tokyo2020_01

東京オリンピックのボランティア募集が2018年9月26日から12月上旬に実施される事になりました。

国際的祭典に参加できるとして注目を集めていますが、「ちょっと条件厳しい?」という意見もでており、気楽に参加できるものではなさそう。

今回は東京オリンピックのボランティア募集条件や、みんなが参加したいかどうかの意見についてみてみましょう。

東京オリンピックボランティアの募集条件

東京オリンピックの募集条件はこのようになっています。

【活動期間】
大会期間中及び大会期間前後において、10日以上の活動を基本とします。競技スケジュール、活動内容、活動場所等によっては、シフト等の都合により10日を下回る場合もあります。

※ 大会期間前は、2020年4月以降を想定しています。
※ 連続での活動は、5日以内を基本とします。
※ オリンピック、パラリンピック両方での活動を希望する場合は、それぞれ10日以上、合計20日以上を基本とします。

【活動時間】
休憩・待機時間を含み、1日8時間程度

※ 競技スケジュール、活動内容、活動場所等により異なる場合があります。
※ その他食事時間があります。

その他、宿泊費等、滞在にかかる費用も実費です。

一方、スタッフウェアや活動中の飲食は提供されるという事です。

さて、ボランティア参加について、参加したいという方は多いのでしょうか?

みんなの意見をみてみましょう。

スポンサードリンク

東京オリンピックのボランティア参加したい?

・参加してみたい気持ちはある。東京在住なので特別な宿泊費もかからず交通費も安くおさまる。しかし、仕事をしているので実際は職場の理解が得られるのかが疑問である。東京都は企業向けに、ボランティアへの理解協力要請をしているらしいがそれがどこまで浸透するかわからない。

・出来ることならば参加してみたいと思います。しかし、現在東京からかなり遠いところに在住しているため、移動や活動しているときの宿泊地の問題がクリアにならない限り、現実的ではないと思います。私の周りにも、そういった人が結構います。

・交通費や宿泊代もかかるのと、英語も話せないので私は参加しないです。ボランティア条件ですが英語が話せる方や基本的な知識がある方といった条件がありますがオンリピックと言う舞台なので英語が話せた方が役立つと思いますが知識に関してはどこまでの範囲内のことを言っているかなどもう少し明確にした方がいいと思いました。

・参加したいと思います。私は地方在住で子育て中なので、残念ながら参加できる目途が立たず応募もできませんが、できれば参加してみたかったです。条件が厳しいのは、仕事上仕方のないことかなと思います。ボランティアといっても大会を運営する大切なスタッフの一人となるので、自覚と責任を持つためにも、ある程度の条件の厳しさは必要だと思います。

・参加したくないです。元々無償(金銭に限らず)のことに魅力を感じません。日本も段々と猛暑が進んでいます。その気温のなか8時間も無償で動く気にはとてもなれません。「競技に関する基本的な知識」という表記も大まか過ぎていて解りにくいです。詳しく明記すべきです。

・条件が厳しいとは思わないが、それは私が健常者で何も不自由なく暮らしているからだろう。機会があれば参加してみたいが、地方に住んでいるのでとても難しい。宿泊費とまではいかないが交通費くらいは一律でもいいのでだしてもらえたら参加する人が増えるのではないだろうか。

・参加したいとは思いません。そもそも仕事をしているので時間的に厳しいと思いますし、休みを取ってまで参加しようとは思いません。企業によってはボランティアを推奨しているところもあるかもしれませんが、それは一部の大企業でしょう。オリンピックにそこまで興味がないというのも理由の一つです。

・参加してみたいけど、仕事休んで給料が減る、宿代や交通費がかかる、子供を家族に預けないといけないと思うとなかなかできない。できるとしたら、都内在住の大学生やフリーターぐらいじゃないとボランティアは難しいと思う。

・条件は特に厳しいとは思いませんが、夏の猛暑がきになるところです。最初ボランティアを募集すると聞いた時はぜひ参加したい!と思いましたが、今年の夏が暑すぎて今悩んでいるところです。暑さ対策などどのようにするのかが気になるところです。

・生涯で、このような機会はなかなかないことですので、近くに住んでいたら、是非参加していたのではないかと思います。もちろん、その時の自分の置かれている環境にもよるのですが。できるだけ盛り上げたいと時間を作ると思います。

・今年の猛暑はひどすぎた。毎年同じような話を聞くが今年も異常気象だったらしい。来年も、その次の年も、おそらく同じようなことを言っている気がする。このような気温の中、一日では終われず何日も拘束されざる負えないボランティアには参加したいとは思えない。

・もし近場であり、私自身が健康であれば参加したいなと思います。条件が厳しくても、一生に一度あるかないかわからないイベントだからです。仕事内容にもよりますが、自分の能力を人のために活かせる場所があるのであれば達成感があると思います。

・確かに、東京オリンピックボランティアの要項を見ると、厳しい条件が書いてあるが、世界的な催しなので、それなりの質を保つことが必要だと思うが、このレベルで無償で、というのは、かなり厳しいと思う。
私は参加したくないと思っています。

