夏休み自由研究テーマ案まとめ!

Summer

夏休みといえば宿題、宿題といえば自由研究。

今年は何のテーマにしようと迷うお子さん、親御さんも多いのでは?

今回は自由研究のテーマについて、みんなの意見をまとめてみました!

是非ご参考ください!

スポンサードリンク

観察・工作みんなのおすすめ一覧!

・シーグラスの写真立て作りがおすすめです。シーグラスは海に行ったときに砂浜に落ちていたものを拾い集めて使用します。シーグラス以外にも貝やサンゴ、ヒトデなどを使うと素敵な仕上がりになります。サンゴやヒトデなどはお店でも売られているのでもし見つからない場合購入したものを使ってもいいと思います。写真立ての中には夏休みの思い出の写真を飾ります。

・月の観察 比較的涼しい夕方以降にできる点が他の課題と違うメリットで、新聞にも月の出入り時間が記載されていることから比較的失敗が少ない点も良い点です。デジタルカメラであれば月自体の日々の撮影も可能でしょう。

・石で作った動物園(水族館)をおすすめします。湖や河原で大きめの石を探し、石の形からイメージしやすい動物(または海の生き物)になるようにクレヨンで書きます。その後ニスを塗り、クレヨンで書いたところを保護します。大きな箱を用意し、動物園(水族館)に見立てて配置し飾ります。用意する道具が少なく、石集めから楽しんで取り組めます。低学年の夏の自由研究におすすめです。

・おすすめのネタ:手作り入浴剤 理由:身近にあるけど、実はその使い方や作用を知らないということが案外あると思います。重曹、クエン酸、かたくり粉は家にはありますが、実際に使う機会は少ないですよね。また、組み合わせることでおこる変化も実際に目に見えて学ぶことができます。失敗しても、繰り返し挑戦しやすいです。材料費も安く済みます。重曹、クエン酸のこと、なぜ発泡するのかをまとめるといいと思います。お友達のお子さんは、この研究をきっかけに重曹を使って掃除もできることを知るよいきっかけになったようです。材料:重曹、クエン酸、かたくり粉を混ぜた後、アロマオイルを少量ずつ加えます。まとまったら、製氷皿などに入れて固まるのを待ちます。完成したら、実際にお風呂に入れて試すことができます。

・スライムづくりが良いと思います!材料を混ぜるだけで作れますし、作り方はYOUTUBEでも多くのユーチューバーの方々が紹介しています。食べれる食材を使用すれば食べれるスライムも作れますし、食べれないものでも色を変えて作ることもできます。作り方や感想などをまとめてレポートする形でも良いのかなと思います。

・地球温暖化に関するレポート作成。夏休みの期間は非常に暑く、どうしてこんなに暑いのか?純粋に疑問に抱いてテーマ作成しました。テーマ内容はとても幅広いので、途中で書けなくなることがなく詰まることがないと思います。テーマを通じて環境の事も考えるので良いと思います。

・セミの分類はおすすめです。ちょうど夏に活動を始めるセミですが、数種類居て鳴き声や容姿が違います。また、同じ夏でも初夏に活動するセミや晩夏に活動するセミなどが居て、そういう特徴をまとめる自由研究は、子供も楽しく毎日研究します。

・気温と、夏休み中のプール開放日の参加人数を表にまとめ、どのくらいの気温の時に最もプールに入りたくなるかを調べました。暑すぎても、暑くなさ過ぎても参加者は少ない、という結果になりました。夏休みの初日から最終日まで長い期間にわたって調べ続けることがポイントで、先生うけもよかったです。

・ペットボトルロケットの作成をおすすめします。ロケットを作成する際にどのような工夫をすることでロケットの飛距離が伸びるか比較検討してその結果を記事にしやすい点。材料品等が殆ど掛からず財布にやさしい点。レポート作成時にロケット作成時の苦労した点や実際に作成したロケットの飛距離、その時の角度や水の量などをレポートとして提出すれば良いと思います。

