Child0001

子供を寝かしつけたいけど、なかなか寝ない。

大人になれば疲れているとすぐ寝られるのに、子供はそうもいかない。

寝かしつけるつもりが逆に寝てしまった、そんな経験をしている親御さんも少なくないはず。

そこで今回は子供を寝かしつけるためにみんながどうしているか、皆さんの意見をみてみましょう。

スポンサードリンク

子供を寝かせるための工夫とは!

・お昼寝は午前中に済ませるか、午後なら15時までに起こします。午後はなるべく体を動かして遊ばせて、体力を使わせます。20時になったら、テレビや電気を消して寝るモードにします。ぬいぐるみやお気に入りの積み木のおもちゃなどにも、おやすみーと挨拶をさせて、寝る時間なんだということをわからせます。

・まず、日中にできるだけ運動させ、自然に疲れて眠くなるようにします。就寝時間前は、好きなテレビやビデオを見せたりしますが、あまり長くなると興奮するので時間は短くします。最後に、いつも寝る時に身に着けるベスト、お気に入りの音楽の出る玩具を用います。

・朝7時までに起きるようにして、午前中は外遊びまたは支援センターで遊びます。なるべく体を動かしてエネルギーを消耗させると寝つきがいいと思います。夜は歯磨きを済ませたらテレビを消して電気を暗くします。寝つきが悪い時はホットミルクを飲ませています。

・毎日寝る時間を決めて、必ずその時間に眠るという習慣を作っています。就寝時間の30分ほど前から声掛けを行い、寝るための準備を始めます。また、寝る時間になると電気を消して静かな環境づくりをしています。寝かしつけを行う私自身も一緒に寝るのだという雰囲気を作るようにしています。

・手始めには子守唄を歌い、なだめました。基本は寝入るまでは独りにしないということでしたよ。子供が興味を持てるようなことで気を引いておいて時間をかけて遊ばせておくといつしか眠っているということが殆どでした。安心させてあげると心地良く眠りについてくれるようです。

・毎日、寝る直前にシャワーを浴びているため、その前にたっぷりと遊びを通じて運動をさせています。あわせて子供たちはスマホやタブレットでYoutubeを見るのが好きなのですが、ブルーライトを浴びると寝付きにくくなると本で読んだので、寝る1時間前にはスマホやタブレットなど見せないようにしています。

・早い時間に夕食を取らせ、入浴も早めに済ませます。体力が余っていて一日の運動量が足りないなと思ったときは、部屋の中で少し遊んであげます。ただし、子供が遊びで興奮しすぎると逆効果です。とにかく、入浴後パジャマを着せたら思い切り甘えさせてあげましょう。疲れてくれば、眠くなりベットへ行こうと手を引くか、途中クッションかソファーでで寝てしまいます。

・大人がテレビを見ているといつまでも起きているので、親も一緒に寝てしまうのが一番よいと思います。寝たふりでも有効です。部屋を暗くして静かにすることもポイントです。昼間しっかり体を動かしているとわりと早めに寝てくれます。

・早く寝るためには、早く起こすことが肝要だと思います。6:00には起こすようにしています。寝るときは本を読んだりしています。日中は運動させる方が早く寝付けるようです。カフェインが入ったものは朝のみにしています。

・まずは寝る時間を毎日同じ時間にする。寝室は薄暗くして寝かせたい時間の30分前にはお風呂などやることをすべて終わらせ寝室に行くようにする。テレビなど刺激のあるものは消して、絵本を読み聞かせるなど落ち着いた雰囲気をつくる。

・子供の寝室のテレビを点けて誘い出すことから試みます。それでだめならば子供向けの音楽、例えば童謡や沖にお気に入りのアニメの歌を聴かせてやればたいていていはおとなしくしていて、頃合いを見てふとんへ入れるのです。成功率は8割程度でしょうか。軽食を摂らすのも時には必要ですね。寝る前の歯磨きを忘れさせてはいけませんです。

・日中ひたすら体を動すために公園などにいく。無駄に歩かせたりして、少しでも体力を使う。外に出られない時には、室内で頭を使うような遊びをして、脳が疲れるようにする。昼寝が夜に響くような子であれば、昼寝をさせない程度に疲れさせる。

・朝、早く起こして、お昼寝をダラダラさせず、よく遊ばせて、疲れさせる。寝る前に絵本を読んだりして寝る前の習慣を作ってみたり、あまり興奮させるような事は控えます。オバケさんは恥ずかしがり屋だから早く寝ないとオバケさんが遊ぶ時間が無くなっちゃうよーと聞かせたこともあります。

・なるべく昼間体を動かして、必要以上には昼寝をさせないようにしています。また、次の日が休みでも、いつも通りの生活を心がけて、決まった時間に子供が眠くなるようにサイクルを作るよう心がけてます。時間はかかりますが、有効です。

・寝る一時間前には、なるべくテレビを見せないようにしています。すぐに寝そうな時は、好きな本を二三冊読んであげます。全然眠りそうにない場合は、子どもには難しい論語などを読んであげています。すると、ぐっすり寝てくれます。

