meat_100

コストコの人気商品といえばプルコギビーフ!

そしてさらにプルコギポークも新たに発売されました。

ここで気になるのはどっちがプルコギが人気なの?という事。

そこで今回はwebで100人に「コストコのプルコギビーフとプルコギポーク、どっちが好き?」という質問のアンケートの結果をみてみたいと思います。

コストコのプルコギビーフがおすすめ!

コストコのプルコギビーフがやっぱりおすすめ、という人は100人中59人。

プルコギビーフおすすめの理由はこちら。

プルコギビーフおすすめの理由!

・普段は豚肉の方をよく食べるのですが、先入観でプルコギといえばビーフという頭があり、ビーフの方を購入します。フードコートのプルコギベイクも大好きです。味付けがしっかりしていて、牛肉も固くなくて美味しいです。

・ プルコギのたれにつけてあるものです。もともと味付けがしてあるので、フライパンで焼くだけで、おいしい1品になります。ポークより、ビーフのほうが、コクがあって好きですね。食べきれないときは冷凍保存しています。

・こちらは本音はポークなのですが、同居する家族のことを考えるとこちらの方へ手が自然と伸びてしまうのです。単身者以外ではおそらくそうなるのではないでしょうか。やはり家族の嬉しそうな顔を思い浮かべるとポークよりはビーフということですよね。私一人なら素食としてポークのプルコギにしますけれど。

・プルコギポークがあったことを知りませんでした。プルコギビーフは、子供達も大好きで甘辛の味付け、ボリューム感、そしてとりあえずやいとけば一品できる手軽さ、これが人気の秘密ではないでしょうか?ポークはわかりませんが、ビーフはこれからも買います。

・ビーフの方が高いので普段あまり買わないから食べたいのはビーフ。ただし価格が同じであればの話。ビーフの方が高いなら、プルコギポークも検討すると思う。主婦目線で見て、圧倒的に魅力的なのはビーフだと思われる。

・プルコギといえば個人的な感覚ですが、ビーフを想像してしまいプルコギはビーフのほうがおいしいと思います。家族もビーフのほうがすきなので、もしポークを買ってしまったらいつもと違うといって食べない可能性もあります。

・美味しいからです。牛肉もとても柔らかく、子供も食べやすいです。小分けにして冷凍しておくと、作るのがしんどい時や、メイン料理が決まらない時などにかなり重宝します。コストコにいったら必ず買います。店内で試食も!

・味もしっかりついているので焼くだけで豪華なおかずができます。またパンにもご飯にもうどんの上にものせて食べても美味しく頂けるので重宝しています。小分けにして冷凍保存をしておく事が出来るので必ず購入しています。

・プルコギビーフもプルコギポークも味自体は変わりありません。だから肉の柔らかいプルコギビーフの方が好きです。豚肉は札食べる機会が多いです。しかしビーフは高いのでなかなか食べる機会がありません。だからあえてビーフにしたいです。

・プルコギビーフの方が高いけど味がやっぱり好み。冷凍しておいて少しずつ切ってフライパンで玉ねぎ等と炒めて食べるスタイルが好き。ポークは安いけど味がきつくて脂が多い。お得で栄養面でも良いことはわかっているが舌が受け付けない。

・牛肉の美味しさを感じることができるプルコギビーフを選びます。柔らかい牛肉と少し甘めのプルコギ味がたまらなく美味しいためです。焼いて丼にして半熟玉子をプラスしたり、焼うどんにプルコギビーフをプラスしたり、どんな料理でも美味しくなります。

・プルコギポークよりも、プルコギビーフの方が牛肉の味がプルコギの濃いめのたれににマッチしていると思うので、そのまま焼いたり、野菜と一緒に炒めたり煮込んだりしてとても美味しいです。牛肉の方がより肉質が軟らかく感じて、子供にも食べやすいのも魅力的です。

・プルコギの素を買えばプルコギポークはいつでも作れそうだけど、牛肉はあまり買わないからです。プルコギポークは単体で食べるだけというイメージですが、プルコギビーフはサンドイッチにしたり丼にしたりとアレンジが利く点も魅力です。

・プルコギポークはまだチャレンジした事がないので、プルコギビーフ派です!プルコギビーフそのまま炒めて食べるのもよし、パンにはさんで食べるもよし、コロッケの具にするのもよし、野菜にはさんで食べたり、バラエティ豊富にお料理できるからいつもプルコギビーフです。

・プルコギといえばビーフだと思う。味付けも甘めで美味しいので、牛肉の方が合うと思うし、本場韓国でも牛肉なイメージがあるから。野菜との組み合わせが、最高だと思うし、量も多くてみんなで食べられるのがいいと思う。

