ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生面白い?つまらない?

fantastic_00

既に大人気の映画シリーズとなっているファンタスティック・ビースト。

新作の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が上映スタートです。

ハリポタが好きでファンタスティック・ビーストを観ている方。

ファンタスティック・ビーストから新たに魔法ワールドのファンになった方。

多くの方を魅了するファンタスティック・ビーストシリーズ、今作は面白いのかどうか、みんなの感想を見てみましょう。

スポンサードリンク

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の感想評価

みんなのファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生感想はこちら。

・これまでのシリーズ通り幅広い客層に幻想的な描写で関心を集め、ファンには重厚なストーリーで唸らせる構成は健在で万人にオススメできる大作です。前作が新シリーズが始まる為のイントロダクションのような役割だったのを踏まえ、今作で一気にストーリー展開に注力した印象。ハリポタシリーズの前日譚的立ち位置であるのを活かした、名前だけは登場していたキャラ、あのキャラの昔の姿などなど、枚挙に暇が無い程にファン歓喜の小ネタが散りばめられていて興奮やまない映画体験となりました。

・ハリーポッターの本を読んでいたので、繋がりが分かったり、思い出したりする部分があり、面白かったです。ただ、本を読んだのが、すごく昔だったこともあり、いろいろな人の名前が混同したりして、思い出せない人や、どんな偉業をとげた人だったか思い出すのに時間がかかったところもありました。著者がハリーポッターを描いたときに、ダンブルドアの過去にここまでのストーリーをもともと考えていて、繋がっている部分にすごいなぁと思いながらみれました。ただ、ストーリーが速いのと、思い出したりしていたので、字幕についていくのがやっとで、映画中にすべてを理解するのが難しい、スピーディーな映画だった。映画館では、フラッシュする光がまぶしくて、少し驚きました。

・ハリーポッターシリーズ本編とはまた違った視点と言うか観点から描かれているのがうれしい。ハリーポッターでは年を取ったダンブルドアしか見てないけれど、ジュード・ロウが演じる若き日のダンブルドアが出てきたのはちょっと興奮した。前作に比べて大人向けと言うか、いろいろヤバい所もあったけれど、ハリーポッターシリーズが好きな人(小さい時に見てた人なら)なら、改めて大人になってから見るという意味では、おすすめできると思う。

・ハリー・ポッターと似たような世界観なのかなと思って、ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生を見ました。まずはじめに思ったのはやはりハリー・ポッターと世界観は似ているということでした。逆にハリー・ポッターのファンでないと楽しめない可能性もあります。ホグワーツが登場するので、ハリー・ポッターのファンには嬉しいシーンがおくつかあります。キャストがイメージに合っていて、違和感などは一切なかったです。

・前作よりも映像やアクションがすごかった印象です。動物達の登場が少なかったことが残念でしたが、動物達の可愛らしいシーンがあり、劇場でも笑いがちらほら聞こえました。登場人物が増えていて、ハリーポッターシリーズと頭の中で照らし合わせながら見るのが楽しかったです。この人、誰だっけ?という人が何人かいて、途中ネットで調べたくなりました。地上波でハリーポッターシリーズの最終話を放送していたので、より一層楽しめたと思います。ビーストの1もテレビで見られるので、また楽しめると思います。

・前作から2年ぶりの公開した、今回の作品冒頭から大迫力でした。グリンデルバルドがアメリカからヨーロッパに渡る際の脱走するシーンからスタートです。個人的にもうここから引き込まれました。その後、相変わらずかわいいニフラムちゃんも出てきて癒やされました。コワルスキーさんは相変わらずドジでかわいいおじさんでした。ティナとニュートの恋はほとんど進展せずちょい残念でした。話はドンドン進んでいきます。最後のクリーデンスがまさかのダンブルドア一族だとは、度肝を抜かれました。とっても楽しめました。早く続きがみたいです。

スポンサードリンク

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生見所は!

