西尾維新の物語シリーズもチェック!

暦物語は他の物語シリーズを知っていると、更に楽しむ事ができます。

知っている人はもちろん、未読の方もこのタイミングで読んでおくと、物語シリーズをより楽しめるでしょう。

アニメをきっかけに読んでみるのもいいかもしれませんね!