rurouni_00

今なお様々な企画・コラボで話題になっている人気コミック「るろうに剣心」

連載も再開され、新しるろうに剣心も始まりファンにとっては嬉しい限りですね。

そこで今回はジャンプの名作コミックの一つ、「るろうに剣心」についてみんなの感想を聞いてみました。

スポンサードリンク

るろうに剣心面白い?つまらない?コミック感想!

・剣劇を明治初期に設定する作者のセンスが素晴らしい、という一言に尽きる作品です。連載が終了してから既に20年近くとなりますが、熱心なファンが現在でもコスプレ等で活躍している作品という認識があります。旧きを棄てて新たしきに去る、という時代の中を矜持を保って剣を活かす、という登場人物達に好感が持てました。

・るろうに剣心は、実写映画をきっかけに原作を読むようになりました。主人公のビジュアルは女性にも人気がありますし、今どきの学生から大人の世代まで楽しめる作品であることが根強い人気の理由のひとつだと思います。また、日本の歴史と流浪人のシリアスなストーリーに恋愛も絡めているところが、飽きずに楽しめます。

・アニメ化もされた作品で、キャラクターそれぞれが魅力的で、またそれぞれの過去も絡んだ関係性に読みごたえを感じます。特に志々雄真というキャラクターが印象に残っています。初めに出てきた時から予感がしていましたが、主人公の剣心が一番手こずった相手でした。

・映画化にもなってとても有名です。剣心がかおるを守るために適と闘い抜くシーンは、女性ファンもキュンキュン間違いなしだと思います。また個人的にオープニングなどもよいため、音楽ファンもいるのではと思います。

・人斬りだった主人公 剣心が殺さず誓いを立て、自分の周り人たちを守るストーリー。当時は思わず真似をしてしまうような技や個性が強い登場人物がとてもかっこよかった。とにかく主人公が強く、見ていてすっきりするストーリーだった。

・完結した作品を引っ張り出すことにはあまり賛成出来ないところもあるのですが、北海道編を読んでみるとやっぱり面白い。こういう再起動なら大歓迎できます。懐かしのキャラクターが姿を見せるので、旧作ファンにも嬉しいところです。かつての連載時に抱いていたワクワク感を思い出しました。

・やはり京都編が一番面白かった。連載を読んでいた当時は十本刀のメンツのキャラクターの濃さにワクワクさせられ、クライマックスには各陣営の総力戦があり、普段スポットの当たらないキャラクターにも活躍の場が与えられたのがよかった。全体的に資料があまりない時代でも明治時代の描写がしっかりしていたのがいい。また最初の方の繊細な絵柄も味わい深い。

・週刊少年ジャンプに長く連載した超人気作品。幕末、明治の激動の時代を背景にした物語。キャラクターのかわいいからかっこいいいまでの幅があるのが魅力的。絵のタッチもわかりやすく、読みやすい。初心者にもお勧めの一冊。

・みんな色々なものを背負って一生懸命生きています。時代のせいもあるのでしょうが、登場人物みんなが芯があってかっこいい生き方をしている気がします。それを見るだけで涙腺がゆるんでしまいます。私も見習って生きていきたいです。

・とにかく面白いの一言です。主人公を始めとして魅力的な登場キャラが多いでです。特に敵である志々雄真はかっこいいです。デザインが秀逸です。ぜひとも読んでほしい作品です。最近になって続編である北海道編が出ましたがこちらもおすすめなのです。

・幕末から明治初期のお話です。バトル漫画ですが新選組や当時の政治家等が実名で登場するので時代背景等も楽しめると思います。主人公(剣心)と仲間たちの個性はもちろん敵の個性が強く私は敵キャラの考えに共感する箇所も多々ありました。今後連載される北海道編も楽しみにしています。

・連載初期の少し耽美な雰囲気がすき。最初から最強の主人公が戦いに疲れているのがいいね。後期はジャンプ漫画らしくバトルものがメインになるけど、それはそれで名セリフ名シーンが多い。前期は女性人気、後期は少年人気があったというのもうなずける。

・昔から読んでいて好きでした。正直に言えばちょっと長く続きすぎかなとも思いますが、最近スピンオフや続編も出てきて、それらも読んでみるとやっぱり面白かったです。新作に、昔出てきたキャラクターが出てきてくれないか楽しみにしています。

スポンサードリンク

るろ剣北海道編も注目!

新しく連載も始まったるろうに剣心、こんどの舞台は北海道。

これからるろ剣を読み始める人も、昔からるろ剣ファンの人もどちらの方にもおすすめです。

幕末・明治の素敵な世界観と登場人物に酔いしれてみてはいかがでしょう?