コストコのフードコートを攻略!

costco_200

コストコとは、正式名称をコストコホールセールといい、高品質な有料ブランド商品を低価格で提供することを目的とする、会員制倉庫型店のことをいいます。

こう書くと何だか難しいですが、簡単にいえば広い店内に色々な種類の安くて高品質な商品が陳列してあるということです。

日本では、現時点で全国に25店舗存在しており、2017年夏には静岡県は浜松市にオープンが予定されています。

ちなみに、浜松市に新しくオープンする予定の店舗は、2017年6月17日より浜松倉庫店現地仮事務所にて新規受付開始となっているので、会員になりたいという人は午前10時から午後6時の間に申請に行ってみましょう。

先ほど申請に行くといいましたが、コストコでは、前述した通り「会員制」であるため、商品を購入したいという場合にはまずあらかじめ会員になっておく必要があります。

会員になるにはもちろん各店舗で直接申し込むことも可能ですが、事前にホームページで申請しておくとスムーズに会員になることができるのでおすすめです。

こうして会員になった後、発行されたカードを入り口にいる係りの人に見せることで、コストコのお店の中に入ることができるようになります。

コストコは倉庫型店というだけあって中はかなり広くなっておりまして、取り扱っている商品の数も相当数あるため、すべて見て回るとなるとかなりの時間を要します。

そういった長時間滞在の助けとなるのが、どの店舗にも存在しているコストコの大人気「フードコートサービス」なのです。

もっとも、コストコのフードコートは、大型ショッピングモールによくあるような、数種類の店舗が料理を提供してくれるというものではありません。

ファストフード店がお店の一区画に1つ存在している様子をイメージしてもらえると、わかり易いと思います。

なお、このように書くと物足りないようにも思えますが、実際に行ってもらえるとわかる通り、価格、種類共に満足のいくものになっているので安心してください。

おそらくほとんどの利用者が、買い物のついでにフードコートも利用しているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コストコフードコートの営業時間について

costco_201

前述した通り、フードコートはコストコの会員となって、店舗の中に入ることで利用することができます。

調べていく中で、店舗によっては会員証が無くても利用できるという話もありましたが、実際にコストコに問い合わせてみたところ「フードコートのみの利用であっても会員証が必要」とのことでした。

なお、肝心の利用時間ですが、全国共通で午前10時から午後8時までとなっており、コストコの営業時間と同じです。

もっとも、年末年始(12月31日から1月1日)については、コストコの営業時間が午前9時から午後6時までとなっているので、必然的にフードコートの利用時間も変更となる点に注意してください。

コストコフードコートのメニューについて

costco_202

コストコのフードコートにあるメニューは、レギュラーメニュー(変更の可能性あり)と期間限定のメニューとで分かれています。

コストコの常連からすると、メニューに変化があるので飽きることなく利用できますし、新規で会員になった人からすると、レギュラーメニューというのはそれだけ安定して人気があるということですから、安心して注文できると思います。

また、どの料理についても共通して言えることですが、価格がとにかく安いです。

各種ソーダに至っては100円を切って60円という破格のお値段ですし、クォーターパウンドホットドッグも各種ソーダがついて180円なので、実際は120円ということになります。

また、表示されている価格はすべて税込み価格となっているので、計算しやすいところも良いですよね。

さて、そんなコストコのメニューですが、2017年5月31日現在では、以下の通りとなっていました(メニューは変更になる可能性があるので、事前に来店予定の倉庫店に確認することをおすすめします)。

国産かんきつスムージー(2017年6月19日現在はゴールデンパインスムージーに変更):200円
各種ソーダ:60円
ベリーベリーサンデー:350円
北海道ソフトクリーム:200円
チキンベイク・プルコギベイク:420円
ローストビーフサンドイッチ:780円
クラムチャウダー:300円
ピザ[コンボ/チーズ/ペパロニ](スライス):300円
ピザ[コンボ/チーズ/ペパロニ](ホール):1580円
クォーターパウンド ホットドッグ:180円
ガーデンサラダ:280円
ツイストチュロス:100円
コーヒー(ホット/アイス)100円
ラテ(ホット/アイス):150円

なお、コストコに問い合わせたところ、基本的にメニューと値段は全国共通となっており、店舗ごとに異なるということはないそうです。
また、期間限定メニューの変更時期については不定期となっているので、定期的にウェブサイトやメールマガジンで確認するということを推奨していました。

このように、種類が豊富で定期的にメニューが一部変更されているため非常に迷うところですが、この中で私が特におすすめなのは、なんといってもクォーターパウンドホットドッグです。