・とにかく我が家は家を暗くしてしまいます。20時になったらテレビや蛍光灯の明かりは消して、間接照明などのオレンジ色の灯りだけにします。寝室以外は基本真っ暗です。その後にお布団でゴロゴロしながら遊び絵本を読むというルーティーンをすると9時前には寝てくれます。

・規則正しい生活を心がけています。子供の手本になるよう親である私もあまりだらたらしているところを見せず、一緒に布団に入って添い寝します。昼寝を長くとりすぎず、適度な運動を取り入れて自然に眠くなるようにします。

・夜はテレビを早めに消し、自分もインターネットを早くやめて布団に入る。絵本を読んだりお話ししたりしながらゆっくりと過ごす。いい香りのアロマなどを焚きながら寝ることもある。とにかく目がさめるようなことは避けて過ごす。

・子どもは朝の起床時間から体内時計が起算されるので、なるべく6時30分~7時までの間に起こすようにしています。するとお昼寝もスムーズに寝入り、15時頃までに起こすと夜の寝入り時間も程よく前倒しになっています。

・大人も観たいテレビがあってもテレビを消し、一緒に寝室に行ってベッドに入るようにしています。暖かい飲み物(ミルクなど)を飲ませ、部屋を薄暗くして眠るまで絵本を読み聞かせたり静かにお話をしたりして添い寝をします。

・明るいうちに夕方、公園や家の周辺の散歩をして疲れさせる。また、夕飯をたくさん食べさせることです。お腹いっぱいにしておくことです。早くお風呂に入って決まった時間に布団に入り、部屋を暗くすることです。静かにしておくことです。

・眠くなっちゃったから、一緒に寝ようといってみたり、お布団のうえで一緒に本を読もうとか、とにかく布団につれていく。日中の活動時間をみなおして、日に当たるようにしてみたり、体をたくさん動かして夜に寝やすい生活スタイルにする。他に、なるべく決まった時間には布団に連れて行く。

・早めに寝てほしい時は、夜寝かしつける前に体を動かす遊びを一緒にする。普段は部屋の照明を少し暗めに設定し、テレビの音量も昼間より少し下げている。昼間はなるべく外に出て、体を動かすようにさせることでよく寝てくれる

・体力が有り余って寝ないことが多いので、昼間に沢山遊ばせ昼寝の時間を減らします。また、主人が帰宅してから室内でできる身体を使った遊びをめいっぱい楽しんでもらい、すぐにお風呂に入って寝室まで行きます。そうすると、比較的早めに寝てくれることが多いです。

・まだお昼寝をするので、お昼寝の時間を調節しています。自転車や車に乗せると寝てしまうことが多いので夕方はそのような乗り物に乗せるのは避けています。また、お風呂や食事の時間を早めにして寝る1時間前には落ち着いて興奮しないようなTVを見せるようにしています。

・基本的には一緒にお布団に入るまでは起きているのでお風呂や家事などを早く済ませて夜9時には寝室に一緒に入る事を心がけています。お布団に入ってからは少しお話をして(たまに絵本を読み聞かせて)お布団に入るとすぐ眠ってくれるのでなるべく早くお布団に入れる様にしています。

・日中になるべく外で遊んで疲れてくれるとすぐに寝ます。雨の日は外で遊べないため、親が付き合って家の中で頑張って遊びます。お風呂に浅くお湯を張って水遊びをすると結構疲れてくれますよ。でもいちばん効くのは朝早く起きることです。カーテンを開けて寝ると眩しくていつもより早く起きて来ます。

・朝早い時間に起こすことです。朝の時間がずれてしまうとその日一日のリズムが全部崩れてしまうので、お休みの日も早起きするように心がけています。夜に心がけていることは、早めの食事とお風呂です。何時までに寝室にいくか、というのを子供に事前に伝えてお互いに早く寝られるように努力しています。

・お昼寝を早めにさせること。15時までには起こす。また起きてるときは、いっぱい身体を動かせて疲れさせるよう、外でたくさん歩かせる。夜ご飯、お風呂の時間を早めにして、夜はゆっくり過ごすようにする。絵本をひたすら読んで眠くなるのを待つ。

・とりあえず、一緒に横になることが1番だと思う。そして、動かないと眠くはならないのでしっかり日中に動いて、ご飯を食べて、風呂までをだいたい20時頃には終わらせておく。そこから寝るためにゆっくり過ごせるようにしておく。

スポンサードリンク

子供が早く寝るための鉄則!早起きも大事!

やはり

・昼寝は早め

・昼間よく活動するようにする

というのは早く寝かす鉄則。

そして寝る時間を習慣づけるというのも重要ですね。

また早起きも大事との事。

どうしても30分くらいは寝かせるのにかかるもの、そこはもうそういうもんだと思って一緒に寝るまでの時間を楽しむのがいいのかもしれませんね。

みんなの意見が参考になれば幸いです。