2018甲子園怪物選手は!

baseball_1533265170

100回目の記念大会として注目されている2018年夏の甲子園。

大阪桐蔭や三重の白山高校を始め注目校が多数ありますが、各校の選手も気になるところ。

今年の注目選手は誰なのか、怪物の称号はどの選手のものになるのか。

早速みんなが注目している2018年夏の高校野球の選手についてみてみましょう。

スポンサードリンク

2018年夏の高校野球注目の選手は!

・金足農業高校の吉田輝星君に非常に注目しています。大阪桐蔭高校や横浜高校などの名門校にスター選手が多く集まっている印象がありますが、予選を見た限り金足農業の吉田君は全国屈指の右腕であり、なかなかこの投手を打てるチームはないのではないかというような内容の投球でした。フォームもきれいでストレートも非常に指にかかってスピンのきいたボールを投げているなという印象を抱きましたし、プロ死亡届を提出すれば間違いなく指名される逸材だと思っています。ピンチになるとギアを上げ、より力を入れて投げるところなどクレバーな一面ももっているなど見ていて楽しい投手です。非常に注目しています。

・横尾昴内選手です。理由は今年のドラフトの目玉として話題になりそうで、プロ入りしても活躍しそうなポテンシャルを持っているからです。特に横尾選手の魅力は守備のフレキシブルさです。様々なポジションができるのは、野球選手としてけして当たり前のことではないので、プロ入りしても万能型の素質があるのだと思っています。守備で注目される選手が最近少ない分、期待しています。

・大阪桐蔭4番の藤原恭大選手を注目したい。素人目にもスター性抜群でドラフトでも一番の候補とされているようです。高校生とは思えない落ち着きある態度と甘いマスク、トレーニングに裏打ちされたワイルドな肉体美で女性ファンも非常に多いのでスター性もあります。すでにプロ野球の複数集団がドラフトの上位指名候補としてマークされているようです。打撃が良くて、足もあり、守備もうまいので非の打ち所がありません。体が大きく、スケールを感じさせるとスカウトの目を引くようです。腕相撲で、入部以来、他の部員には負けたことがないとのことでバッティングも腕相撲もパワーが期待されます。

・大阪桐蔭高校の根尾選手です。1年生の時からベンチ入りして、投手ではないのに150キロを投げられる身体能力の持ち主です。また、ドラフト一位指名が、確実視されています。いわば運動神経の塊、センスの塊であり、スキーでも中学生時代、その年代の日本代表選手でした。頭もいいらしく、成績も優秀だそうです。野球に限らず、スポーツをする上でも頭がいいというのは、非常に重要ですし、プロになっても日本を代表する選手になる確率が高いから、注目しています。

・今大会の私の注目選手は大阪桐蔭の根尾昴選手です。ピッチャーマウンドに立つ背番号「6」。彼は遊撃手でありながら投手もこなす二刀流です。求められる動きが全く違うといっていい2つのポジションで結果を出してきた彼が、夏の甲子園でどんな活躍を見せるのか、楽しみです。根尾選手は春夏連覇を目指すチームの柱となる、プロのスカウトも注目の選手です。

・静岡県代表の常葉大菊川高校の奈良間大己選手に注目しています。キャプテンでチームを引っ張る存在ですが、何と言っても静岡大会での打率がすごいのです。準決勝まで9割を超える打率で、決勝はさすがに少し落ちたもののそれでも8割超えです。地方大会の試合を見ていても、打たない打席の方が珍しいというすごい選手です。彼が甲子園でどれだけ打てるのか、通用するのか、とても楽しみにしています。

・私は2018年の甲子園で大阪桐蔭高校の藤原恭大選手に注目しています。テレビを見ていた時に特集されていて、すでにプロ野球の複数集団がドラフトの上位指名候補としてマークしているとの情報がありました。打撃がよくて、足も速いイメージがあります。集中力も高い選手です。身長も181㎝と高く、今後活躍していくと思います。

・2018年夏の甲子園で注目している選手は大阪桐蔭高校の根尾選手です。優勝候補筆頭の高校の主力選手であり、ピッチャーとしてもバッターとしても能力が高く一流だと思いますし、それだけでなく、守備や走塁といったすべてにおいて能力が一流だと思います。本人が希望すれば間違いなく2018年のドラフトでプロ野球に入る選手であると思います。

