宇宙兄弟の内容あらすじをレビュー

uchu_00

宇宙兄弟の内容・あらすじをちょっとだけネタバレしてレビュー。

もはや国民的コミックの一つと言える宇宙兄弟。

作者は小山宙哉で、2007年からモーニングで連載されています。

その名前からバリバリのSF作品を創造する方が多くいますが、SFというよりは、魅力的な登場人物が織りなす人間ドラマ、そのサクセスストーリーに焦点が当てられている作品です。

物語は、南波六太とその弟、日々人の兄弟がUFOを目撃し、宇宙飛行士になろう!と誓い合うところから始まります。宇宙兄弟の名の通り、宇宙を志す二人にスポットが当てられています。

それから月日がたち、弟の日々人は無事、宇宙飛行士になる夢を叶えますが、兄、六太は勤めていた会社をクビになるなど、情けない日々を送っていました。

そんな六太のもとへ、ある日JAXAから宇宙飛行士選抜試験の、書類選考通過の通知が届きます。

当然のことながら戸惑う六太。

実はそれ、弟の日々人が勝手に応募したものだったのです。

いつしか幼いころの「宇宙飛行士になる」という夢を忘れかけていた六太は、宇宙飛行士になるため、そこから奔走していくことになります。

スポンサードリンク

挫折や困難を超える描写に心打たれる宇宙兄弟

uchu_01

兄より弟の方が優秀、というのは世間にはよくあるパターンですが、南波兄弟も御多分に漏れずそのパターン。

兄の六太は、優秀な弟を追う形で、幾多の試練を乗り越え、無事宇宙飛行士となります。

晴れて「兄弟そろって宇宙飛行士になる」という幼いころの夢を叶えた南波兄弟ですが、弟の日々人はある事故をきっかけにパニック障害を患い、宇宙に行けない体になってしまうのです。

しかし、周囲の支えを糧に、必死にそれを乗り越えようとする日々人。そして二人は「兄弟そろって月面に立つ」という新たな目標に向かって進み続けるのです。

宇宙兄弟の魅力の一つは「人の挫折」にしっかりと目が向けられていることです。

人が本当に何かを学ぶのは、ハッピーな時ではなく、どん底の状態の時。

その中で何かを学び、次へとつなげるのです。この漫画ではそれが実によく描かれています。

また、その挫折の中で触れる人のやさしさも良く描かれており、読んでいて、涙が出てしまうというシーンはいくつもでてきます。それが宇宙兄弟の魅力の一つですね。

スポンサードリンク

思わず応援したくなる「宇宙兄弟」の登場人物達

そして、なんといっても主人公の六太が、程よく抜けている「宇宙兄弟」。

そのキャラが漫画にいい味を出しています!

冒頭で会社を首になる理由が「上司に頭突きをする」というものなのですが、これで大体どんな人物かわかってもらえるでしょう(笑)

そんな六太の性格もあり、感動できるのに、しっかり笑える、という内容になっています。

宇宙が舞台という事で、完璧な人間ばかりが描写されるかと思いきや、クセの強い人物がたくさん出てきます。

ただ、みんな宇宙に対する情熱はホンモノ、作品にのめり込み応援したくなること間違いなしです。

「夢を追う」というテーマにふさわしく、読んでいて、忘れていた大切な何かに気づかされるような作品です。

最近何かとやる気が出ない…というそこのあなた、自分を鼓舞するのには、もってこいの漫画でですよ。

関連記事はこちら

ピッコマは超おすすめ無料マンガアプリ!「待てば¥0」やコミックのチケットについて!

ピッコマ 待てば0円のオススメコミックはこれだ!無料でたくさん読めるマンガアプリ

「童夢」ちょっとだけネタバレ感想あらすじ!AKIRAの大友克洋が描く衝撃作!

インベスターZネタバレ感想あらすじ!異色のコミック、超勉強になる投資漫画!

あしたのジョーの感想ネタバレとあらすじ!真っ白に燃え尽きる男の熱きボクシングマンガ!

スポンサードリンク