まず、何より安いですし、サイズもおそらく20㎝以上はあるのではないかというくらい大きいので、一つだけでも結構な満足感が得られます。

costco_203

また、写真を見てもらえるとわかる通り、購入した段階ではパンでソーセージを挟んだだけの状態となっており、トッピングとして刻んだ玉ねぎやザワークラフトを自由に盛り付けすることができるようになっています。

それぞれ好みがあるでしょうから、自分好みの一品に仕上げられるのもコストコフードコートの魅力の一つですね。

costco_204

costco_205

写真を左から解説しますと、一番左にあるのが「紙ナプキン」です。初見だとかなり分かり難いところにありますし、レジで貰えるわけではないので必要に応じて一緒に貰っておきましょう。

続いて、ホットドックの味付けとして「レリッシュ」、「マスタード」、「ケチャップ」があります。

この中でおそらく耳馴染みがないのは「レリッシュ」だと思うので簡単に説明すると、ピクルスの一種でキュウリ・キャベツなどの野菜を刻んで甘酢漬けにしたものを指すとのことです。

続いて、その横にある丸い入れ物にトングが刺さっているのが、「ザワークラフト」です。個人的には結構酸味が強い印象があるので、酸っぱいのが苦手な人は試しに少しだけ乗せて大丈夫か確認したほうが良いですね。

続いて、少し分かり難いですがその奥にある逆三角形の形をしたものが刻み玉ねぎを作る機械で、自分でレバーを回して好きな分だけ振りかけることができるようになっています。

私個人としては、結構多めに乗せたほうがアクセントになって美味しかったです。

costco_206

最後に、一番右にあるのがフォーク、スプーン、ナイフにレッドパッパーです。

フードコートの料理は女性にはサイズが大きい場合もありますので、皆で分けるときに特に重宝するのではないでしょうか。また、家族でフードコートを利用して取り分ける時にも便利ですね。

ちなみにこのホットドッグには前述した通り各種ソーダがついているのですが、これはフードコードで売られている60円のものと同じもので飲み放題となっています。

写真からだと分かり難くなっていますが、種類は「ペプシコーラ」、「ペプシネックス」「マウンテンデュー」「なっちゃんオレンジ」「サントリー烏龍茶」の5種類です。すべてサントリーの製品ですね。コストコのフードコードでは氷も各自で好きなだけ入れることができるので、欲しい人は注ぐ前に入れるようにしましょう。

また、これらを入れる容器がおそらくファストフード店のLサイズくらいはあると思うので、全種類飲みたいというのであれば満タンに注がないほうが良いですね。ちょっとずつ別のドリンクをおかわりして何回も楽しむ事もコストコのフードコートの醍醐味です。

costco_208

なお、フードコードでドリンク購入時はカップのみが手渡され、ストローや蓋は各自で取り付ける形になっているので注意してください。ドリンクエリアにストローと蓋は配備されています。

初めて行くならこれを!プルコギベイク!

さて、コストコのフードコートでオススメなのがプルコギベイク。これをフードコートに買いに行くついでにコストコで買い物もする人もいるという程の注目メニューです。

パン生地のスティックの中にコストコの大人気商品、プルコギが入っているというものなのですが、これが大人気。

特に初めてコストコに行く方は、大人気のコストコのプルコギも味わえるのでおススメです。

サイズもハンパないコストコのフードコート

私が個人的におすすめしたのはホットドッグでしたが、もちろんコストコのフードコートにあるものはどれも美味しく、外れはありません。

しかし、一点だけ注意してほしいのが、サイズに対する勘違いです。初見の人にありがちなのですが、全体的に価格が安いため、提供される料理のサイズも小さいと勘違いしてしまうことがあるのです。

メニューからも大きさが判断できないので、頼んでみたら想像以上に量が多くて食べきれなかったなんてことになる可能性があります。

かくいう私も最初にフードコートを利用したとき、ピザ(スライス)が1ピースだと思い2つ注文した結果、実は2ピースだったため食べきれずに苦労したことがありました。

costco_209
        
メニューには写真が載っていないものもありますし、サイズが気になる人は注文の時レジで店員さんに尋ねてみることをおすすめします。

コストコのフードコートの混雑状況、空いてる時間について

costco_210

当然の話ではありますが、人が集まるコストコだけあり、やはり昼食時と夕食時付近はかなりの利用客でごった返しています、フードコートに長蛇の列ができている場合が多いです。

具体的には、午前11時から午後2時、午後5時から午後7時、下手をすれば閉店まで混んでいる可能性が高いといっても過言ではありません。フードコートはコストコの人気スポットなのでしょうがないといえばしょうがないのですが。