・私が注目している選手は、金足農業の吉田輝星投手です。176センチ81キロのガッチリとした身体から最速150キロの直球とスライダー、カーブ、フォーク等の変化球で勝負します。吉田選手の一番の武器はスタミナにあります。秋田大会決勝をそこに至るまで4試合34イニングを投げていましたが見事完封で優勝を掴み取り、最終回も140キロ後半の直球をコースにビシビシ投げていました。地方大会の疲れも残っていると思いますが、吉田選手の快投に期待したいと思います。

・大阪桐蔭高校の柿木蓮君です。理由は地元の高校のエースピッチャーだからです。また、エース争いのライバルである根尾昴君に春の大会でエースを奪われて悔しそうだったのがとても印象的でした。今回はその悔しさをバネにしてさらにパワーアップした柿木君の投げっぷりを見るのがとても楽しみだからです。きっと優勝戦まで頑張ってくれると期待し注目しています。

・2018年夏の甲子園で私が注目しているのは、大阪桐蔭高校の根尾昂くんです。彼は2年生の頃から内野手、外野手として活躍しながら最終回にはクローザーとしてマウンドに立つという、メジャーリーガーの大谷選手の二刀流ならぬ三刀流の活躍を魅せていて、この夏での地方予選でもその実力は破壊しれない、今年のドラフト1位最有力候補の選手だからです。

・藤原恭大選手に注目しています。黄金世代と呼ばれる大阪桐蔭の4番に座る外野手ですが、北大阪決勝のHR含むヒット量産は凄まじかったです。足も速いので、走塁や外野守備の面でもチームを盛り上げてくれそうです。大阪桐蔭の4番というとHR量産のイメージがありますが、個人的には高打率に期待しています。大阪桐蔭の攻撃陣そのものがほぼ凶器なので…。

・大阪桐蔭高校の根尾昂選手。岐阜県出身で幼少期からスキーを始め、全国大会優勝の記録も持つ。家系の血もすごく兄も同じように育ったのだが、兄は岐阜県の進学校の公立高校で夏の大会準優勝の記録を持つ。また学業の方もすごく、まさしく文武両道だ。そういう人間は何をやらせても持っているものが違うので、甲子園での活躍を期待しています!

・なんと言っても静岡大会を劇的なサヨナラで制した常葉大学附属菊川高等学校の3番ファースト鈴木琳央(すずき・りお)選手です。昨年冬までに高校通産18本塁打を記録したスラッガーは、今春調子を落としていたが夏に向けて完全復調。OBでもある兄の鈴木蓮夢(青学2年生)に続いての兄弟甲子園出場で必ずやフルスイングのホームランをかっ飛ばし、チームを勝利に導いてくれるでしょう。2001年(平13)2月25日、袋井市生まれ。袋井東小1年から野球を始める。袋井中では掛川シニア所属。右投げ左打ち。家族は両親と兄2人。180センチ、75キロ。血液型AB。

・北大阪代表の大阪桐蔭高校の根尾昂選手です。昨夏でも話題になりましたが、打者としては地方大会4割越えのクリーンアップ、投手としては約150kmのストレート、またショート、外野もできる超一流マルチプレイヤーです。また中学時代にはスキーで全国優勝、成績もオール5だったそうです。さらに両親はともに医者といったまったく抜け目がないパーフェクトな人です。秋のドラフトで競合するとは思いますが、獲得した球団が投手なのが野手なのがどちらで使うのか?または大谷選手みたいに二刀流で育てるのか楽しみです。

・大阪桐蔭の藤原恭大君です。強打の4番打者であり、左投げ左打ちの外野手という点も評価の対象です。同校は春夏連覇の期待がかかっていますから、その点でも注目されて当然なのですしね。間違いなく今年の秋のドラフト会議での最注目の選手であることは誰もが認めていますし。ここ数年の甲子園は極端な投低打高の傾向が続いており、藤原君も打棒が期待されています。正直プロの世界の外野手は新人がすんなりと入り込めるほど楽なところではないので、その意味でも試金石たる最適な舞台の灼熱の甲子園でその真価が試されるはずですから、期待を込めて応援してあげたいのです。左投げは外野と一塁手(とても層が厚い)しか向いていないという不利を含めてですが。めざせ、二度目の春夏連覇。期待してるぜい!

