子供に見せたいジブリ作品!

ghibli_00

大人にも子供にも大人気のスタジオジブリ作品!

数々の名作があるジブリ作品、皆さんにも思い出に残っているアニメがあるのではないでしょうか。

今回は子供に見せたいスタジオジブリ作品、子供と一緒に見たいジブリ作品についてみんなの意見をまとめてみました!

スポンサードリンク

トトロとラピュタが人気!

・名作ばかりのジブリ作品なのでどの作品も子供と一緒に見たいと思えるような物ばかりですが一つ選ぶのであれば間違いなくとなりのトトロを選びます。まずキャラクターが可愛らしくすぐに覚えられることと子供が怖がらず好きになれるキャラクターであること、大好きなお母さんと離れて暮らしているメイとサツキの気持ちも考えながら見ることができる作品なのでとなりのトトロが一番お勧めできます。

・「天空の城ラピュタ」です。男の子が女の子と一緒に冒険に出るという王道の展開ですが、なにより面白い。シータがさらわれ、パズーが助けに行くところなど手に汗握りました。またその際の空から落ちてきたロボットの行動に、ほろりと涙が出ました。ほかにも、ラピュタを探して嵐に飛び込むシーンなどは本当に格好よかったと思います。子供を支える大人たちも最高でした、大人が格好いいお話は名作であると思います。

・自分に子供が生まれたら、となりのトトロを見せたいです。トトロは日本の自然が豊かな美しい風景や四季がよく表現されている美しい作品だからです。また、子供の優しさや姉妹愛など、子供の時に知って欲しい事がたくさん詰め込まれているからです。自分も子供の時にみて、とても好きだったので、一緒にたのしむことができたらなと思います。

・火垂るの墓、戦争と平和と兄弟家族愛、忘れてはいけない、受け継いでいかなくてはならないものが凝縮されている。助け合いと生き抜く力などさまざまな出来事を感じることができると思います。子供には難しいと思いますが繰り返し何度かみることで理解できます、1年に1度はみれば良いと思います。いろいろあるジブリ作品で1番です。

・紅の豚が大好きで、テレビで放送される時は家族みんなで良くみてました。出てくるキャラクターも悪役でも、全然悪役っぽくなく話のストーリーも主人公と相手役(悪役)の友情が伝わってくるような、子供が見て人と人との関わり合いみたいなものが感じてもらえるような作品だと思います、大人が見ても何かカッコイイと感じるので、家族みんなで見るにはピッタリの映画だと思います。

・千と千尋の神隠しです。挨拶から始まる礼儀の大切さ、働くことの尊さ、人は1人では生きていけず、色々な人に支えられているということなど、社会生活で必要なことを、不思議で美しい世界観で教えてくれるからです。子供を子供扱いせず、対等に扱うところも好きです。親が豚に変えられるなど、子供にとってちょっと怖いシーンもいくつかありますが、それを含めて、子供に見せたい作品です。

・「となりのトトロ」40代後半の私が知る、昭和の風景を子どもたちにも知っておいてほしいから。クーラーもスマホもゲームもないけれど、「外」に出なければ分からない皮膚感覚。プログラミングされたものではない、不思議なものと出会うワクワク・ドキドキの予感。ほんのちょっと前まで日本のどこにでもあったけれど、今の子どもたちにはもう味わうことのできない世界。遺伝子のどこかで「懐かしい」と思ってもらえればいいな、と思います。

・ジブリ作品名:猫の恩返し この作品は猫を主人公の女の子が助けることによって猫の世界に行き、猫なりの恩返しをしてもらう作品だと思っております。猫の世界という点で子供でも分かる動物を作品に使用していることで身近に感じ、一緒に観たい作品だとおもいました。話が複雑なわけでもないため子供にも分かりやすく楽しい作品かと思います。

・「火垂るの墓」です。やはり、次の世代にも戦争の悲惨さを伝えていきたいと思うからです。ちょっと悲しい場面も多いけれど、子供の時に、子供が戦争でどんなひどい目に会い、どんな気持ちを持つのかを見てもらいたいです。
子供にも理解できる、戦争に関する映画は多くはないです。その意味でも、素晴らしい作品だと思います。

・となりのトトロです。サツキとメイという理想的な兄弟関係、そして、病気のお母さんをいつも想うという家族愛が学べると想っているからです。もちろん、そこには子供たちが描くような「絵本に出てたトトロ」に対する憧れなども共感しており、子供の成長に大きく影響すると思っているので積極的に見せていきたいと思っています。

・子どもに見せたいジブリ作品は「崖の上のポニョ」です。昔から、宮崎駿監督の作品は子どもたちに対するメッセージの込められた作品が多い中で、キャラクター設定が特に子ども受けするやわらかい感じのところ、それでいて、誰にでも生きていることの意味はあるんだよというメッセージが込められているのが印象的だからです。

・「となりのトトロ」です。主人公で登場する姉のクサカベサツキと妹メイの冒険と成長を描いている素敵なお話です。トトロが子供たちに寄り添っている場面を見ると、トトロの優しさが伝わってきてます。日本の田舎が風景としてたくさん描かれていて懐かしいさも感じます。トトロの歌も親しみやすいので、是非子供たちに見て欲しい作品のひとつです。

・風の谷のナウシカです。自分自身何度もこの作品を見ましたが、心のやさしさが生まれてくるような気がします。子供には刺激が強いところもありますが、総じて自分を取り巻く自然環境や未来への展望や、どうしなければならないかを考えさせる機会になるので、期待が高まります。虫好きなら良いのですが、そうでなくても、一番怖いのは人間ということを学習してもらいたいと思いました。

・私が子供に観せたいジブリ作品は沢山あるけれど、中でも「魔女の宅急便」と「となりのトトロ」はオススメです。私も子供の頃、金曜ロードショーでテレビ放送される度わくわくしながら観てました。キキが箒に乗って空を飛ぶシーンはリアルな躍動感があります。サツキとメイの新しい家に引越してきてはしゃぐ姿は観ているこっちも楽しくなります。 そしてジブリ作品はストーリーも良いですが、風景の描き方もとても素敵です。ヨーロッパの海に浮かぶ街も、昔の日本の田舎町も、その場所に行ってみたくなります。アニメは子供に悪影響と考える人もいるでしょうが、本当に良いものであればジャンルなど関係なく子供の感性を育むと思います。ジブリ作品はそういう作品です。

・子供に見せたいジブリ作品は「平成こ狸合戦ぽんぽこ」です。たぬき達が人間の都合で、住むところを追われ、人間と戦っていく話しですが、最近、自分達が住む付近にも、狸が出没するようになり、畑や残飯を荒らして害獸扱いです。本来は自分達人間に原因があるのだと、子供にわかりやすく伝わると思います。自然と人間がどうしたら共存できるか考えるきっかけになるといいです。

・ラピュタを一緒に見たいと思います。しっかりと起承転結がまとまっており、子供でもわかりやすい内容になっています。他の作品は原作に一部をクローズアップしている事もあり、子供にはわかりにくい部分もあると思います。その点ラピュタはストーリーもしっかりしているため、親子で楽しめる作品です。

ジブリには親子で楽しめる作品がたくさん

10年20年以上前の作品でもいまだに楽しめる作品があるスタジオジブリのアニメ。

子供と一緒に、自分が初めて見た頃を思い出しながら見るのもまた感慨深いものがあると思います。

トトロが人気ではありますが、自分が一番好きな作品をお子さんと見るのももちろんおすすめです!