_1542086579

レゴとプラレール、どちらも男に人気のおもちゃですね。

今も昔もお馴染みの玩具と言う事で、遊んだこともある親御さんも多い事でしょう。

今回はレゴとプラレール、どちらがおすすめか、人気なのかという点についてまとめてみました。

スポンサードリンク

レゴとプラレール、子供に人気なのは?

ブロックと言えばレゴ、電車のおもちゃと言えばプラレールというくらいみんなに人気のおもちゃ。

どちらが人気かというと、どちらも人気なことに間違いありません。

レゴもプラレールも遊びやすいという意味で子供にとってはとっつきやすいおもちゃです。

しかもどちらも組み合わせ次第で遊び方は無限大。

ではどちらがどのようにおすすめなのか、という視点から見ていきましょう。

プラレールのおすすめポイント

まずプラレールのおすすめポイントですが、電車好きの男の子には間違いなくおすすめです。

特別電車好きじゃなかったとしても、電車が嫌いな男の子はいませんからね、喜んで遊ぶおもちゃである事には変わりありません。

レールパーツを追加で購入する事で線路を組んでいく事もできますし、二階建て三階建てと立体なレールをくみ上げた時の興奮は言い知れません。

また、男の子に人気のトーマスとコラボしているのも人気のポイントですね。

スタートセットが充実しているのも見逃せません。

「プラレールで遊ばせたいけど最初に何を買えばいいんだろう」という場合でも、色々なスタートセットから選べば問題なく遊ぶ事ができます。

最近はドクターイエローがとても人気のようですね。

ドクターイエローを始め、珍しい電車も多くありますし、普段よく乗るような電車もプラレールでは取り揃えられています。

レゴのおすすめポイント

一方、レゴは世界中で愛されているブロック玩具。

親が子供の頃からある玩具でもあり、プラレール同様、家族で親しみを持てるおもちゃです。

その魅力は何と言っても多種多様な乗り物や建物をくみ上げる事ができる事。

製品の説明書通りくみ上げて楽しむもよし、いろんなブロックを組み合わせて思い思いの作品を作るもよし。

子供の想像力をかきたてる魅力的なおもちゃですね。

レゴとプラレール、選ぶポイントは?

さてレゴとプラレール、どちらも人気のおもちゃではありますが、選ぶポイントはあります。

どちらも人気だからどうしよう、と迷ったら是非次の内容を参考にして下さい。

プラレールを選ぶポイント

もし好きな電車があるのであれば、迷わずプラレールがおすすめです。

また、線路を組み繋げるというシンプルな構成ですので、子供が一人でも遊びやすいという事が挙げられます。

レゴですと子供が小さいうちは、何を作っていいかわからない、という事もありますので、その点プラレールなら「線路を繋げる」という目的が明確ですからね。

レゴはパーツが小さいため、ちゃんと片づけないとブロックをなくしてしまいがちですが、プラレールなら部品をなくすという事もあまりありません。

さらにキットによってはトミカと連携させる事ができるのも注目です、トミカも好きなお子さんはプラレールもおすすめですね。

レゴを選ぶポイント

一方のレゴですが、その汎用性はレゴより高いです。

その分慣れも必要なので、小さい頃は親が一緒に遊んであげる必要もありますが、一緒にレゴで遊ぶのは親としても楽しいものです。

また、プラレールはどうしてもレールを敷くための場所が必要になります。

広い家なら問題ありませんが、そうでない場合は遊ぶのに場所を必要としないレゴがいいでしょう。

レゴは他のおもちゃとの相性がいい点も注目です。

レゴでつくった建物や乗り物、パーツで他のおもちゃと組み合わせて遊ぶ事もできます。

ちなみにプラレールは電池で電車を動かす際に「シャー」と音が鳴りますので、そこまで騒音というわけではありませんが音が気になる方はレゴの方がいいかもしれませんね。

レゴとプラレールの追加投資について

最後にレゴとプラレールの追加投資について触れておきましょう。

追加投資というと少しニュアンスが違う気もしますが、レゴとプラレール、それぞれ楽しむためのお金の面の話です。

プラレールにかかる費用

プラレールは最低限のレールと電車があればそれなりに楽しめます。

レールはそんなに高くないため、たまに買ってあげて拡張できるようにするのもいいでしょう。

電車はレールに比べると少し高いですが、それでもレゴに比べると安いので、気に入った電車があるなら買ってあげるのもありでしょう。

どちらかというと電車を動かすための電池をちょこちょこ変える必要があり、当然電池も用意しておかなければなりません。

電池は充電式のものを用意しておくといいでしょう。

レゴにかかる費用

レゴはプラレールのように電池など玩具本体以外にかかる費用はありません。

その分お値段はやや高めです、安いものでプラレールの電車くらいします。

ただプラレールより長い期間遊べるおもちゃですので、じっくり集めていけばかなりの量のレゴが揃い、それこそいろんな物が作れるようになります。

もし下の子が生まれた時に女の子でも一緒に遊べる、というのもポイントかもしれませんね。

レゴとプラレールを楽しむポイント

どちらも人気のレゴとプラレールについて、選ぶポイントを並べてみましたが参考になりましたでしょうか。

最後にレゴとプラレールを楽しみつくすポイントについて。

どちらもパーツ(レール・ブロック)が揃えば揃うほど楽しみの幅が広がります。

プラレールであれば数車線のレールを組んで、複数台の電車をリモコンキットを使って遊んだり。

さらに立体型に組んで大迫力のレールセットを組んだり。

場所があるならとことん楽しみつくす事ができます。

レゴも他のおもちゃを控えてレゴに集中して集めた場合、かなりのブロックが揃うと思います。

そうなればあとは子供の想像力次第で色んなものを作れますし、そういう意味では知育にもいいですね。

スポンサードリンク

誕生日やクリスマスにもおすすめのレゴ・プラレール

もちろん、誕生日プレゼントやクリスマスにもお勧めです。

子供が小さいうちはどちらもスタートキット的なものがあるのでそれを選べば間違いないでしょう。

一緒に売り場に行っても色んな種類があって子供もおおはしゃぎ間違いなしです、きっと好きなものが見つかります!

長年愛されている玩具と言う事もあり、贈り物やプレゼントに鉄板と言えるレゴとプラレール。

是非今回の内容を参考に楽しんでいただければと思います!