ペルソナQ2ニューシネマラビリンス面白い?つまらない?

persona_00

ペルソナQ2ニューシネマラビリンスが発売!

ペルソナシリーズファン必見のタイトルですね。

ペルソナ5も発売され、しかもアニメ化されるなどペルソナファンにとっては嬉しい事が続くこの頃。

今回のペルソナQ2ニューシネマラビリンスはペルソナ5も参入、みんなの印象・感想を見てみましょう。

ちなみに関連情報はこちら

スポンサードリンク

ペルソナQ2ニューシネマラビリンス発売前の印象

ペルソナQ2ニューシネマラビリンス発売前のみんなの印象はこちら・

・以前のペルソナQをプレイしておりなかなか前作は楽しめました。以前もデフォルメされているとは言え、さすがアトラスというシナリオであったので今回も大いにシナリオには期待しています。作品のクロスオーバーとしてはかなりの成功作品になるのではと期待しています。

・歴代のペルソナシリーズのキャラクターたちが総出演する夢のゲームとなっており楽しみです。映画館の謎解きは一種の舞台装置ですが、その上を各キャラクターたちがどのよう掛け合いや戦闘をするのか原作シリーズを知っているほど面白そうな作品です。

・『3』と『4』のキャラを見事に共演させ、なおかつ独自の物語もキチンと着地させた前作という土台があるため、『5』キャラをメインに据えつつ『3』『4』のキャラも続投という豪華さが非常に嬉しいです。ゲーム的にも前作で気になった点(一部ダンジョンの謎解き難易度等)は解消し遊びやすくしているとインタビューで明言されているため、高品質なBGM等も含めて期待度は非常に高い作品です。

・派生物が増え、シリーズ化していくのは良いことだと思いますしコラボの機械も物凄く増えそうなのでとても楽しみに思います。なによりデフォルメキャラも可愛い上に等身も絶妙ですし、曲も色々使ってくれそうで期待大です

・ペルソナQ2ニューシネマラビリンスはペルソナ5が参戦するというのに期待してます。。前作ペルソナQが戦闘が単調で、事実上ある特定の行動でほぼクリアできてしまったので改善してもらえたらありがたいなと期待はしています。ペルソナ345のストーリーがどの程度語られるのかが楽しみです。

・前回のペルソナQ同様、マッピングシステムが充実しているといい。世界樹の迷宮のようにあまり難度が高いのはやめてほしい。3,4,5のキャラクターが全部出てくるので楽しみにしている。初回特典のBGMを早く聞きたい。

・ペルソナQ2はキャラクター達が可愛くデフォルメされているので、気軽に遊べそうなイメージを持っています。ダンジョンのマッピングは昔から好きだったので、自分で地図を書いていって完成させた時の達成感を味わいたいです。

・元々世界樹の迷宮シリーズがすきなのでペルソナキャラクターで迷宮シリーズが出来るのが凄く嬉しいです。Q1もプレイしましたが、Q1は途中の演出と音楽が相まって、夜やるととても怖い所がありプレイ断念してしまったのでQ2は終始明るい感じで進めたらいいな~と期待しています。

・過去のナンバリングの枠を越えたキャラクター同士の掛け合いがどれだけのパターンあるのかや、ペルソナシリーズをやりこんだ人が、どれだけ「ニヤリ」とできる掛け合いがあるのかを期待しています。ゲームそのものは絶対に面白いと思いますので、お遊び的な要素がどれだけ入っているかも期待しています。

ペルソナQ2ニューシネマラビリンス感想!世界樹シリーズファンにもおすすめ

ペルソナQ2ニューシネマラビリンスは面白いのかつまらないのか!みんなの感想はこちら。

スポンサードリンク

ペルソナシリーズの感想は

ちなみにこれまでのペルソナシリーズ・ペルソナQの印象感想も聞いてみました。

・ペルソナシリーズは無印から最新作でプレイしていますが、ペルソナQシリーズは投身をデフォルメ風にしクロスオーバーしただけでなくいつものアトラスだなというべき難易度でとてもやりごたえがありました。やはりアトラスは最高です

・このゲームは主要登場人物はもちろん他のキャラクターたちとのコミュニケーションに力を入れており、それがアルカナとして戦いに反映していることが面白いです。そのため一つ一つサブクエストもこなしていこうという気持ちにさせられるし、お使い感が少ないです。また高校生らしい悩みを主人公たちはそれぞれが抱え込んでいるので、プレイヤーたちは感情移入し易いのも魅力です。

・『3』から続くカレンダー形式のゲーム性は、プレイ時間こそ長くなりがちなもののバトル・日常共に常にやりたいことが持続し最後まで飽きさせない作りとなっており、RPGの新たなスタイルを確立しているなと感じています。『ペルソナQ』はダンジョンRPGというジャンルでしたが、同社『世界樹の迷宮』シリーズのノウハウとペルソナシリーズの魅力が存分に活かされており、非常に遊びがいのある作品でした。

