育児パパの手探り奮闘記

家事・育児について、素人同然(それ以下)の管理人が、役立った情報や失敗談などをお伝えしていきます!

芸術家で実業家?多彩で独自色を放つ俳優・伊勢谷友介さんのデビュー経緯とドラマ経歴!

マルチな才能を持つ俳優、伊勢谷友介!

yusuke

映画やドラマで人気のある俳優・伊勢谷友介さん。

映画「あしたのジョー」ではボクサーの強靭な体を再現するために、過酷な減量や肉体改造を成功させるなどそのストイックさも有名です。

もちろん、表現力豊かなその演技も人気の理由ですが、伊勢谷友介さんには、他にも多彩な才能があるよう。

アート関係に長けていることは周知の話ですが、近年では社会的な活動やラジオパーソナリティとしても存在感を放ちます。

そんな俳優・伊勢谷友介さんについてまとめていきます。

スポンサードリンク

最初はモデルとしてデビュー?伊勢谷友介の軌跡

伊勢谷友介はもともと絵を描くことが大好きだったようで、次第に芸術方面へと興味を深めて行きました。

今では俳優として成功されていますが、東京芸術大学在籍中に映像方面へと芸術の方向性を定めていきました。

確かに親族にはデザイナーの山本寛斎さんや、女優の山本未来さんなどがいるので、伊勢谷さんが芸術面に長けた俳優となっているのもうなづけます。

また、そのスタイルの良さなどからモデルの活動などもされていたようですがそれも表現力が磨かれる糧にもなっているかもしれません。

実際、伊勢谷友介さんの芸能界デビューはモデルとしてなんですね、しかも学生時代。

一方、自らが監督として若い頃に制作した映画「カクト」などは業界でも注目を浴びるなど、順調に俳優への道を歩き始めました。

特に映画への参加が目立ちますが、ドラマであると脚本に関わる人数が多いため統合性が無いとのことで映画など単一の作品を好んでいるようです。

さすが、演劇にこだわっている伊勢谷さんならではだと言えますね。

スポンサードリンク

伊勢谷友介のドラマ出演はレア?その出演歴は?

ではここで、伊勢谷友介さんの出演してきた代表的なドラマとその平均視聴率を辿っていきましょう。

前述のとおり、伊勢谷友介さんは連続ドラマ出演よりも、映画活動に比重を置いているため、実はドラマ出演暦はそんなにありません。

だからこそ、いつもと違う、伊勢谷友介さんを垣間見れるかもしれませんね。

<2009年>
白洲次郎 白洲次郎役(主役) 視聴率9.7%

<2010年>
龍馬伝 高杉晋作役 視聴率18.7%

<2012年>
車イスで僕は空を飛ぶ 南英明役 視聴率23.8%

<2013年>
女信長 羽柴秀吉役 視聴率8.8%

<2015年>
花燃ゆ 吉田松陰役 視聴率12.0%

声優としてのデビューを果たし、マルチな才能に磨きをかける伊勢谷友介

2016年にはディズニー映画「ジャングル・ブック」で声優を務めることになるなど、新たな一面を発揮。

もともと実写+CGという話題性の高い動物映画ですので、後々話題になってくることでしょう。

また、実業家としても活動していて自身の会社「リバースプロジェクト」では、人材を育成するプロジェクトを新たに始めたようです。

常に芸術、表現について考え未来志向の強い人であることがここからも伺えますね。

演劇だけではなく、多方向でも伊勢谷友介さんのこれからの活躍に目が離せませんね!

スポンサードリンク

-芸能人