育児パパの手探り奮闘記

家事・育児について、素人同然(それ以下)の管理人が、役立った情報や失敗談などをお伝えしていきます!

不動のセンターから唯一無二の女優へ羽ばたく元AKB48前田敦子の軌跡

2017/03/17

前田敦子、元AKB48不動のセンターの軌跡

atsuko

国民的人気アイドルグループAKB48の「絶対的エース」「不動のセンター」と呼ばれた前田敦子さん。

AKB48所属時代から様々な話題を振り前いてきた彼女。

グループを卒業し今では女優として活躍されていますが、前田敦子さんの一挙手一投足に注目している人は今なお多いですよね。

そんな前田敦子さんのこれまでの軌跡と今後の注目ポイントを見てみましょう。

スポンサードリンク

前田敦子さんのデビューのきっかけとは?

2005年10月に「AKB48オープニングメンバーオーディション」に合格した前田敦子さん(応募総数7,924名、最終合格者24名)。

前田敦子さんは まさに生粋のAKB48メンバーとしてのデビューでした。

同年12月にオープニングメンバーとしてAKB48劇場グランドオープンの舞台に立ちます。

2007年公開の映画「あしたの私のつくり方」で女優デビュー、また同年のドラマ「スワンの馬鹿!〜こづかい3万円の恋〜」にてドラマデビューも果たしています。

前田敦子さんの今までの出演ドラマと視聴率

そんな前田敦子さんの今までのドラマ出演経歴はこのようになっています。

<2010年>
Q10 久戸花恋 視聴率15.3%

<2011年>
花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011 芦屋瑞稀(主演) 10.1%

<2012年>
最高の人生の終わり方〜エンディングプランナー〜 井原晴香 視聴率15.3%

<2013年>
幽かな彼女 河合千穂 視聴率14.1%

<2015年>
ど根性ガエル 京子ちゃん 視聴率13.1%

代表的な出演作を挙げましたが、もちろんこの他にも多数のドラマや映画に出演されています。

スポンサードリンク

前田敦子さんの今後

前田敦子さんがAKB48を卒業したのは2012年。

それからもう数年経っているわけですが、いまだにAKBのセンターといえば前田敦子さんだとイメージする人も多いでしょう。

グループ発足時から卒業まで中心メンバーであり、圧倒的な存在感で人気グループのセンターを務め続けた前田敦子さん。

近年は映画やドラマに活躍の幅を広げていますが、出演作の公開の度に賛否両論含めて様々な話題が飛び交うのは、それだけ彼女が注目を集め続けているという証拠でもあるのでしょう。

NHKのドラマでは時代劇で主演を務めたりと、着々と女優としての経験を積んでいる事がうかがえます。

独特の存在感と雰囲気でファンを魅了し続ける前田敦子さんから、これからもますます目が離せませんね。

関連記事はこちら

総選挙1位は伊達じゃない!元AKB48センターの大島優子のデビュー経緯やドラマ経歴

元AKB研究生という肩書きを持つ女優、富手麻妙!彼女のデビュー経緯やドラマ出演歴!

スポンサードリンク

-芸能人