・興味はあるけれど、猛暑の中で休憩があるとは言え1日8時間は厳しいのではないか。室内競技などのボランティアならば良いけれど、屋外にいることがほとんどの場合は熱中症の恐れもあるので、どのような対策をするのかが重要。

・参加したくない。条件が厳しすぎるので、大部分を企業にたより、ボランティアありきにするのではなく、あくまでもボランティアはサブ。1日からOKとか、スポットでOKとか、ボランティアに参加した際は、Tシャツプレゼントとか、何か特典があるとよいと思う。

・参加したいとは思わない。理由としては条件が厳しいのもあるがボランティアなので給料が出ないところが参加したくないと思わせる。働くので最低賃金などでも良いので支払ってほしい。オリンピック好きなことを理由に使われてる気がする。

・私は参加したいとは思いません。しかし私の親世代(団塊世代)はやってみたいという話を良く聞きます。そのために英語を習ったり、具体的に動いている人もいます。団塊世代はお金も時間もあるしボランティアとしては最適だと思います。

・各国の大切なアスリートや、応援の人に万が一のことがあってはならないので厳しいのは当然だと思います。2002年以前に生まれていることが条件のため、2003年生まれの高校生が参加できないのが残念であり、可哀そうだと思いました。私自身は体力に自信がないので参加したい気持ちはありますが諦めています。

・時間と条件さえ合えば参加してみたいです。こんな機会二度とあるものではないですし、体の若い今だから出来るという意味でも、参加してみたいです。条件が厳しいとの事ですが、よりよいオリンピックにするためにも条件は厳しくてよいと思います。

・都市型マラソンのボランティアに参加したことがありますが、ボランティアのほとんどが目立たない仕事を黙々とこなし大変でした。一日でさえ疲労してしまったのに期間中のボランティア参加はできそうにありません。まして仕事をやすまなければならず生活に響きそうなので不参加です。

・参加したいとは考えていますが、あまりにも条件が厳しすぎて、難しいように感じます。せめて、ある程度の生活は確保できるようなシステムを確立してほしいと思います。関東以外からの場合は、宿泊費等で赤字になることが想定されますので、より厳しいです。

・8万人という大規模な人数を集めようといているのに、参加の条件が厳しすぎると思います。ボランティアと言っても、炎天下の中で1日8時間動くことを強いられているのに、ボランティア精神とうたって、お金もほとんど支給しないのは無理があるし、私は参加したくないです。私の入社する企業からも、ボランティアを派遣することが決まっていますが、有給を使ってまでボランティアに参加しようとは思わないです。

・私は参加したいけどできません。ほとんどの条件に合わないのが残念です。コミュニケーション能力も低いですし、なんといっても英語が話せません。日本人のみならず、海外の方を主に案内することになると思うので、英語ペラペラでなければおもてなしはできません。

・率直に言うと私は参加したくありません。参加できません。そもそも仕事をしていたら10日以上を確保できるかどうか怪しいですし、交通費や宿泊費などの自己負担もかなりの額になってしまいます。それらを考えるとなかなか簡単には参加できる人は集まらないのではないでしょうか。

・ボランティアには是非とも参加したいと思っていますが、確かに条件の厳しさは否めません。拘束の時間が長いことは人数を増やすことで補えるのではないでしょうか。また自分のスペックが低くて熱意はあるのですが大丈夫かなと少し心配になっています。

・条件云々以前に、参加は難しいです。仕事や家庭があったりするとボランティアに参加している期間の休暇や給料などを考えてしまう為、それはそれで身近な周囲の人に迷惑をかけてしまいます。
会社規模で計画を立て参加しましょうなら別ですが。

・前回東京オリンピックが開かれた時は生まれていなかったので分からないのですが、日韓のサッカーワールドカップの際とても日本が一致団結した良い雰囲気になっていて良い印象を持っているので今回の東京オリンピックには是非ボランティアとして応募したいと思っています。

・ボランティアは確かに誰でも参加できるということが必要条件なのですが、世界が注目する中においては条件を制限するというのは止むを得ない措置だと私は判断します。テレビに映りますので(それも世界規模で)外観上の審査ということも含めてそういう流れになるはずだ、私は見ているのですが。私は地方在住なので現実問題として参加は不可能だと思いますが、宿泊地・費用の賄い・仕事の調整等が可能であるなら、参加してみたいです。自国開催という点では一生に一度の機会ですので。

・私は参加したくないし、オリンピックにはあまり興味がないので参加しません。とはいえ世界中から沢山の方が訪れるので、色んな事件に巻き込まれる危険性もあります。安全面などの運営を考えると、参加条件が厳しくなるのは仕方ないと思います。

スポンサードリンク

東京オリンピックのボランティア条件が厳しいのは仕方ない?

ちょっと厳しいかなとも感じる東京オリンピックのボランティア参加条件ですが、本当にやる気のある方に集まっていただくためにはやむを得ないのかもしれませんね。

それでもやりたい、と熱意のある方が集まるのであれば、私達もしっかり応援・サポートしたいという気持ちになります。

ボランティアに参加される方に事故やケガないよう祈るばかりです。