懲りずに今回もココイチ5倍トッピング!

coco_93

今回も食べてきました、ココイチ5倍トッピングシリーズ。

「ココイチのトッピングの可能性を追求する」、その一環として一点集中型トッピングを色々試しているわけですが。

ちなみに今までココイチのトッピングで試してみたのはこちらの通り。

こんなカツカレー見た事ない!ココイチでロースカツ5倍トッピングを試してみた!

パリパリチキンを超山盛りトッピングしてみた!ココイチ5倍盛りシリーズ!

ココイチでトッピング5倍チャレンジ!ナスが山盛りで美味くてこれはヤバい!

揚げ物、肉、野菜ときたので、じゃあ次はシーフード系かなと。じゃあエビにしようかなと。

そこで今回のココイチ5倍トッピングはエビにこみカレーでチャレンジです。

スポンサードリンク

ココイチでエビにこみカレー5倍をオーダーするの巻

さていつものようにココイチに行き、オーダーをします。

着席後、「ポークカレー、ライスは普通で、10辛で」と告げ、その後、「トッピングでエビにこみを5つお願いします」とオーダー。

そしていつものごとく「エビにこみ5つですか?」と聞き返され、「はい、5つで」と極上の笑顔で応え、周りのお客さんに注目される、というルーチンです。

店員さんに、「エビにこみが5つですと、エビが40尾入っていますがよろしいですか?」と丁寧に確認されます。

ココイチでエビにこみをオーダーするのが初めてだったため、1人前8尾なのね、と参考になりました。また、店員さんちゃんと把握していてとっさに説明もできていい感じですな、とココイチびいきのダイテツは感心していました(←何様w)

お約束の「ポークにえびにこみ5です」「えびにこみカレー5?」「違います、トッピングでえびにこみ5です」というキッチンのやりとりも見れました。

エビ!エビ!エビ!これがホンマのエビにこみカレーですよ!

そんなこんなで提供されたのがこちらのエビにこみカレー。

coco_95

正直、最初は「あれ、もっとエビがこんもりこんもりと盛られてくるのでは、、、」と思ったものの、実際にルーにスプーンを突っ込んでみると、もっさりもっさりとエビが入ってました。

coco_90

これまで経験したロースカツやパリパリチキンやナスは、あくまでトッピングとして「乗っている」パターンだったのですが、今回のエビにこみカレーはルーに「潜んでいる」パターン。

ルーの中にはそりゃあもう大群のエビが潜んでいました。

ココイチ5倍エビにこみカレーの感想と注意点

ここまでエビが入っていると、必然的にカレーを口に運ぶたびにエビが含まれてきます。

ご飯の量に匹敵するんじゃないかと思うくらいエビが入ってました、しかも身がそれなりにしっかりしているから食べ応えもありますね。もっとエビがふにゃふにゃしているかと思ったのですが、しっかりとボイルされて身がしまっていました。

また、確かに度肝を抜く量のエビがにこまれていましたが、ロースカツ等の単品でもボリュームのあるトッピングに比べると全然余裕です。5倍量を挑戦しやすいトッピングと言えるでしょう。

5倍といかなくても、複数トッピングはアリだと思いますよ!

ただ、今回ちょっと失敗したな、と思う点があります。これは是非皆さんに教訓としてお伝えしていきたいです。

というのも、いつものごとく10辛でオーダーしたせいで、エビの風味がかき消されていた事。

こういう、「乗せる」パターンではなく「潜む」パターンのトッピングでは、辛さは控えめにする方がトッピングをしっかり味わえそうです。ダイテツも次回に活かそうと思いました。

スポンサードリンク

ココイチ5倍エビにこみカレーのお値段は?

今回のココイチでの5倍エビにこみカレーのお値段はこちら。

coco_92

と、言いたいところなのですが、実はこれ、息子のキッズカレーの料金も含まれています。

実際に計算してみたら、1,493円という事でした(10辛分は換算していませんです)

しかし今回ココイチでエビにこみの5倍トッピングを堪能してしまったため、単品で頼むと物足りなくなりそうです。

それほどインパクトのあるエビにこみカレーの重複トッピング、是非皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら

ココイチで1kgカレー10辛に挑戦!気になるお値段やメニューオーダー方法について!

ココイチはラーメンも絶品!!秋葉原の麺屋ここいちで極上肉盛りカレーラーメンを食す!

ココイチはカレーやラーメンの他にパスタ店もあった!?パスタデココの超特盛メニューに挑戦!

新橋 味覚で超激辛の石焼麻婆豆腐!煙で客が逃げるランチ?刀削麺も選べる!

スポンサードリンク