東京駅直結、グランルーフの天ぷら屋さん天喜代

tenkiyo01

こちら写真は東京駅すぐの天喜代さんというお店で出している豪華天丼、大江戸天丼(こちらは「冬の大江戸天丼」)です。

なんとこちらの天丼、JR東京駅直通のグランルーフにある店舗で食べる事ができます。

東京駅から近くてアクセスも超便利、もちろん大江戸天丼以外にもたくさん天ぷらメニューがあります。

電車・新幹線に乗る前にちょっとご飯、といういう時にも利用しやすいのは嬉しいですね。

スポンサードリンク

天ぷら屋さん天喜代へのアクセス詳細は?

天ぷら屋さん天喜代、および東京駅グランルーフへの行き方は比較的わかりやすくなっています。

東京駅改札内から目指す場合は、八重洲地下中央口を目指しましょう、改札を抜けた先にグランルーフがあります。

tenkiyo02

東京駅八重洲側の地下にあると覚えておくと行きやすいでしょう、天ぷら天喜代はグランルーフのちょうど中央エリアに位置します。

注目の大江戸天丼の他にも天ぷらメニューがたくさん

天喜代には天丼以外にも天ぷらメニューがたくさんあります。

例えばランチ、お手頃でお得な値段のランチメニューが用意されています。

tenkiyo03

また、天喜代では夜も豊富なメニューに加え、季節限定の天ぷらメニューなども用意されています。

複数人で天喜代に来てもお互いの好みにあわせてメニューをチョイスできるのが嬉しいですね。

東京駅直近、天喜代注目の大江戸天丼は!?

さて、今回の目玉でもある天喜代の豪華天丼、大江戸天丼。

まずは天喜代店頭の看板・ディスプレイが目を引きます、人が行きかう東京駅の中でもひときわ存在感を感じます。

tenkiyo06

tenkiyo07

大江戸天丼がテレビで紹介されたというポップも表示されていました。

そのボリュームたるや、というインパクトですが、はたして実物も遜色ないのでしょうか、早速入店して注目の大江戸天丼を注文をします。

天喜代の店内はテーブル席メインの、カウンター席が少々、東京駅直結とは言いつつ、しっかりスペースがあります。

管理人はおひとり様だったためカウンターに通されます、目の前で天ぷらを揚げている様子を伺えるカウンター席です。

早速、大江戸天丼を注文、ご飯の大盛りについて確認されました、無料という事なので大盛りでお願いします。

天ぷらも結構なボリュームですが、まぁ問題ないでしょう、という事で。

まだお昼11時前半で空いていたこともあり10分と立たずに大江戸天丼が着丼します。

噂にたがわないインパクト、完成された盛り付けの天喜代 大江戸天丼

さて、本当に看板、ディスプレイ通りなのかとワクワクしながら大江戸天丼を待っていたわけですが、期待を裏切らない盛りっぷりでした。

出てきた天喜代の大江戸天丼がこちら。

tenkiyo08

これはデカいですね、まさか東京駅でこんな豪華な天丼に遭遇できるとは!

横から天喜代の大江戸天丼を見るとこんな感じです。

tenkiyo09

天丼の蓋がうまく支えになっているんですね。

さて、ご飯の方はというと、しっかりと天丼のタレがかかっています。

tenkiyo10

しっかりとタレに染まっているものの、タレの味が濃すぎないため、最後までくどさを感じずに天丼を味わう事ができます。

tenkiyo11

また、蓋は天ぷらの一時避難場所として使用できます。

天喜代の大江戸天丼、量は多すぎない?

さて、「これだけこんもりだと、大江戸天丼はやっぱり量も多いんでしょう?」というのが気になるところ。

ところが実はそこまでドカ盛りというわけではないんです、この天喜代の大江戸天丼。

実際に乗っている天ぷらですが、まずは下仁田ネギ、カキ、レンコン、エビが2尾。

今回は冬バージョンという事で、上記の天ぷらが乗っています、どうでしょう、これだけ見ると普通の天丼の量とあまり変わらない気もしますね。

天喜代の大江戸天丼にはそこにアナゴが1匹加わります。

更に言うと、丼にたらこの添え物と、別皿でおしんこ、味噌汁がついてきます。

つまり天喜代の大江戸天丼ですが、豪華な天丼で、ちょっとだけ天ぷらの量も多いけど、決してくいしんぼ向け大盛り料理、っていうわけではないと理解頂けると思います。

この天喜代の大江戸天丼、男性だったら意外とイケちゃう量なのです。

もりろん、大江戸天丼は味も人気店としての看板も裏切りません、さっくりと揚がった天ぷらは絶品です。

ちなみに秋葉原のひさごにも、「大名天丼」というダイナミックな天丼が楽しめるお店があります、ちなみにこちらは限定メニュー。

秋葉原ひさごで「大名天丼」!大食いじゃなくても食べられる高級絶品天丼!

スポンサードリンク

天喜代の大江戸天丼、ちなみに気になるお値段は?

今回頂いた天喜代の「冬の大江戸天丼」、気になるお値段1,800円。

ちなみに天喜代では他のてんぷらランチのお値段が1,000円くらい、東京駅近くという意味では相場通りかもしれませんね。

せっかく東京にきたから、思い出に残るものを、というのであれば、捉え方によっては大江戸天丼のお値段、安いかもしれませんね。

しかも駅近くで、期待を裏切らない盛り付けぶりを堪能できます。

東京駅利用の際に天ぷらが食べたくなったら是非

東京駅からのアクセスバツグン、メニューも色々選べて、目玉の大江戸天丼もある。

いかがでしょう、東京駅ご利用の際に天ぷらが食べたくなったら是非天喜代へ!

そしてせっかくなら思い出にも残る大江戸天丼のオーダーをおすすめします、一度目の前でそのインパクトを味わってみてください。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

極上のかつ丼、渋谷「瑞兆」(ずいちょう)!女性にもおすすめのサクウマかつ丼!

東京池袋で女性に人気のラーメン、壽のレモンそば!鶏白湯とレモンのハーモニー

新橋 味覚で超激辛の石焼麻婆豆腐!煙で客が逃げるランチ?刀削麺も選べる!

ちなみにドカ盛関連はこちら

ラーメンと肉が好きならここに行け!秋葉原の肉汁麺ススム、レベルMAXのススメ!(ドカ盛注意!)

空腹時閲覧注意!秋葉原最強肉飯、タケルのステーキ丼の挑戦方法と攻略方法!

ココイチで1kgカレー10辛に挑戦!気になるお値段やメニューオーダー方法について!