2019年北海道胆振中東部の地震震源地について

hokkaidou_00

2019年2月21日の21時22分ごろ、北海道地方で強い地震がありました。

去年の2018年にも北海道で地震があったため、非常に気になるところです。

今回の地震も胆振中東部が震源という事で、去年の地震と同じ震源地なのか、被害状況はどうなのか注目が集まっています。

人気の記事はこちら

スポンサードリンク

2018年と震源地は同じ地域

震源地の地域は2018年と同じ地域です。

詳細の震源地がまったく同じ、という可能性はかなり低いものの、地域としては同じエリアになります。

そのため同じプレートでの地震だったという事が予想されます、ひきつづき警戒する必要があると言えます。

スポンサードリンク

2019年北海道胆振中東部地震の影響

2019年北海道胆振中東部地震の影響は、2018年9月のものより小さいです。

2018年の時には非常に大規模なエリアでの停電・断水が生じましたが、2019年の地震では揺れの直後でも停電は生じたものの一部の地域にとどまっています。

また、停電になった地域でもすぐに回復したことが確認されています。

ただ、電話がつながりにくい状況が発生しています。

また津波の心配がない事も早い段階で報道されています。

札幌や苫小牧といった都市でも揺れは感じられましたが、2018年の時ほど大きいものではなく、被害もほとんどありませんでした。

震度としてはかなり大きな地震ではありますが、揺れの時間は前回に比べて短く、被害が大きくなっていないことが幸いです。