・理想の海外(国内でももちろん可)旅行プラン。私自身も旅行が好きですが、主人が平日休みなので中々家族揃ってのお休みが少なく遠出する機会に恵まれません。実際に日程が確保できたとき参考になり、なんとなく行った気になれる、自分の理想の旅行プランニングはいかがでしょうか。絶対に行きたい場所・食べたいものとそのお店・買いたいお土産・インスタ映えスポットなど、自然とその土地について調べられますしら旅行雑誌やネットで調べれば写真や情報を手に入れるのも容易です。すでにまとめサイトやモデルプランを紹介してくれているサイトもたくさんあります。「アフリカで野生動物と過ごす旅」「北極でペンギンとオーロラを見る旅」など、実際には難しそうなプランも、思い描くのは自由です。子どもならではのおもしろいプランが出来ると思いますよ。

・製品メーカーの工場見学がオススメです。お金もほとんどかからないし、観光気分で楽しみながら、日頃からなじみのある製品の製造の仕組みを知ることができます。写真とかとれるし、わからないことはガイドさんにいろいろと聞けば、他の人とは違う自由研究になるでしょう。

・簡単にできる実験としてはタマネギの皮を煮出してガーゼのハンカチを染めることをお勧めします。本格的にやるのなら媒染剤等が必要となって結構手間と費用がかかるので楽しい実験くらいに考えて下さい。友達のご家庭にも声をかけるとすぐに必要な量のタマネギの皮が集まるはずです。それを天日で乾燥させると目方が減りますので、目安としては大ザルに一杯分くらいでしょうか。それを大鍋で煮ていると驚くほど濃いウコン色の液ができあがります。きれいに洗ったガーゼのハンカチを十分に色が染まるまで一緒に煮ます。火事と火傷にご注意を。繊維に色が定着すると鮮やかな黄色に仕上がります。鉄の鍋なら黒系統となりますので、あるなら銅の鍋をお勧めします。もし失敗しても大丈夫。やることという挑戦精神が必要ですので。お子さんだけでは危険が伴いますから、必ず保護者同伴で行ってください。ゴミのようでしかない野菜の皮でも使いようによっては自然の染料となるのですから。この他にも草木染めの材料たり得る素材は都会の真ん中でも意外と見つかるものです。それを一覧にまとめるだけでも、自由研究の題材としては立派に通用しますよ。楽しみながら学ぶことをこうやって体得してくださいね。

・今年の猛暑にちなんで、過去の天気を遡る研究はどうでしょうか。ネットや図書館で、過去の7月または8月の最高気温を調べて(2-30年前ぐらいからあると、調べた感があると思います。)どのぐらい気温は上昇しているのか、原因は何かを調べたら宿題は出来上がるし、この先の地球環境を考える良いきっかけになると思います。

・私の学生時代に友達がやっていて、なぜか今でも覚えているのは、市販されている氷はなぜ透明で濁りがないのかという実験です。確かに家で作る氷は濁った部分が必ずあり、見た目のきれいさは感じません。確か家の氷は空気が入るため濁りができてしまうといった内容だったと思うのですが、気になった方は試してみてはどうでしょうか。

・音の振動についての研究をおすすめします。ボウルの上にラップをぴったり敷き、塩をまぶして上から低い声や高い声を出して塩の模様の変化を調べます。身近なものででき、日数もかからないためこの研究を行いました。

・漫画の研究:子供が漫画が大好きなので、漫画について徹底的に調べました。漫画の博物館に行って、漫画の歴史をまず調べ、どの時代に漫画が出来て、時代の背景とともにどのように漫画の内容が変化したのかなどを調べました。あとは漫画の種類なども色々。世界の漫画にはどのようなものがあるのか、など。自分で楽しめるないようでしたのでお勧めです。

・ユーチューブなどでやっている、アルミホイルを丸めて叩いて磨いて綺麗なアルミホイル玉を作るのはいかがでしょうか?他には泥を丸めて磨いて綺麗な泥玉と作ると言うのもおすすめです。以外に時間がかからず、大小いろんな玉を沢山作ることができるのでいかがでしょうか?

