間違いなく最強のTポイント高還元率サービス

今回はTポイントが高還元率でゲットできるTモニターについてご紹介します。

結論から申し上げると、間違いなく最強のTポイント高還元率サービス、それがTモニターです。

具体的に言うと、Tモニターを通してサービスを利用したり、商品を買った場合、条件を満たせばTポイント還元率10%や20%は当たり前、案件によっては利用額の100%ポイント還元なんていう恩恵も受けられます。

例えばTポイントの還元率が0.5%(200円で1ポイントとなる)のケースと比較すると、還元率が100%の場合は200倍になると言えます、驚愕の数字です。

もちろんモニターというくらいですから、普通に利用・購入するだけではポイントはもらえないのですが、それにしてもあまりにオイシすぎます、このTモニター。

早速、Tポイントが大量に獲得できるTモニターについて、概要・注意点などを簡単に触れていきましょう。

スポンサードリンク

Tモニターってそもそも何?

Tモニターとは、その名前の通り、「モニター」になる事にでサービス利用や購入における金額の一部(場合によっては全部)に相当するTポイントを受け取れるというものです。

モニター、つまり体験して感想を伝える人ですね。

実際にTモニターの画面を見て頂くとわかりやすいと思うので、ご覧いただきながら説明します。


tmoni_01

Tモニターのサイトにはモニターの対象商品や対象サービスが案件として表示されます。

Tモニターのサイトの上部で、まずエリアを選ぶことができますので都道府県を選択、さらに地域を選択、というようになっていますが、全国という選択もできます。

その右側で、カテゴリを選択できます。カテゴリは「グルメ」「美容・健康」「お買い物」「その他」、そして「すべてのカテゴリー」となっています。

エリアとカテゴリを選択すると、内容にマッチしたモニター案件が表示されますので、気になった案件をポチっとなすると、内容を確認できます。

ちなみに一般的なTポイント還元率ってどれくらい?

気になるポイントだと思いますので、先にお伝えしておくと、TモニターのTポイント還元率はサービス利用、商品購入に対して平均30~50%です。なかにはTポイント還元100%の案件も。

つまりTモニターを利用して飲食店で5000円の会計だった場合、50%なら2500ポイントが還元されるという事ですね。

ただし、獲得ポイントの上限が設定されている場合もあります。例えば上限10000ポイントまで、という場合には、それ以上のポイントは付与されません。

例えばTモニターを通して飲食店の案件を利用し、5万円のお会計で50%の還元率だったとしても、上限が10000ポイントと設定されていれば、獲得できるTポイントは25000ポイントではなく10000ポイントとなります。

Tモニター利用の際には上限についても確認しておきましょう、重要なポイントですね。

Tモニターで最初に覚えておきたい注意点

Tモニターの説明を続けていきます。

覚えておきたいポイントの一つですが、Tモニターは抽選式です。モニター案件の詳細ページを見て、「おっ、これはいいな、参加してみたいな!」と思ったら、ページ内になる「応募する」ボタンをポチっとなします。

tmoni_02

するとすぐにTモニター案件の抽選結果が通知され、参加可否が判明するというシステムです。そして、参加期限が提示されます。

つまり、モニター参加条件を満たしていれば誰でもTモニターの案件に応募は可能ですが、全員がモニターになれるわけではない、という事を覚えておきましょう。

しかし、案件にもよるのでしょうが、当選率は極端に低いわけではありません。ダイテツは、今までだいたい半々くらいの割合でモニター参加できています。

人気なのは新商品系ですね、コンビニで発売した缶チューハイのTモニター案件で、100%ポイント還元率というケースがあったのですが、お手軽で身近な分、当選率はやや低かったようです、しかもすぐに定員に達していました。

Tモニターでは気になる案件があればまず応募、これ大事です。

Tモニターの案件の種類をざっくりと

さて、Tモニターにはカテゴリというものがあると説明しましたが、どんな案件の種類があるのか、ざっくりですが紹介しましょう。

Tモニター案件:飲食店系

ミステリーショッパーというヤツですね、いわゆる覆面調査。お店でご飯を食べて、アンケートに答えて、Tポイントを貰う、という流れです。Tモニターの中でも一番定番と言えるかもしれません。

Tモニター案件:エステ系

Tモニターにはエステ系の案件も多く用意されています。こちらもTモニターの案件応募後、当選になったら実際にお店でサービスを受けて、アンケートに答えたらTポイントをゲットできます。