・スーパーなどで買い物をする際は豚肉か鶏肉を買う事が多く、牛肉料理を作る事はあまりありません。しかしコストコのプルコギに限ってはビーフを選びます。炒めるだけで簡単なのに珍しい牛肉料理に家族も喜ぶので助かります。

・断然、ビーフに限ります。牛肉と豚肉の優劣はつけがたいですが、プルコギのような辛みを帯びた味付けの濃い肉料理には、ビーフの方が絡み合い、美味しく感じるからです。ポークは豚しゃぶを始めとしたサッパリメニューとして食べたいです。

・元々自分の中で、プルコギのお肉=牛肉というイメージがあるのと、あの甘辛い味付けが、牛肉の方があうように思うからです。また、普段はあまり炒めたお肉料理を食べない子供たちも、プルコギビーフは本当によく食べてくれるので、子供たちも好きな味なんだと思います。

・どちらもかなり好きです。この2つを買うためにコストコに行っている友達もいます。自分は味的に甲乙つけがたいですが、どちらを買うか決めるならビーフの割安感がやはりずば抜けているので、プルコギビーフを買います。

・以前はスジも多く、あまり買いませんでしたが改良されてからスジも少なくなり美味しくなりました。ポークも美味しいですが、プルコギの味自体ビーフの方が合うと思います。欲をいえばもう少し細かく崩れる肉を減らして欲しい。

・牛の味が、本格的なプルコギ感を出している気がする。そのままご飯と炒めてプルコギチャーハンにすることもありますが、これが豚だと、脂っぽく仕上がってしまうので、プルコギビーフの方が、汎用性が高いと思います。

スポンサードリンク

コストコのプルコギポークがおすすめ!

一方、コストコのプルコギポークがおすすめという人は100人中41人。

プルコギポークがおすすめの理由はこちら。

プルコギポークおすすめの理由!

・理由は簡単です。価格の差というですよ。もちろん値段が同一ならばビーフを選びますが、こればかりは消費者にはどうしょうもないことなので。どちらも非常に量が多くてリーズナブルであるという点は同じですが。ヘルシー志向という点でもビーフの方に軍配が上がるでしょうが、私はポークも大好きですからその点の不安も不満も抱いてはいません。

・もともとポークよりビーフが好きなので牛肉のほうを選びます。また、味付けがプルコギポークのほうは辛すぎました。たくさん買って家族で食べるとなっても、辛いのが苦手な人は食べられないので、値段は高いですがビーフを買います。

・ディナーロール同様、お安く買えるプルコギポークを選びます。私の場合ポークの方がいろんな料理にアレンジがしやすいんですよね。なんだかんだで量が多いので、違う料理にちゃちゃっと変換できるポークの方がありがたいです。

・プルコギポークのほうが、焼きあがった時のお肉の柔らかさが圧倒的です。またビーフに比べて口に入れて噛んだ時のお肉の臭みというか、癖が全くないので子供も大好きですし、お弁当に入れた場合も冷えてもとても食べやすいです。

・鍋としてのプルコギはビーフだと思います。しかしプルコギの甘辛い味付けはビーフもポークも合うと思いますが牛肉と豚肉だと豚肉の方があっさりして多く食べることができるので、特にコストコなどで量が多い時はプルコギポークで、こちらの方を選びます。

・味付けは一緒でも、うちはポークの方が好きです。もともと牛肉は買わないですし、時間がたっても肉質が柔らかいのはポークですよね。お弁当に入れてみたり、温泉卵と一緒に乗せるとご飯が足りないくらい、よく食べます。

・プルコギポークは、「たれ」と豚肉の愛称が合ってい過ぎてビックリしました。つい一緒に出される白いご飯も食べ過ぎてしまいます。 我が家でのプルコギビーフは、言ってしまえばおなじみでフードコートでのプルコギベイクでも味わえますが、ポークときたらビーフ以上に「ご飯」に合います。絶品です。

・私はビーフの味や臭さが苦手なので、普段からポークを食べているので、プルコギポークにしてます。一度ビーフも食べましたが、美味しいんですが、やはり臭さが少し気になった為、ポークにしてます。味自体はどちらも美味しいので、苦手なものがない場合、どちらでも良いと思います。

・ポークの方が美味しいです。プルコギのタレもコストコで売ってるのでそれを使うことの方が多いですが、買う時はポークにしてます。味がしみやすいのはきっとビーフだからタレを使ってすぐ作れる、と言うのもあるからかもしれません。

スポンサードリンク

プルコギはポークもビーフもどっちも人気!

発売後あっという間にプルコギビーフに並ぶほどに人気となったプルコギポーク。

個人的にもプルコギポークの方が好きですね。

アレンジもビーフよりやりやすい気がします。

両方試してみるのが一番ですが、これから買う方は是非ご参考ください!