逆に、空いている時間はそれ以外ということになりますが、特におすすめなのは開店時間である10時。つまり、開店直後です。
もっとも、まれに前倒しで開店していることもあるので、10時ピッタリではなく少し早く着くくらいが丁度良いかもしれません。

と、ここまでは実は平日の話でして、休日となると基本的には終始混んでいることを覚悟したほうが良いでしょう。こちらも、開店と同時であれば当然混んではいないので、休日に行くなら開店直後一択といった感じです。

少し開店まで並ぶくらいの時間に行けば、長蛇の列に悩まされるということもないでしょう。

コストコフードコートの賢い使い方や、知っておくと便利な情報

フードコートを利用する場合、コストコで一通り買い物を済ませたあとに食事をするパターンと、買い物前に食事をするパターンとで分かれると思います。

もちろん、到着したタイミングなどそれぞれの都合があると思いますが、私個人としては買い物前にフードコートを利用するほうをおすすめします。

買い物前にコストコのフードコートを利用するのをオススメする理由として、一つ目に飲み放題である各種ソーダを注文する場合、そのほうが断然お得だからです。食事の時に飲み物を飲むのは当然として、なんとコストコではそのままその各種ソーダを持ち歩いて買い物ができるのです。

前述した通り、コストコの店内はかなり広く商品数も多いため、全て回りきるためには結構な時間を要します。その間、喉が渇いたら最初に購入した各種ソーダを飲むということができますし、無くなったらその都度お代わりできるので、特にお子さん連れのご家族などはかなり重宝するのではないでしょうか。

また、二つ目の理由として、買い物後だと購入した商品が入ったカートを持て余すということがあります。フードコートのレジに並ぶ際には、カートを持ったまま並ぶということができません。

そのため、購入した商品が入ったカートを列周辺の空いているスペースに置いておくことになるので、持て余すというわけです。特に混雑時などは、購入した商品が入ったカートが所狭しと置いてあり、スペースを探すのに苦労することになりますし、盗難などの恐れもあるので安心してフードコードに並んだり食事したりができません。

以上の理由から、コストコ利用の際には買い物前にフードコートで食事をするということをおすすめしています。

コストコのフードコート利用時に知っておきたい事

さて、このフードコートですが、利用する際にいくつか知っておいたほうが良いということがあります。

まず一つ目は、フードコートは座席数がそこまで多くないということです。

costco_211         

購入したは良いけど食べる場所がないなんてことになれば、席が空くのを待っている間にせっかくの温かい料理が冷めてしまうなんてことにもなりかねません。
そういったことを避けるために、まずは座席を確保するところから始めると効率が良いです。

costco_212

このように、外に座席がある店舗もあるので、晴れている日などは店内だけでなく外を利用するようにしましょう。

また、先ほどコストコでの買い物前にフードコートの利用をオススメしましたが、帰り際、フードコートでテイクアウトして車の中で食べる、という使い方もお勧めです。その場合は席の事を気にしなくていいですからね。

続いて、二つ目はレジにメニューがない場合があるということです。

コストコのフードコートではレジにメニューが用意されていないケースも稀にあるため、並んでいる間に何を注文するかを決めておくといいでしょう。メニューはレジの真上に大きく掲載されているので、それを見て決めるというのが一般的ですね。

購入する際、コストコで利用できるクレジットカードは使えず、支払いは現金のみとなっているので、その点にも注意しましょう。

また、購入した料理を載せるトレーのようなものも存在しないので、たくさん買う場合には大勢で行くことをおすすめします。
その他の方法としては、コストコでは購入した商品を入れる用として無料で空き箱を貰うことができるのですが、それをトレー代わりに使っている人もいました。

スポンサードリンク

コストコ行くときはフードコート利用するかどうかをまず考えよう

さて、コストコのフードコートについて色々紹介してきましたが、コストコに行く際は是非フードコートを利用するかどうかを先に考えておきましょう。

というのも、フートコートを利用する場合、先にも触れた通り、混雑する時間をいかにさけるか、がポイントになってきます。

お買い物にも時間がそれなりに必要になるコストコ、せっかくですからフートコートで時間を無駄にしないように、利用のタイミングを上手く考えておきたいですね!

関連記事はこちら

コストコでプルコギ買った人必見!冷凍の方法とオススメ道具、便利技を紹介!

ディナーロール買った人必見!保存方法やアレンジについてコストコ通が紹介!

超人気商品コストコキッチンペーパー、バウンティ!お値段やホルダー、クーポン情報について!

見逃し厳禁!コストコのバニラアイスは高級で割安の超お買い得品だった!

育児パパママは知らなきゃ損!コストコオススメ商品、プレスンシールが便利すぎる!

スポンサードリンク