・自由研究のテーマは、川にはどんな生き物が住んでいる?にしました。
選んだ理由は、夏の行楽を兼ねてキャンプ等のアウトドアをするときに一緒にできるからです。
方法は、500ミリリットルのペットボトルに穴を開けて簡単なセルビンをつくります。その中に魚肉ソーセージを入れ川に沈めておきます。数時間後に引き上げると蟹や小魚が入っているので、その魚の種類を調べたり絵を書いたりします。
遊びを兼ねて、出来る自由研究ですので子供も喜んでしてくれると思います。

・「花レジン」野草を取りに行き、乾燥材と花を瓶に入れ2日位放置してレジンで固化する。ピアスやネックレス・髪留め等を作りました。子供は枯れない花ができた事やオリジナルのアクセサリーができたことに感激していましたが、物を作る難しさ・自分が思う可愛い物を作るという楽しさを学んだ気がします。

・天気と日の出日の入りの観察をしたことがあります。予報が当たったか外れたかも盛り込みました。異常気象が騒がれているので、10年くらい前の天気と比較も作りました。時間はかかりますが、毎日観察しなければなので真剣に取り組んでいてよかったです。

・私の子供が先生から褒められた自由研究は箸のことについての研究でした。持ち方やどんな橋があるかやってはいけない作法などイラストを描いて画用紙にまとめて書きました。親の私でも知らないことがありビックリして面白い研究でした。しかも図書館の図鑑やネットでできるので用意するものもなく楽でした。

・自分でクリスタルが作れるクリスタルキットが売っており、混ぜて放置しておくだけの簡単な作業です!毎日スマホなどで写真を撮ってプリンターでプリントアウトして経過観察すればキラキラなクリスタルが出来るし、女の子にも男の子にも人気だと思います!
お値段も1000円以下で買えるし、1~2週間程度で完成するので時間もかかりません。おすすめです。

・数年前に子供がした自由研究で、『スケルトンたまご』というものがあり、面白いのでお勧めします。とても簡単だし、変化が目に見えて楽しい。観察しやすい。という研究です。すたつきの透明な瓶に、たまごを入れ、ひたひたになるまでお酢をそそぎます。ふたをして完成。それを毎日観察します。日々の変化を綴り、スケルトンたまごになれば完成です。

・野菜のDNAをとる■ 実験方法 細ぼうの中にあり、生物の設計図ともいえるDNAを野菜から取り出してみよう。水200mlに中性洗ざい小さじ1ぱい、食塩小さじ2はい半を入れた液をつくる。そこにブロッコリーやタマネギなどの野菜をすりつぶしたものを加えて茶こしでこし、エタノールを注ぎ入れると、白い綿のようなDNAがういてくるよ。■ まとめ方 DNAの取り出す手順や、取り出したDNAのようすを写真やイラストにしてまとめよう。どのようにしたら取り出しやすくなるかも考えてまとめるといいよ。

・花火大会の花火の演目や比較をするのは面白くて良いと思います。地方に住んでいて花火大会が一種類しか開催されない地域ならば昨年との比較、都心部など沢山の花火大会が行われる地域ならば他の花火大会との違いなどを観察すると、夏らしくて良いと思います。

・動物園、水族館、歴史博物館でも興味のある場所に行って、気になった生物などのことを調べてまとめる。例えば動物園で動物たちの写真と共に説明が気を付けて、ノート一冊程度をまとめる。あるいは、気になった動物一匹について、生態系などの詳細をまとめてノートに書く。

・女の子にはアイロンビーズでティッシュケースを作るのがおススメです。最初にパソコンで出来上がりの設計図をエクセルなどで作成し、それをもとにアイロンビーズで作ります。パソコン操作もできるし忍耐力がつくし、出来上がったのは実際に使用することができるます。

・自由研究のネタは「ミョウバンの結晶を作る」です。ビーカーの中で、お湯にミョウバンを溶かします。それを時間をかけて冷やすことで、結晶が大きく成長します。温度による溶解度の変化を学べますし、なにより観察する楽しさを実感できます。

・朝から夕方まで、1時間程度おきくらいに虫眼鏡で焦点を合わせて一定の現象が発生する状態の変化を観察するというのはどうでしょうか。昔、理科の実験でやっていた頃は、真っ昼間だけ、そしてせいぜい煙が立つくらいの結果しか得られなかったように記憶しています。焦点が合う所に発火点の低い粉など(←親、或いは化学に強い人に調べてもらう)を散らして置けば、今年の暑い夏であれば発火するのではないか、個人的にも少し興味があります。

・「山手線のバリアフリー充実度」山手線の各駅でどの駅が一番バリアフリーが充実しているかを調査。東京オリンピックを控えていることもあり、競技場だけでなく、中心となる山手線内ではどのような対策をしているのか考察する。各駅への調査は地道な作業にはなるが、大人ウケも期待できるネタだと思います。