ブギーポップは笑わないアニメ面白い?つまらない?

boogie_00

ブギーポップは笑わないが満を持してのアニメ化。

原作ファンの中にはブギーポップは笑わないのアニメを待っていた方も多いのではないでしょうか。

今回はアニメブギーポップは笑わないの感想についてみんなの意見を見てみましょう。

関連情報はこちら

スポンサードリンク

ブギーポップは笑わないアニメ感想評価

ブギーポップは笑わない、みんなのアニメ感想評価はこちら。

・20年近く前にアニメをしていた時は、ブギーポップは笑わないの原作通りでなくやや期待外れな面もあって、今回も不安に思いながらの視聴だった。が!期待をいい意味で裏切られた。作画もきれいだし、何より悠木碧さんの宮下藤花とブギーポップとの声のトーンの差が素晴らしかった!継続して今期視聴したいアニメの一つになった。

・エンタテインメントノベルでは実績のある電撃文庫の名作とはいえ、ブギーポップは笑わないは刊行から20年も経ってのアニメ化なので、正直期待薄でなんとなく見はじめたのですが、さすがに夏目監督作品だけあって、独特のファンタジー世界を見事に描いていますね。

・ブギーポップは笑わないは時系列が少し分かりにくい内容でしたが、当たり前の日常の中で何かが起こっている、起こりそうな予感に溢れていて雰囲気はとても楽しめました。キャラに派手さはなかったのですが、それがまた日常を強く感じさせていて良かったです。

・内容自体はわかりやすいのですが、中二病をひきずっている人が書いた暗い話という印象です。とくにブギーポップは笑わないのモノローグでそれが顕著にあらわれているように感じました。おもしろくなかったです。2話まで見たのですが、限界なので、3話以降の視聴は考えていません。

・昔ライトノベルにハマってたのですが、ブギーポップは笑わないがアニメ化するということで視聴しました。変にアレンジされることもなく、声も気になることもなく、割と原作の雰囲気が出ていて個人的には良かったです。今時の作品にあるような1クールに詰め込む流れではないので、そのへんは好感がもてます。最終話まで楽しく視聴したいと思います。

・作画、雰囲気ともに、シリアスで本気感が伝わってきてしっかりしたアニメという印象がありました。ブギーポップは笑わないのストーリーは一話目だけでは理解が難しく難解でしたが、これから徐々に解き明かされていくのではという期待をもたせるものでした。

・ブギーポップは笑わないは久しぶりの懐かしい作品なのでそれだけで楽しみに見ました。青春と怪奇を絡めた興味深い作品でした。背景画が綺麗でした。二重人格の登場人物を一人で見事演じ分けた悠木碧さんの演技がすごいと想いました。

・全体的にとても暗い感じで、この世界観が好きな人と嫌いな人に分かれる作品だと思います。昔アニメ化されたものは、まさに主人公達と同世代なので、時代背景なども共感できる部分が多いです。今回のブギーポップは笑わないは時代とともにタッチは変わりましたが、若い子の心の闇は今も昔も変わらないのかな、と思います。

・ミステリアスで興味をそそられる内容ではありましたが、いつまでも答えが出ずにすっきりしない展開と中二病っぽい表現が多いため、続きが気になるというよりは1話見るのになんだか疲れたという感じです。

・自分はブギーポップは笑わないの原作を読んでいなく、1話と2話を見ました。観た感想としては初めて見た人が置いてけぼりにされている感じがしてわかりにくかったです。急に過去話に飛んだりして、時系列がはっきりしていない印象を受けました。世界観は不気味な感じで好きでした。

スポンサードリンク

ブギーポップは笑わないでみんなが気になるキャラは!

みんなが気にあるアニメブギーポップは笑わないのキャラについても聞いてみました。

・『末真和子』おそらくブギーポップシリーズ通してキーパーソンの可能性が非常に高いので注目しておかなければならない一人だと思う。ブギーポップや霧間凪や要所要所で登場するキャラクターなど目立つキャラクターはいるが、一見冴えない脇役にしか見えない彼女こそ今後の動向から目を離すべきでない。

・宮下藤花 県立高校に通う素直で明るい普通の女子高校生が、世界の危機が近づくと、ブギーポップとしての人格が現れる。見た目の派手さがない分、リアルな背景とのマッチングが良いですね。

・やっぱりブギーポップです。ごく普通の女子高生だった宮下藤花という元のキャラが、どうしてか全く違う存在へと変わってしまう姿に驚きと興味を強く感じました。

・宮下藤花。素直で明るい女子高生だが、「世界の危機」が迫ると「ブギーポップ」の人格が浮かび上がり、その間の記憶はないという設定が、物語が進むにつれて変化していくのか、彼氏との関係がどうなるか気になる。

・個人的には「霧間凪」ですね。勿論ブギーポップにも大変興味がありますが、これから先重要パーソンにもなってくる霧間凪からは目が離せません。というか男前のツンツンキャラなので、個人的興味もありますが。

・ブギーポップこと宮下 藤花が気になります。特にブギーポップの声が謎めいた印象をアップさせ、とてもあっていると思います。存在自体が謎なので、今後どうなっていくのか気になりますに。

・霧間凪。怪奇的な敵とも渡り合うことが出来る能力を持った強気ヒロインでした。演じた大西沙織のクールなお声も非常に合っていてとても好きになりました。活躍が楽しみにキャラです。”

・普通の女子高生から死神になってしまうブギーポップも気になりますが、正義の味方であり、高い身体能力や色々な知識を持つ霧間凪もかっこよくて気になる存在です。

・サスペンス的な展開を期待していたので、殺人犯なのではないかとの噂で名前の挙がった「霧間凪」というキャラクターが気になりました。残念ながら殺人犯の描写はあまりなく、ラストに霧間凪が少しだけ登場したようでしたが、もう少し見てみたいと思いました。

・気になるキャラはブギーポップですね。視聴を決めたのもブギーポップのキャラクターのビジュアルが好きだったからで、まだまだ謎が多いキャラクターなので気になりますね。

スポンサードリンク

ブギーポップは笑わない原作感想

ちなみに原作読者にブギーポップは笑わないの感想を聞いてみました。

・ザ・中二病といった感じで、今のライトノベルとは一線を画している。現代社会(原作の初出版は20年前だが)が舞台でありながら、細かい設定がなされており、伏線がすぐに回収されないポイントもあり、何度読んでも楽しめる。そして、なにより魅力的なキャラクター!多重人格?炎の魔女?合成人間?薬物?ありとあらゆる要素が盛り込まれていて、かつて中二だった大人も古傷が疼きだす始末。なにより、今人気のラノベ作家がこの作品にあこがれて筆を執ったとも言われている。ラノベ好きでこの作品を読んだことがないのであれば、ぜひ一読してみるべきだ。

・著者の上遠野浩平さんのデビュー作で、電撃ゲーム小説大賞を受賞しただけあり、読みごたえは十分ですね。少年や少女が謎の敵と闘うストーリーというと、ありきたりにも思えますが、この作品がライトノベル界に与えた影響はすごいものがあります。今でこそありがちなストーリーに思えても、刊行当時のインパクトは凄いものがありました。

・途中まで読みました。サスペンスの要素が含まれた非日常ファンタジーで、1巻ごとに毎回個性的なキャラが登場します。発売当時は結構異色なライトノベルとして話題でした。1度は読んでおきたい名作です。

関連情報はこちら