富士急ハイランド親子連れオススメアトラクション

fujiq_00

絶叫系のイメージが強い富士急ハイランド。確かに富士急ハイランドで有名なアトラクションは絶叫系がほとんどです。

これらのアトラクションは基本的に「10歳~」などの制限があります。そのため小学校高学年くらいにならないと、本格的な絶叫系を楽しむのは難しいですね。

今回はもっと小さいお子様(5~6歳以上を目安)と一緒に楽しみたいという方のために、「子供連れ家族で楽しめるアトラクション」をまとめました。

スポンサードリンク

ナガシマスカ

制限:身長110cm ~
第二入園口すぐのアトラクション。金ピカの招き猫がすごく目立つアトラクションです。
黄色い円形のボートに乗り込み、回転しながら激流を下るアトラクション。とにかく、とにかく、全身ずぶ濡れになります。サンダル系の靴で行かないと悲劇です。お子様は濡れるのが大好きだと思うので、きっと大はしゃぎになるはず!冬以外はとってもおすすめです。

ウェーブスウィンガー

制限:身長110cm~
観覧車付近にある空中ブランコ。〈鉄骨番長〉も空中ブランコで、身長制限も同じですが、高さが50m以上になるので子供連れだとちょっと不安かもしれません。それに比べてこちらはお子様にも十分楽しめるアトラクションです。実際に乗ってみると見た目よりスピード感もあります。爽快感を感じる程度のスリルですね。大混雑になることも少ないですし、おすすめです。

マッド・マウス

制限:身長110cm~
狂ったネズミ、という意味のアトラクション。小型のコースターです。絶叫系とはいっても、左右に急旋回する激しい動きを楽しむアトラクション。ネズミというだけあって、乗り物も小さくてお子様と2人で楽しめます。あまり怖くはないですが、ガッコンガッコンとはちゃめちゃな動きですのでお子様は十分楽しめると思いますよ。アトラクションの見た目もかわいいです。

フワフワお空の大冒険(ハムハムどきどき!おうこく内)

身長制限:身長110cm~
ハム太郎とその仲間たちのエリアにあります。アトラクションも複数あり、お子様向けのエリアです。いたるところにハム太郎たちがいて、とってもかわいいですよ!
中でもこのアトラクションは、2人乗りのゴンドラに乗って、パーク内を飛びまわるちょっとスリルのあるアトラクションです。意外とスピードも出て、爽快感がありますよ。ハム太郎のほんわかさに油断しているとちょっとびっくりするかもしれません(笑)

どきどき森野かくれんぼ

制限:4歳~
同じくハム太郎のエリアにあります。
ハム太郎の絵が描かれた“自転車”に乗って、地上1.6m~6.3mを進んでいくスカイサイクル。2人乗りで自分たちのペースで進んでいけるので、お子様との会話を楽しみながらのんびりできます。コース途中にハム太郎たちが隠れているので、そのかわいさに癒されますよ。

かいけつゾロリのぼうけんランド

制限:なし
人気の児童書『かいけつゾロリ』の世界に入れるアトラクション。各部屋には物語をもとにした仕掛けがされており、本で読んだ体験ができます。館内は広めで、はしゃぎたいお子様にはぴったりです。個人的には、本を読んでいないお子様でも十分に楽しめると思いますよ。

ゲゲゲの妖怪横丁

制限:3歳~
『ゲゲゲの鬼太郎』の世界観が楽しめるエリアです。「妖怪小噺」というアトラクションでは、ヘッドフォンで怖い話を楽しめます。そんなに怖いわけではないですが、お子様には刺激が強いかも・・・?いたるところに鬼太郎たちとのフォトスポットがあったり、焼き団子を打っている休憩所があったりと、大人は休憩しつつお子様には楽しめるエリアだと思います。

スポンサードリンク

富士急ハイランドのアクセス、入園料などの関連情報

以上、「子供連れ家族で楽しめるアトラクション」でした。
絶叫系に乗れなくても、富士急ハイランドは十分楽しめる遊園地だと思いますよ★

せっかく富士急ハイランドにくのであれば、アクセスやお得な入園料情報も確認してめいっぱい楽しみたいですね

参考になれば幸いです。

関連情報はこちら

富士急ハイランドへどう行く?電車・バス、お得なアクセス方法や駐車料金、関西からの行き方など!

富士急ハイランドの料金とお得情報!入場料を割引するための方法まとめ!

富士急初心者必見!チェックしておきたい富士急ハイランドのアトラクションとグルメ情報!

要チェック!富士サファリパーク他、富士急ハイランド周辺のオススメスポットまとめ!

スポンサードリンク