ちなみにみんなが選ぶファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の見どころはこちら

・登場人物の背景や、生い立ち、人間関係などを理解していないと100%楽しむのは難しいかなと思います。できることなら原作となった「幻の動物とその生息地」を呼んでおくと良いです。ストーリは見所と言えるようなところは少なく、やや退屈してしまいました。このシリーズは人気が高く、期待している分、少し裏切られた気分になりました。人気シリーズの続編やスピンオフを見るときは過度な期待をしない方が楽しむことができます。

・最初のシーンの映像美が凄かったので印象に残っています。スリリングな展開で心掴まれました。あとは、墓場での集会のシーン、ラストで青い炎に包まれて、リタやティナの妹が敵側に行ってしまうシーンは辛かったです。リタは婚約者やニュートを守って死んでしまうシーンがかっこよく、切ないシーンでした。最後に全員力を合わせてパリを守るシーン、それぞれの気持ちを考えながら切なく見てしまいました。錬金術師のおじいちゃんも可愛かったですが、全員かっこいいシーンでした。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生、ジニーデップの名演技にも注目

・見どころは、最初のグリンデルバルドを馬車のようなもので運ぶときに、実際にビルから落ちそうになる映像が、自分も乗っているように見えたりする映像が、よかったです。自分が飛び降りているように見える感覚が、見ていて、魔法の世界に入っているように見えたのでよかったです。魔法で戦うシーンや爆発シーンは見ごたえがありました。ジョニーデップの発音や、演説シーンも印象に残っています。あとは、ライオンの躍動感のある映像がすごくよかったです。

・全体的にコミカルさがなく、重たい雰囲気ではあったけれど、見どころとしては、黒い魔法使い「グリンデルバルド」と「闇払い&ニュート達」のバトルシーン。ド迫力だった。グリンデルバルドと若きダンブルドアの関係とかもいろいろヤバいが、グリンデルバルド自身の「黒い魔法使い」としての在り方は魅力的だった。心の弱みに付け込んで相手を支配するけれど、その反面で、今後起こるであろう大戦を阻止するためにそうしているという「必要悪」にも似た姿はジョニーデップの名演もあってかなり印象的だったように思う。

ダンブルドアに中もkのファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

今回の見所はなんといってもダンブルドアの若き日の姿。

・ダンブルドアの昔の姿は必見です。更に今作でも「アッ」と驚く意外な家族構成が明らかになっていき、早くも次回作が待ちきれないです。そして新シリーズの主人公「ニュート」と愛すべき魔法動物との関わりが見ていてほっこり。魔法動物達が幻想的で時に大迫力で視覚的に楽しいだけでなく、この先闇の魔法使い「グリンデルバルド」との戦いでも活躍していく事が示唆され、ストーリーにおいてしっかり意味のある立場であるのが素晴らしいです。

・一番印象に残っているシーンはリタ・レストレンジとクリーデンスが姉弟じゃないかっていうミスリードが違っていて、ダンブルドアがリタと話していたダンブルドアに妹がいたことが、後々の伏線になっていくシーンは鳥肌立ちました。まさかダンブルドア一族だとは、てっきりレストレンジ家の一族だとは思っていなかったので後からあっ!と思わされました。あと、クイニーがまさかのグリンデルバルド陣営に入ってしまったシーンです。純粋であるがゆえに愛があるゆえに、グリンデルバルドが目指す違う世界にあこがれてしまったんでしょうか。今後の展開が気になります。

スポンサードリンク

ハリポタファンも必見のファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

今回はダンブルドア先生の若き姿をはじめ、ハリーポッターシリーズ関連の見所映像が盛りだくさんのファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生。

ハリポタファン必見の作品ですね!

冬休みも上映しているのでまだ見ていない方は是非ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生をお楽しみください!

ちなみにファンタスティック・ビーストファン見逃し厳禁のBlu-rayセットも。

ファンタスティック・ビーストの世界観を味わえるアイテムがセットになっているファン必見アイテムです。

関連記事はこちら