育児パパの手探り奮闘記

家事・育児について、素人同然(それ以下)の管理人が、役立った情報や失敗談などをお伝えしていきます!

何コレ、ウマッ!!ってなったブリグラタンの作り方!ブリはブリ大根や照り焼きだけじゃない!

2017/05/22

Twitterの呟きから始まったブリグラタン騒動

ある日唐突に、ブリグラタンを作ろうと思い立ちました。

そもそもブリグラタンを作ろうと思ったきっかけは「チューボーですよ」です。

「女性が好きな洋食No1はエビグラタン」というチューボーですよのリサーチ情報を聞いて、じゃあグラタン作るしかないじゃんと。

でも家にはブリしかないなと。

ブリと言えば照り焼きだなと。

ブリグラタンなるものを作るわけにもいかないなと、そう思ってました。

burigura01

そして、実際にこの日はブリの照り焼きという無難な選択に逃げたのですが、多くのフォロワーの方から、「ブリグラタンいかないんかい」という反響を頂きました。

「こりゃ挑戦せなアカン。ブリグラタン作らなアカン」、フォロワーの皆さまの想いが届いた瞬間でした。

スポンサードリンク

さて、実際のブリグラタンのレシピです

というわけで、実際にブリグラタン作りました、ここからはレシピを淡々とお伝えしていきますね。

管理人は料理初心者レベル(自称)なので、皆さんにとってもハードルは高くないと思ってます。

まずはブリグラタンの材料から。

ブリグラタン5人分の材料

【ベシャメルソース】
強力粉:100g
オリーブオイル、もしくはバター:100g
牛乳:1,000ml

【具材】
ブリ:5~6切
マカロニ:100g
玉ねぎみじん切り:1玉
にんじんみじん切り:1/2本
ブロッコリーの小枝:10本くらい

【味付け用調味料】
塩コショウ:小さじ1目安
パルメザンチーズ:大さじ4~5

結構アバウトです、でもなんとかなります、ベシャメルソースの加減や味の加減は調理しながら調整できますので、目安レベルでいいんじゃないかなと。

ブリの下処理とベシャメルソースづくり

さて、では実際にブリグラタンを作っていきましょう。

まずブリの切り身は塩を振って30分くらいおいておきます、これ重要。

ブリの臭みをとりますのでやっておきましょう、水分と一緒に臭みが抜けます。

burigura023

ブリの下処理をする時はバッターがあると楽ですね、おうちにあれば使って下さい、ちなみに100均でも売ってます。

また、このタイミングで牛乳を鍋で温めておくとこのあとのベシャメルソース作りが効率よくなります。

では、ぶりの下処理中にベシャメルソースづくりに取り掛かりましょう、オリーブオイルまたはバターを弱火の鍋に入れ、強力粉を投入。

管理人はどっしりと固めのソースが好きなので強力粉を使ってますが、緩めのソースでもよければ普通の小麦粉で全然かまいません。

burigura03

粉が溶け込み、ルーのようになります。

ここに、あたためておいた牛乳(沸騰させる必要はないです)を加えていきます。

加えてはまぜ、まぜては加えてを繰り返します、ここも弱火でやりましょう。

ある程度粘り気が感じられるくらいまで牛乳を加えたらOK、ちょっと加えすぎたと思ったら少し煮詰めてリカバリします。

burigura04

味付けは後でやるので、そこまでできたら今度は塩を振っておいたブリをよく水洗いして臭みをとります。

ブリを茹でる、湯引きではなく茹でます

さて、ブリの下処理を引き続き行います。

通常の料理ではブリにさっとお湯をかけて湯引きする場合が多いですが、今回はがっつり臭みをとるために、ブリをがっつりお湯で茹でます。

あとで煮込むブリ大根等なら湯引きでもいいんですが、そのままグラタンの具として使う分、ここで茹でてしっかり臭みをとる方法を選びました、普通にお湯で数分煮ます。

burigura05

ブリを茹でたら、手で皮をとり、皮と身の間を重点的にさっと水洗いします、これで大分ブリの臭みがとれます。

あとはブリの骨をとりながら、やや大きめに身をほぐしていきましょう、こんな感じになります。

burigura08

