tokyo2020_01

東京オリンピックでボランティアの募集についての告知が開始されましたが、一部で話題になっている事柄があります。

それは「東京オリンピックボランティアは有償でもいいのでは」という意見。

そもそもボランティアは無償が大原則では?、という意見もごもっともです。

東京オリンピックボランティアは有償でもいいんじゃないか、という意見がでる背景と、みんなの意見を見てみましょう。

厳しすぎる東京オリンピックボランティアの条件

有償でもいいのでは、という意見がでた背景の一つとして、東京オリンピックボランティアの募集条件が厳しい、というものがありました。

詳しくはこちらでもまとめています東京オリンピックボランティア参加したい?条件が厳しいのはしょうがない!

募集条件も厳しく、真夏の炎天下の中頑張って協力してくれるなら、有償でもいいのではという声がでているんですね。

むしろそうじゃないとボランティアは集まらないのでは、とも。

ただ、条件が緩いと東京オリンピックボランティアに申し込みが殺到し、結果ボランティアスタッフの質が下がってしまうという懸念もあります。

本当に熱意のある方にご協力頂くために、厳しめの条件も仕方ない、という意見もあります。

ボランティア有償無償について、実際にみんなの意見はどうなっているのでしょうか、見てみましょう。

スポンサードリンク

東京オリンピックボランティアは有償?無償?どっちがいい?

・オリンピックを見たいけど、実際チケットが手に入らず見れない方が大多数だと思う。その中で、ボランティアでいいからせめて東京オリンピックに携わりたいと感じる方は多くいると思う。有償にすると、金銭目的の方も殺到すると思うので無償でもやりたいという方の気持ちに尊厳をおくべく無償でいいと思う。

・そもそもボランティアの意味は、自らすすんで無償で活動に参加する事だと思います。その観点からは、無償で参加すべきだと思います。ただ、ボランティアの参加希望者が少なかった場合、上記に記入したような宿泊等の面を金銭的にサポートするような考え方も必要になってくるのではないでしょうか。

・有償にしてしまうと本当に協力したいと思っている人がいる中でお金儲けに参加してしまう人もいるのではないかと思うと無償でいいと思います。ボランティアはあくまで協力したい、少しでも役に立ちたいと思っている人ばかりだと思うので無償でいいと思います。

・ボランティアと名前がついている以上は、無償でいいと思います。経費節減が掲げられていたので、無償だったものをわざわざ有償にすることはないと思います。有償にすると雰囲気が違ってきてしまうので、オリンピックのあたたかさを損なわないためにも、無償で行う方がいいと思います。

・日本ではボランティアは無償のものとされています。しかし、海外では有償のボランティアもあるという話も聞きました。現代はお金の無い時代です。無償では、なかなか人は動かないのではないかと思います。有償にすることに賛成です。

・私は有償に賛成である。なぜならオリンピックというとて大切なイベントで無償になるといい加減な気持ちで参加する人がでてくるからだ。賃金が発生するということはその分責任が重くなるということ。学生も多く参加するだろうが、有償にして高度な役わりだと認識してもらいボランティアに励んでほしい。

・有償の方に賛成です。無償だと集まる人数に限度がありますし、何でもかんでも無償奉仕しろというのはどうなのかなと思います。有償にした方がその金額に見合った人が集まって、質の高いものができるのではないかなと思います。

・有償も無償もあっていいと思う。ただ、有償の人はそれなりの責任や仕事内容じゃないと無償の人から見て不満がでる。無償でするなら、選手に会えたり、スキルアップ(言語など)が出来たりとメリットがないと集まらないと思う。

・参加する方からするともちろん有償の方が嬉しいですし、多くの人は有償だとやる気が上がると思います。気になるのはその有償はどこから来るのかです。オリンピック開催の費用が大きく膨れ上がっている今、無償でボランティアを募集する方が良いと思います。

・有償にしてしまうと、そもそものボランディアという趣旨が変わってくるのではないかと思います。無償でなかなか思うような人数が賛同できない場合は、有償の検討に入るとこもあると思いますが、東京オリンピックを楽しみ盛り上げる一因としてのボランディアだと思います。

・オリンピックボランティアであっても、専門性のある職業の募集に対してはある程度有償でもいいのではないかと思う。また給料という形ではなく、地方からの志願者への滞在費の補助などはあっったほうがボランティアが集まるのではないだろうか。

・ボランティアはそもそも無償という意味ではないので、条件や仕事内容によって有償にしても良いと思います。無償でも人は集まるかもしれませんが、全て内容次第だと思いますね。たとえば医者が無償で救急対応というのはどうかと思います。

・オリンピックという世界規模の催しなので、たくさんの人員が必要だと思うので、ここは有償にして、ボランティアを確保した方が集まりやすいと思う。土壇場になって、人員が足りませんでしたでは、始末もつかないと思う。

・かなり厳しい環境の中で、1日8時間も拘束されるのであれば、有償でないと参加者が十分に集まらない可能性もある。ボランティアも節度のある態度が求められるので、無償が理想かもしれないが有償も視野に入れたほうが良い。

