child_1538557139

冬になると大変なのが子供の病気、特にインフルエンザは要注意。

どんなに予防していてもかかってしまう時もありますよね。

そこで今回はインフルエンザにかかった時の子供の食事、みんながどうしているか意見を聞きました。

是非ご参考ください。

スポンサードリンク

子供がインフルエンザにかかった時の食事!王道はおじや・うどん

・インフルエンザにかかったときの食事は、子供が食べたい、おいしいと感じるものを食べさせています。初めは通常の風邪のように、おかゆ・うどんなどやわらかく消化がいい炭水化物を準備していましたが、インフルエンザのときは特に食欲がないようで、おかゆ・うどんは食べませんでした。そのため今は、りんごジュース、ゼリー、アイス、プリンなど、やわらかいお菓子・ジュースをインフルエンザ時の食事にしています。糖分が多く心配ではあるのですが、おいしくないものを食べてもらうよりも、子供のストレスも少なく、楽しそうに食べてくれるので、子供がおいしいと感じるものをあげています。

・熱があって食べられない時は、無理に食べさせず、水分補給だけを心がけています。少し食べられるようになったら、その時に子供が欲しがるもの(アイスクリーム、プリン、ゼリー)などを与えています。アイスクリームなどは少量でもカロリーが高いので、熱があって食べられない時にはいいと小児科の先生に聞きました。それ以来アイスなどを欲しがる時は食べさせています。

・インフルエンザにかかってしまった時の食事としては、食欲が無いような場合は、おかゆやうどんなどの胃に負担がかからない物にしています。熱が下がってしまったら、食欲も徐々に出てくるので体力が回復するようなメニューを考えています。シチューなどのスープ類にして、いろいろな野菜などもたっぷり入れて、消化にも良いように工夫しています。

・食欲がある場合は、お粥やうどん、おじやなどにしています。温かいもののほうがいいかなと思うので、鍋焼きうどんとか、卵を使ったおじやとかにすることもあります。食欲がない場合は、とりあえず水分は補給させて、食べられる分だけ、スープやゼリーなどをあげています。あと、りんごをすったものや、お豆腐のすり流し、オーエスワンなどです。

・たくさん栄養を取らなきゃと思いがちですが、インフルエンザにかかると消化機能も落ちているので、消化のよいものを与えたほうがいいと聞き、ありきたりですがおかゆです。他に湯豆腐も、消化がよいうえにたんぱく質が取れるので風邪やインフルエンザの時にはいいと聞きました。あとはポカリスエットでしっかり水分補給を心がけます。

・インフルエンザにかかってしまったら、はじめは高熱で食事も口にしたくない状態になります。とりあえず、水分補給が出来れば良し、と考え、本人の口にできるものを食べさせます。例えば、アイスクリームやゼリーなど、喉が痛くても飲み込みやすいものから食べさせています。少し回復してきたら、うどんやにゅう麺など、消化のよさそうなものを作りました。汁気があり、塩分も補給できるので、汗をかいた後にはちょうど良いようです。

スポンサードリンク

ウィダーインなどのゼリー飲料・ポカリも

インフルエンザで食欲がない時の栄養補給方法として、ウィダーインなどのゼリー飲料・ポカリも人気ですね・

・インフルエンザの時はスーパーなどで売られている茹でうどんで、薄味の煮込みうどんを土鍋で作ります。土鍋で作ると冷めにくいので、食べる気持ちになった時に、丁度良い温かさと柔らかさになります。食欲が出はじめたら、卵入りのおじやを作ります。食欲が湧かないときには、子供が好きな菓子パンやカステラなどのお菓子をテーブルの上に置いて視覚から食欲が湧くように促します。どうしても食事が喉を通らないときは、ウィダーインゼリーなどエネルギー補給できるゼリーや飲料を与えます。

・インフルエンザにかかってしまった場合は、食欲が落ちてしまいますので、OS1やポカリスエット、アクエリアスといった水分補給はこまめに摂るようにして、少しでも食べれるのであれば、おかゆやバナナ、ヨーグルトなど柔らかい食事をあげるようにしています。インフルエンザが回復方向に向かってきたら、硬さを少しずつ増したもの。豆腐やお茶漬けなどをあげて元の食事に戻れる準備をしていきます。

・基本的に消化の良いうどんやお粥にしています。でも、味が単調になってしまうので、野菜や卵も入れて、毎回違った食事に見えるように工夫をします。どうしても食欲のない場合は、ウイダーインゼリーのような栄養のあるゼリーを食べさせています。果物も水分の多いリンゴや少し高価ですがイチゴを出して、子供の気分を高めてあげるようにして、回復を早めます。

・まだ高熱の時は、インフルエンザになってしまった本人が食べたい物を食べさせるようにしています。特にない場合は、エネルギーチャージ系のパウチに入ったゼリーや、レトルトパウチの玉子粥などを用意します。その中から、本人が食べれそうなものを食べてもらっています。飲み物はポカリスエットを水で薄めたものを飲ませています。