グラタン用のマカロニを茹でつつ、他の具材の準備

さて、次はグラタン用のマカロニと他の具材の準備です。

まずはマカロニ、今回管理人はマカロニがなかったため、ファルファッレを使いましたが、ぶっちゃけなんでもいいです。

burigura06

ゆで時間マイナス1分くらいでゆでます。

マカロニ用のお湯を沸かしている間、および茹でている間に、他の具材の準備をします。

管理人はみじん切りの玉ねぎ、にんじん、あとブロッコリーの小房を選びましたが、これもぶっちゃけお好みでいいです。

今回はブリの下処理もあるので、すぐ火を通せるみじん切りを選びました。

みじん切りの玉ねぎ・にんじんは炒めておきます、ブロッコリーはチンして適当な大きさに切っておきます。

burigura07

ある程度火を通しておけば問題ないです。

ベシャメルソースにブリ以外の具材を投入、味付け

さて、お次はベシャメルソースを完成させます。

マカロニと用意した野菜の具材をベシャメルソースにドバーッと投入、味付け用の塩コショウとチーズを加えます。

味を見ながら、しょっぱすぎない程度に、くどくなりすぎない程度に味付けしてください。

煮込む必要はありません、あくまで具材を混ぜて味付けするだけなので。

ブリを盛りつけときましょう

さて、ぼちぼち最終段階、手でほぐしておいたブリを盛りつけます。

耐熱皿にほぐしたブリを並べます。

burigura09

ベシャメルソースをかけて、準備完了

ここまでできたら、あとはベシャメルソースをかけて準備完了。

burigura10

あとはオーブンにツッコんでブリグラタンを焼き上げるだけです。

引き続きオーブンに入れる場合と、冷蔵庫に入れておく場合

ちなみにこのまますぐグリグラタンをオーブンに入れるのであれば、200度の温度設定で10分もかければ完成です。

冷蔵庫で一旦保存しておいたブリグラタンをオーブンにかけるのであれば、200度で20分を目安に。

極上のブリグラタンの完成!!

さて、これでブリグラタンの完成です!

burigura11

身が大きくて食べ応え十分、ブリを堪能できます!

burigura12

スポンサードリンク

ブリグラタンのちょいメモ

さて、以上がブリグラタンなる、ありそうで意外と珍しいメニューのレシピとなりますが、ちょいと参考メモを。

小さいお子さん用のブリグラタンの場合

ブリは大き目ではなく、むしろ小さい方が食べやすいです、実際うちの子もそうでした。

チーズなどをお好みでブリグラタンに

ブリグラタンをオーブンにかける際、チーズをのせても〇、チーズバージョンもとってもおいしく頂けました。

定番のパン粉もブリグラタンに是非

今回はタイミング悪くパン粉が切れていたので使っていませんが、間違いなくブリグラタンに合います、是非。

ブリグラタンには生クリームもオススメ

濃厚なベシャメルソースをお好みの場合は生クリームもお試しを。

生クリームを入れて、残りを牛乳で、という感じで。

ブリグラタンは臭みとりがポイント

何といっても、臭みをとるのが大事。

妻も「ブリグラタンなんて得体のしれないもの作んないでよ、魚臭そう」と言っていた割に、「あれ、これおいしいね、全然ありだね」と絶賛してくれました。

臭みさえとってしまえばこっちのものです!

塩焼き照り焼き、ブリ大根の次に新たな選択肢を!

刺身がおいしいのはもちろんですが、家庭で調理しようとすると意外と料理の幅がないと思われがちなブリ。

どうでしょう、ここで一つブリグラタンを作ってみては?

きっと新たな料理レパートリーとして皆さんを助けてくれること請け合いです。

関連記事はこちら

ディナーロール買った人必見!保存方法やアレンジについてコストコ通が紹介!

料理ができる人あるある!こうなれば料理上手に近づける18項目!

絶対失敗しないコストコのプルコギ、アレンジレシピ!お手軽お好み焼きが大人気!

バーモントカレーに肉を2.5kg投入したらこうなった!超絶肉盛りカレーの作り方!

コストコでプルコギ買った人必見!冷凍の方法とオススメ道具、便利技を紹介!

スポンサードリンク

-料理・調理器具