Tモニター案件:商品購入系

Tモニター案件にある健康食品や新しく発売された商品などを購入します。そしてアンケートに答える、というケースです。

Tモニター案件:上記以外

その他のカテゴリに含まれる内容ですが、占い等のサービスだったりします。Tモニターの案件のサービスを利用してアンケートに答える、という基本的なところは同じです。

Tモニターの案件利用時に気を付ける事

さて、Tモニターの案件に応募して、見事参加件をゲットしたら、提示される条件をよく確認しましょう。

難しい要求はないのですが、Tモニターの各案件にはTポイントを貰うための条件が色々細かく提示されています。

例えばTモニターで飲食店利用のケースでいうと、まず基本的なのがこれらの条件です。

▶モニターだという事を絶対店側にバレない事

▶モニター参加時に他のサービスを併用しない事(割引券等)

▶サービス利用時のレシートを必ず提出(Tモニターサイトでできます)する事

また、ケースによっては飲食店系のTモニター利用の際にこんな条件が付くこともあります。

▶必ず指定の料理をオーダーし、証拠として写真を撮っておく事(サイトで提出)

▶利用日時が指定の曜日や時間である事(週末は不可、19時以降利用、など)

▶指定の人数(及びそれ以上)で利用する事

無理難題を要求されるわけではありませんが、ちゃんとTモニターとしての条件を満たさないとせっかくの高還元Tポイントを獲得できないので、しっかり確認しましょう。

Tモニターアンケートにしっかり回答!期限も気を付けて

さて、サービス利用後、もしくは商品購入利用後は早めにTモニターのアンケートに回答しましょう。

このアンケートを実施しないと、どんなにTモニターとしての条件を満たしてようがTポイントをもらえませんからね。

利用後2~3日以内に回答、という案件が多いので、すぐにTモニターのアンケートをやってしまうのが賢明です。

結構たくさんんの項目にわたってアンケートがありますが、選択式のものがほとんどです、中には文章で回答するものもあります。短文で構いませんし、率直な感想を回答していけば問題ありません。

途中保存もできますが、できればTモニターアンケートは一気に全部やってしまうのがいいでしょう。

Tモニターのアンケート回答後は内容確認待ち

Tモニターのアンケートが完了すると、回答確認待ちになります。審査待ち状態ですね。

その際に訂正が必要な場合にはTモニター運営側からその旨の連絡(メール)があります。その場合には迅速に対応しましょう。

具体的にどこをどう訂正するかという内容の連絡が来るので、それに従います。

管理人ダイテツも訂正の経験がありますが、レシートの画像写真の隅が見切れているので、ちゃんと収まるように撮ってください、といったものとかでした。(内部的に承認のための細かい決まりがあるのでしょう)

訂正有無の確認のためにもメールチェックはこまめにしておくといいですね。せっかくTモニターのアンケートが完了しても、訂正を見逃してしまうと意味がなくなってしまいます。

そして無事審査が完了すると、Tポイントが付与されます。

スポンサードリンク

大量のTポイントゲット!条件の確認はしっかりと

通常、よっぽど大きな買い物をしない限りは、Tポイントってなかなか大量に貰えないんですよね。ファミマで1000円くらい買い物しても5ポイントとかですから。

それがTモニターならまとめて3000ポイントとか余裕でゲットできちゃいます、これはデカいです。

3000ポイントとなると、ある意味ファミマでの買い物60万円分のポイントに匹敵するわけです、Tモニターを利用すると全然ポイント獲得効率が変わってきます。

ただ、繰り返しますが、しっかりとモニターの条件を満たし、アンケートに回答しないとTモニターでTポイントは付与されません。

せっかく数千ポイント獲得できるチャンスだったのに、条件の確認不足でTモニターのポイント獲得資格を失っちゃった、という事がないようにくれぐれも気を付けましょう。

是非Tモニターを有効利用して大量Tポイントをゲットしていきたいですね!

関連記事はこちら

実践実録!Tポイント1年間でどれだけ貯まるのか?驚愕の高ポイント還元方法とは?

どれが貯まりやすい?Tポイントと楽天ポイントとヤマダ電機ポイントを比較してみた!

必見!ヤマダ電機の来店ポイントスロット月間1,000ポイント獲得方法はこれだ!

ランクアップの秘訣は?ファミリーマートのファミランクでTポイント還元率向上!

必見!ヤマダ電機の来店ポイントスロット月間1,000ポイント獲得方法はこれだ!

スポンサードリンク