アメリカ、驚愕のクーポン利用術

coupon_00

今回のお話は、アメリカのクーポンに関するお話しなので、日本でのお得情報としては役立たないかもしれません。

しかし、海外ではこんな事もあるんだと一度ご参考頂くのも一興だと想い書き起こしました。

というのも、「20万以上のお会計」であっても、クーポン活用をひたすら活用すればタダになっちゃうのだとか。

どんなクーポンシステムなのか、アメリカのクーポンの実態を見ていきましょう。

スポンサードリンク

アメリカではクーポン重複利用可!

アメリカでのクーポン事情ですが、同じ商品に対して何枚も使えちゃう、というシステムなのだとか。

つまり、20%引きのクーポンを3枚使うと60%引きになりますよ、ってな感じだそうです。

割引率、割引額の少ないクーポンであっても、何枚もまとめると、場合によっては商品と同じ分だけの割引、つまり0円で買い物ができちゃう事も。もはやクーポンというか引換券みたいな感じになりますね。

アメリカのクーポン豆知識

他にも、アメリカのクーポンにはこんな特徴があるのだとか。

どれもアメリカどこでもどのお店でも、というわけではありませんがご紹介していきましょう。

クーポンで差額分がさらに安くなる?

アメリカではクーポンを使用した際、クーポンの割引額が商品の価格を上回った場合、その分を合計金額から差し引く事ができるようです。

例えば3ドル分のクーポン券で引き換えた商品が2.5ドルだった場合、差額の50セントをお支払い額から安くしてもらえるそうです。

これなら割引分が無駄になりませんね。

使用回数無制限、使用回数無期限の最強クーポンがある

どうやら使用回数の制限なし、および使用回数無期限のクーポンがあるとの事。

もうここまでくると何でもアリって感じですね。さすがはアメリカという感じです。

そんなにお得なクーポンをばらまいて、お店は大丈夫なの?

coupon_01

ここで気になるのは、「確かに便利でお得だけど、そんなにクーポンを配布して、お店側は大丈夫?」という事。

どうやらアメリカではメーカー側がクーポンを配布する事も多いそう。つまり、お店側は割引して販売しても、メーカー側からのバックがあるという事のようですね。

スポンサードリンク

クーポンで20万円以上の買い物を0円にするスーパー主婦も

そんなアメリカ式クーポン、とことんやる人はとことんやってます。

なんとお店で食料・飲み物・雑貨など、20万円分以上を買い物していました。

驚くのはここから。アメリカではまず商品を全部レジに通し、その後にクーポンを読み込ませ割り引きする流れなのですが、20万円以上あったお買い上げ金額、クーポンをひたすら通して最終的に-1ドル56セントになりました。

-1.56ドルってどういう事か、というと、先ほどご紹介した「割引額が商品を上回ったので、合計金額から差し引きます」というシステムの恩恵。

つまり、20万円以上の買い物をして、タダになるどころか、お店の商品1ドル56セント分どうぞ、という状態。

さすがはアメリカ、独自のクーポンシステムもそうですが、それを究極まで活用しつくすユーザー側の根性もたいしたものです。

関連記事はこちら

ディナーロール買った人必見!保存方法やアレンジについてコストコ通が紹介!

東京文京区六義園裏に13LDK、45億5千万の豪邸!月々のローンお支払い額は?

見逃し厳禁!コストコのバニラアイスは高級で割安の超お買い得品だった!

ヤマダ電機の来店ポイントスロット月間1,000ポイント獲得方法!お得に貯めるには?

ポイント還元率最大200倍?TモニターでがっつりTポイントが貯まっちゃう!

スポンサードリンク