まんぷくはフィクション!原作モデルはない?

manpuku_03

平成30年後期のNHK朝の連ドラは「まんぷく」

10月からスタートという事で、安藤サクラさん、長谷川博己さんと主要キャストも発表になり、期待も膨らみます。

個人的には要潤さんが出演されるのが注目ポイントですね。

さて、気になるのは今回の朝の連続ドラマ「まんぷく」の原作・モデルについて。

簡単なあらすじを含めながら、ドラマまんぷくの原作情報について触れていきましょう。

スポンサードリンク

朝ドラまんぷくあらすじ

ドラマまんぷくの舞台は戦後の大阪。
三姉妹の一番下に生まれた主人公の福子。
貧乏な母子家庭でありながらも、
福子は母親の愛情をたくさん受けて育ちます。

ところが突然、大黒柱的存在として家族の拠り所だった
一番上のお姉ちゃんが病気のため亡くなってしまいます。

しかも真ん中のお姉ちゃんも嫁ぐため実家を離れることに。
福子はお母さんと二人で過ごす事になり、
なんとか母親を支えていこうと誓います。

そういう事情で福子が頑張っている時でした、
日本一の商売人を目指す若手青年実業家の萬平に巡り合います。

活発でどんな事にも挑戦する萬平は
色々な商いにどんどん挑戦。
しかし成功・失敗の波は荒く、
福子はいつも心中穏やかではありません。

しかし福子よりもっと気を揉んでいるのが
福子のお母さん、鈴子。
心配故にあれやこれやと福子に口をだします。

頑張る夫、心配する母との間で
家事育児に奮闘する福子。

そんな日々を送っていた福子は
「いかに夫をいかに支え、成功に導くか」、
そのような事を考えるようになります。

主婦としてではなく、夫とともに
歩んでいくパートナーとして。

そんな福子は、萬平の新しい事業、
「インスタントラーメン」の開発を
全力でサポートしていきます。

もう後がない萬平・福子夫婦。
だからこそ福子も萬平に任せきりではなく、
一緒に頑張ろうと立ち上がったのです。

さてさて、二人の努力の結果は
どうなるのでしょうか!

朝ドラまんぷくはノンフィクション?

あらすじを読んでわかるように、戦後のインスタントラーメン開発がテーマのドラマ「まんぷく」。

日清食品の安藤百福(ももふく)社長が萬平、そして安藤社長の妻、妻の仁子(まさこ)さんがまんぷくの主人公、福子のモデルなんですね。

つまり日清創業者の奥さんの生涯をドラマにしたわけですが、実は原作はありません。

というのも安藤社長についての書籍・情報はそれこそたくさんあるのですが、婦人の仁子さんのものとなると書籍なんてありません、というのが現状。

ですので完全再現できるかというとそうではなく、あくまで日清及び安藤夫妻をモデルにしたフィクションという仕上がりになっています。

しかし折角仁子さん主役のドラマ作成するのであればと、関係者への聞き込みや可能な限りの調査下調べはやりましたと制作側も胸を張って言ってる様子。

実話をもとにしたフィクションドラマのまんぷく。

日清という大企業、及びインスタントラーメンという超有名食品をモデル・テーマにしてどこまで朝ドラテイストに編集してきているか楽しみですね。

スポンサードリンク

ちなみに名前の由来は?

さて、あらすじをご覧になってお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、ドラマのタイトル「まんぷく」、どういう由来かおわかりでしょうか?

インスタントラーメン、つまり食べ物にちなんでまんぷく、というだけではありません。

夫の萬平、妻の福子をかけあわせて「まんぷく」となっているんですね。

だから感じで満腹、ではなくてひらがなでまんぷく、となっている点にも納得です。

私達の身近なものがテーマとなっている作品なだけに、どんな作品になるか期待の朝ドラです。