・ボランティアは無償だとが良いと思う。有償にするのはボランティアという意識からは外れると思う。ボランティアは無償でも、昼食をつけたり、お金ではない何かがあると良いと思う。きちんとアルバイトとして仕事をさせるべきだと思う。

・有償にすることに賛成である。なぜならこちらとしても時間を使って働いているからだ。国がボランティアと名前つけていいようにしているだけで自分だったら絶対に無償だとやらないと思うし、やる人も少ないとおもう。

・ボランティアが有償ってなんかおかしい気がします。ボランティアはあくまでも自主的に無償でするべきもの。誰かの支持に従ってしっかり仕事を行うのであれば、普通に雇用という表現でいいのでは。そのほうが責任感もでてしっかり仕事に携われる気がします。

・無償で良いと思います。有償にすることで本来の目的ではなく金銭目的の人が応募するのが嫌ですし、純粋な気持ちでボランティアに参加したい人が参加できなくなるのも可哀そうです。また、お金が目的で参加していると思われるのも可哀そうです。お金をもらうことで責任感が湧くという考え方も出来ますが、多額の税金が使われるのは心配です。

・無償であればより熱意のある人が来る事は間違いないと思いますが、お金が発生した方が、ボランティア側もよりやる気が出る事は間違いないかと思います。お金で戦力を雇うか、熱意のある勇士を募集するか。どちらもいていいのではないですか。

・オリンピックのボランティアのみ有償は反対です。その時点でボランティアではなく労働になってしまうからです。仕事として加わるのとボランティアとして参加するのでは意義も全く違いますし大会を支えようとする意識も違うとおもわれるからです。

・圧倒的に有償にすべきだと思います。これだけのビッグイベントで、無償での働きを期待するほうが間違えているようにも思えます。オリンピック自体が無償であるなら、ボランティアになることも理解できますが、自分たちは大もうけしているのですから、納得しかねます。

・有償化に賛成です。ボランティアといっても炎天下の中1日8時間の労働や作業を強いられるのだから、少額のお金でも良いので、お金という形で支給するべきであると思います。学生の身からすればボランティアに興味はありますが、その期間ボランティアをすることによってバイトができず収入が入ってこないと生活ができず現実的に厳しいので、ボランティアでお金が支給されれば参加する人も増えるのではないかと思います。

・ある程度は有償にしてもいいかなとは思いますけど、お金だと膨大な金額になって、そのお金はどこから出てくるの?と思うので、始めに話した企業が介入して、その企業の商品(例えば1000円分の実用的なもの)を報酬としてプレゼントするのはどうでしょうか。

・どちらとも言えません。有償でもいいとも思いますが、現実問題でその費用を国や東京都などが出せるとは思えません。だからといって全てを自己負担にした無償というのも、なんだか腑に落ちません。なのである程度、例えば宿泊費や交通費の一部負担、昼食を出すなどの配慮は必要なのではないかと思います。

・有償賛成です。拘束の時間が長いので予算があるならだしてあげたらと思います。せめて通うための交通費くらいはだしてもいいのではないでしょうか?予算が厳しいなら拘束時間を短くするなどして負担感を減らすといいと思います。

・有償に賛成です。給料並みの有償が必要と言えばそうは思いませんが、全く何もないというのもどうかと思います。暑い中長時間誰かの為に何かをする。そんな人たちに「ありがとう」の気持ちと「お疲れ様」の冷たい飲み物、「お疲れ様の1杯でも乾杯してね」というお心づけ。多少なりとも何かあればいいと思います。

・有償にしても無償にしてもどちらでも構わないと思います。例えば移動のサポートをする「運転免許」が必要となるような仕事に対しては有償にするといった資格が伴う仕事、または時間が変則的でシフト制や深夜・早朝といった仕事が多くなる部署には有償といった形で一部有償の部分を検討しても良いかと思います。

・質の高いボランティアを求めるなら、部分的(ある種の支出に対する補填という形で)に有償とするのは世の流れだと思います。何が何でも無償で、というのは所詮は夢想でしかないでしょう。もはや時代遅れです。質の良い大会運営をするなら、(部分的)有償は当然だと言えます。善意に期待するだけなら時代に逆行していますよ。とても成功は望めません。

・ボランティア、と名付けるのであれば無償であるべきだと思います。もっと高度で体力や時間的拘束が長いものは、ボランティアではなく違う呼び名で、有償スタッフとして雇用しても良いと考えます。そのことで雇用の創出へと繋がるかもしれません。

スポンサードリンク

参加する事で何を得られるか

例えば金銭以外の何かメリットを得られる、という方法もいいのかもしれませんね。

また、地方から来る方などへの条件付き援助など。

確かにボランティアは無償、というのが大前提であるという認識はありますが、その考えも古いのかもしれません。

東京オリンピックは、今後のボランティアの在り方について考えるきっかけになりそうですね。