・広陵高校の森悠祐投手に注目しています。広島在住の為広島の高校を贔屓目に見ている事もありますが、ストレートが最速147キロという速さで投げられる為、有望な投手だなと思っています。去年の甲子園ではあまり結果を出せませんでしたが、今年はエースとして注目されているので、結果が伴ってくれるよう応援しています。

・大阪桐蔭高校の藤原恭大選手です。春の甲子園でも注目を浴びていましたが、走攻守すべてに高い能力を有しているという、まるで漫画かゲームの世界の登場人物のようです。すでに地元の阪神をはじめとする複数のプロチームからもドラフト候補に挙げられているようです。チームも言わずと知れた強豪校ですし、できるだけ多く勝ち進んで沢山の活躍を見せてほしいところです。

・大阪桐蔭の中川卓也選手です。昨年の甲子園で彼はベースを踏み忘れて仙台育英高校に負けました。その前にベースに足を置いていたら、仙台育英の選手に踏まれてしまうという不運もありました。それが影響したかどうかは本人にしかわかりません。しかし彼は少なくとも言い訳をしていませんでした。あの悔しさを知っている選手を今年は笑顔で帰らせてあげたいと思うばかりです。

・今年の第100回夏の甲子園記念大会で注目している選手は北大阪代表の大阪桐蔭高校根尾投手です。春の選抜甲子園大会を制覇して、春夏連覇のかかる試合ですが、大事な地方大会決勝と準々決勝では温存されたのか投球しませんでした。甲子園では持ち味の投球をきっと見せてくれると思いますが、連覇してドラフト1位を勝ち取れるかが注目です。

・大阪桐蔭高校の根尾昴選手が一番注目したい選手です。お医者さん一家に生まれ兄の影響で野球を始めたらしいですが、野球だけじゃなく陸上100mで全国5位、スキーで全国大会に出場する等稀に見るスポーツ万能選手です。スポーツばかりじゃなく学業も優秀らしいです。野球は投手・内野・外野どこでもこなす3刀流選手として注目しています。根尾選手が甲子園で投げて打っての大活躍を見る事が出来たら嬉しいです。とても楽しみな選手です。

・大阪桐蔭の藤原恭大くんです。バッティング、守備、走りなどの技術もさることながら、高校生とは思えない抜群のルックスと体格におばちゃはメロメロですwたくさんヒットを打ってぜひドラフトで指名されてほしいです。守備も上手なので勝利に貢献して大阪桐蔭らしい試合をしてほしいです。ちなみに腕相撲も強いと何かで見たのでアームレスリング大会とかも出たら良いのにぃ。

・大阪桐蔭高校の藤原恭大選手です。ドラフトの上位指名候補として、すでに名前が挙がっているだけではなく、イケメンで女性ファンが注目すること間違いなしです。足が速く、守備もうまく、打撃も強い、こんなにスター要素がそろった選手はなかなかいないと思います。まだ高校生というのが驚くくらいです。今後の成長もまた楽しみです。

・大阪桐蔭の根尾、野球だけでなく、中学時代スキーで全国大会優勝し、成績もオール5で入学し、春の選抜大会連覇するなど、どこをとっても非の打ちようがないほどの完璧な選手。しかも投手だけでなく、ショートを守ることも出来、今大会だけでなく、今後の進路もどうなるのか気になる選手です。ドリームチームの中心選手なので楽しみです。

・大阪桐蔭の根尾選手です。本来高校野球は、1つのポジションを練習し、試合にも練習したポジションで挑むということが多くありますが、この根尾選手は、外野(センター)もやり、クローザーとしてマウンドに上がる投手でもあり、内野まで守ることが出来る選手です。体自体はそこまで大きくはありませんがダイナミックで力強くプレーを行います。

スポンサードリンク

大阪桐蔭の根尾昴・藤原恭大に注目!

やはり注目の大阪桐蔭の選手が注目されていますね。

根尾昴・藤原恭大両選手が話題になっています。

将来のプロ野球界を背負って立つ選手になるかもしれませんね。

他にも数多くの注目選手がいます、2018年夏の甲子園それぞれの試合、目が離せませんね!

スポンサードリンク