・ペルソナ!は従来のメガテンシリーズとほぼ別物になってる部分で戸惑いは色々ありましたけれど、ファンとして極めてニッチな客層である事も自覚しておりましたので。こういう開拓しやすい方面に広がっていくのも良いのかな。実際ペルソナシリーズの人気はいまや世界規模だしと思いますが、やっぱりちょっとオシャレだなと・・・

・ペルソナシリーズは女性キャラクターがどんどん可愛くなっていく感じがしました。またゲームとしての世界観や完成度が高いので魅力がありました。個人的には過去のペルソナシリーズにはギャルゲー要素があって楽しめました。

・初代ペルソナは評判が凄かったのですが実際にプレイをすると色々酷かったという印象でした。ペルソナ2でとてもプレイが快適になって、3でストーリー、キャラクター、音楽、戦闘の面白さが一気にアップして以降のシリーズが毎回楽しみになっていきました。

・3が一番楽しかった。4は3に比べて世界観の規模が小さくなり普通の主人公に感じられた。5はレッドカラーでおしゃれにスタイリングされ、発売前は興奮したものの、ストーリー、怪盗システムがあまり好きになれず2周目のプレイはできなかった。

・ペルソナシリーズはキャラクター達が個性的なところが好きです。またデザイン面ではキャラクターだけでなく、画面やBGM等も全てがスタイリッシュなところがすごいと思います。他のゲームと比べてもかなり個性的なデザインセンスだと思っています。

・ペルソナQ1は途中ホラー系が苦手な人がトラウマになりそうな演出があったので挫折してしまいました。QのシステムはP4~5のダラダラと進んでいくシステムより好感がもてるので新しい続編作るならQのナンバリングでお願いしたいです。P4はストーリー部分がだらだらと続き、ムービー等長くやる気をそぐゲームでした。P3ぐらいからペルソナシリーズがキャラゲーになってしまいP4でトドメを刺された気分でした。

・繰り返しプレイするたびに新しい発見があり、ゲームシステムも、より分かりやすく使いやすくなっていると思います。どのシリーズも、1回クリアしただけでは物足りなさがあり、2回、3回と繰り返し遊べる内容になっていると思います。

スポンサードリンク

みんなが好きなペルソナシリーズは

ちなみにみんなが好きなペルソナシリーズにも聞いてみました。

・ペルソナシリーズで一番お気に入りはP3です、自分が一番初めてプレイしたペルソナシリーズであり、ペルソナを召喚する際、銃器を使い召喚するアクションに一目ぼれしました。

・ペルソナ3はどことなく怖い雰囲気とポップな音楽が魅力的でした。シリーズ共通ですが、登場人物もそれぞれ闇を持っていて触れてはいけないシーンもあり大人向けのシナリオで楽しめました。

・『ペルソナ5』がお気に入りです。『3』から続く日常パートの魅力はそのままに、ダンジョン探索と戦闘に爽快感がある作りになっていたのがとても好みでした。佐倉双葉ちゃんが非常にかわいいのも個人的に刺さったポイントです。

・P3とP4がお気に入り作品です偉そうな物言いになるかも知れませんが、システムや世界観がこなれてしっかりカチッとはまったような感じがたまらない

・好きな作品はペルソナ5で映像とゲーム性のバランスが良かったです。そして登場した女性キャラクターが皆個性的で可愛かったです。

・ペルソナ3が一番好きですね。デモ、オープニングのアニメーションで一気に引き込まれ、シリーズで一番と言っていい傑作音楽、しかもボーカルつきがあらゆるシーンで流れているというのが驚きでした。

・ペルソナ3。ストーリーが面白く主人公以外のキャラクターも魅力的なキャラがたくさんいた。周回プレイも苦にならなかった。

・ペルソナ5が好きです。PS4の性能によって、画面のデザインがすごく凝っていたところが印象的でした。ボリュームもたっぷりで遊びがいもありました。

・ペルソナシリーズで一番好きな作品は無印(PS版ペルソナ)です。シナリオ部分と戦闘部分の比率がよく、キャラもたってはいましたがキャラゲーほどではなく、召喚悪魔(ペルソナ)も際立っていました。多少最近のゲームよりは難易度が高めですがとてもやり応えのあるゲームで人に進めたいゲームと言えます。

・ペルソナ5は、スタイリッシュなデザインでゲームテンポも良く、やりこみ要素も多くあり最高の作品だと思います。350時間以上遊んでおり、4週目を遊んでいます。

その他の関連情報はこちら