育児パパの手探り奮闘記

家事・育児について、素人同然(それ以下)の管理人が、役立った情報や失敗談などをお伝えしていきます!

アメリカ帰り、朝ドラで復活を果たした女優、阿部純子はモデル経験あり?デビュー経緯とドラマ出演歴!

朝ドラで復活を果たした女優、阿部純子!

abe_junko

NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロインの女学校時代の友人・綾を演じ、スラリとしたプロポーションと大きな瞳が印象的と、注目を集める阿部純子さん。

『とと姉ちゃん』の綾役はオーディションを受けて射止めたそうです。

女優やモデルとして活躍していた阿部純子さんですが、本名の「阿部純子」で活動し始めたのは実は2015年から。

それまでは「吉永淳」の芸名で活動していました。

スポンサードリンク

もともとはモデル?阿部純子のデビュー経緯

阿部純子さんがスカウトされたのは何と小学生の時!

地元大阪の阪急百貨店の広告がモデル・デビューです。

中学時代にはファッション誌『Hana* chu→』のモデルも務めています。

2010年、映画『リアル鬼ごっこ2』のオーディションで、監督の柴田一成さんに「いずれ日本を代表する女優になる」と見込まれ、ヒロインに抜擢されました。

17歳の阿部純子さんは、1人2役という大役を演じ、「吉永淳」の芸名で女優としてスクリーン・デビューしました。

その後、テレビドラマにも出演しましたが、転機となった作品は2014年公開の映画『2つ目の窓』(監督:河瀬直美)。

この映画がカンヌ映画祭に出品され、主演の阿部さんは国際映画祭に初めて参加することに。

世界的に有名な女優の姿を目の当たりにして、世界を意識し始めたのです。

女優としての力不足を痛感した阿部さんは、留学して演技を学ぶことを決心。

芸能活動を停止し、2014年8月にアメリカへ渡りました。

フロリダ、ワシントンと移動したのち、ニューヨーク大学の演劇科に入学。

アメリカ人のクラスメートと寮生活を送りながら発声練習や即興演技などを稽古し、演劇を学びました。

2015年に帰国して、芸能活動を再ストートさせます。そして、芸名も本名の「阿部純子」に戻したのでした。

清楚なたたずまいからは想像できないほど、強い意志と行動力を持っている女優さんなのです。

女優活動が映画中心だった阿部純子さんは、テレビドラマの出演はそれほど多くはありません。

これまでの主な出演作品を見てみましょう

スポンサードリンク

阿部純子のドラマ出演歴

こちらが阿部純子さんのドラマ出演歴です。

<2012年>
『理想の息子』豹塚昌子 役  視聴率11.9%
『D×TOWN(スパイ特区)』北川夏海 役  視聴率2.5%

<2013年>
『心療中-in the Room-』第5話   視聴率2.3%

<2016年>
『とと姉ちゃん』村野綾(中田綾) 役  視聴率22.6%
『好きな人がいること』石川若葉 役  視聴率8.9%

貪欲に女優業を極めんとする阿部純子

実は、留学のきっかけとなった『2つ目の窓』では、阿部さんは、第4回サハリン国際映画祭・主演女優賞、第29回高崎映画祭・最優秀新人女優賞と2つの賞を得ています。

それでも「自分の力不足を感じた」と謙虚な気持ちを忘れず、更なるステップを求める前向きな姿勢は、「いずれ日本を代表する女優になる」という柴田一成監督さんの言葉を実現させてくれるに違いありません。

アメリカ留学中は、現地の日本人家族の家で、『マッサン』を見ていたそう。

その朝ドラに出られることになって本当にうれしい、と語った阿部さん。

今後も、映画、ドラマと幅広く活躍してくれることを期待します。

スポンサードリンク

-芸能人