育児パパの手探り奮闘記

家事・育児について、素人同然(それ以下)の管理人が、役立った情報や失敗談などをお伝えしていきます!

ヤマハの幼児科レッスンが気になる人必見!3か月通って分かった事はこれだ!

ヤマハの幼児科レッスンを3ヶ月やってみた結果

yamaha_01

息子も興味津々でレッスンに通い始め、その後も楽しみながら続けられているヤマハのレッスン。

とはいってもまだ3か月ですが、ヤマハの幼児科のレッスンを3か月やってみて感じた事を今回はお伝えしていこうと思います。

特に「うちも今度ヤマハのレッスンを受けさせてみようと思うんだけど・・・」と思っている方にお役に立てるような情報をお伝えできればと思います。

親も一緒に受けるレッスンですので色々気になる点もあると思います、そういうポイントについても説明していきます。

スポンサードリンク

ヤマハの幼児科レッスン環境について

レッスンの内容について触れていこうと思うのですが、それにあたってまずレッスン環境についてお伝えします。その方がイメージがつきやすいと思いますので。

ヤマハの幼児科レッスンでは、教室にエレクトーンが人数分用意されており、そこに子供が座ります。そして、その隣にお母さん、もしくはお父さんが座る、といった環境。

エレクトーンは使う時には蓋を開け電源を入れて弾き、使わない時は蓋を閉めている状態でその上に教材を広げレッスンを受けます。

ヤマハの幼児科レッスンの内容はどんな感じ?

ではヤマハの幼児科レッスンの内容について触れていきましょう。

レッスンでやる内容は、「歌う」・「リズムで遊ぶ」・「弾く」というのがメイン。

「歌う」はそのままですね、席で歌う事もあれば、前に集まり、先生が引くピアノの周りで歌う事もあります。CMでやっている「ドレミファド~ラファ ミ・レ・ド」ってシーンとかがまさにその通りです。

歌詞通り歌うのももちろんですが、階名(ドレミ)で歌う事も取り入れながら歌っています。

「リズムで遊ぶ」というのは、「弾く」に繋がる学びとして、歌や音楽に合わせて手を叩いたりといったアクションを行うものです。

親子で一緒になって楽しむものもあります。

「弾く」はそのままですね、音楽にあわせてエレクトーンを弾きます。まだ3か月時点ですので、メロディというより、同じ単音をリズムに合わせて弾く感じです。

親も音楽詳しくないといけないの?

では親子でレッスンを受けるという点について触れていこうと思います。「親子でやるからには、親も音楽についてある程度わかってなきゃいけないの?」と不安になっている親御さんは多いのではないかと思います。

結論から言うと、親が音楽の知識がないといけないかというと、まったくそんな事はありません。実際、小さい子供に音楽ノイロハを教えていくわけですから、専門的なことは何もありません、一緒に楽しめば問題ありません。

むしろ、音楽にあまり触れてこなかったお父さんお母さんであっても、一緒にレクレーション的に楽しむところから始めますので。

一緒に歌って、子供が迷ったら「これはこうだね」と親が十分アドバイスできる内容です、管理人ダイテツもそこは心配だったのですが、何も気にしなくて大丈夫です。

ピアノやキーボードはあった方がいいの?

これもダイテツが気にしていた点なのですが、最初の3か月はまったく気にする必要はありません。実際、ヤマハの先生やスタッフの方に相談しても「最初は楽器がなくても全然心配いりませんよ」とアドバイス頂き、その通りだったなと思っています。

ただ、ダイテツは現段階でキーボードを楽天で購入したので、子供が続けられそうだなと思った時点で購入はした方がいいでしょう。いずれ電子ピアノを購入しようかと思っています。

ヤマハの幼児科レッスン、ホームワークについて

ヤマハの幼児科レッスンでは、毎回ホームワークが出ます。ただ最初のうちはすごく負担になるとかそういうものではありません。鍵盤楽器を弾くにあたって、指の番号を覚えよう、とか、「鍵盤のド」の位置を覚えようとか、「五線譜でド」の位置を覚えようとか、5分~10分あれば十分できるものです。

ホームワークを通じて親子のコミュニケーションをはかる、という感じですね。

子供の受講態度

まだ自由奔放に振る舞う年頃なので、協調性とか気にされる親御さんもいるでしょう。

確かにこの点については集団レッスンですので、ある程度の協調性は必要です。しかし、ある意味親も一緒にレッスンを受けていますので、ある程度サポートできます。

そこは上手く先生もリードしてくれますが、親も一緒にフォローしていくのが大事だなと感じました。こういうレッスンの場を通して接する事で、子供へのしつけにもつながるでしょう。

スポンサードリンク

気になっているなら是非体験レッスンに

管理人ダイテツとしては、ヤマハの幼児科レッスンに参加してとてもよかったと思っています。親子でコミュミーション取りながら音楽の基礎を無理なく学んでいく事ができます。

親が音楽やっていたから是非学ばせたいという家庭もあるでしょうが、逆に親が音楽にそこまで詳しくないから子供に音楽の教養をと思っている家庭も少なくないはず。

是非、「親があまり音楽詳しくないから」と思って躊躇している方は体験レッスンに行ってみてはとオススメします。そこまで受講のハードルは高くありません、むしろ子供は楽しんで受けてます。

むしろ子供と一緒に楽しみながら親も音楽について学ぶ、という気持ちでいいと思います。

気になった方は是非体験レッスンに申し込んでみてはいかがでしょう。

関連記事はこちら

ヤマハ音楽教室の幼児科体験レッスンに行ってきた!事前に知っておきたいポイントは?

体験談!3歳児でもいつのまにかアルファベットを覚えられる方法!ポイントはお風呂?

公文の書き方教室に息子が体験入学!こんな人にオススメだと感じた内容!

スポンサードリンク

-習い事