ギター芸人筆頭、フットボールアワー後藤

ame_04

今年もやってきました、アメトークのギター芸人企画、「チョット弾けますギター芸人2017」

去年もそうでしたが、フット後藤さんのリーダー回ですね。話せるしギターも上手いし、リーダーにピッタリです。

今回のギター芸人の出演者はフット後藤さん・ANZEN漫才みやぞんさん・野性爆弾くっきーさん・馬と魚さん・松浦真也さん・レイザーラモンRG さん。

フット後藤さん、松浦真也さん、くっきーさん、RGさんは去年からの引き続きの出演。まぁ、RGさんはべーすなのですがそこはご愛敬。

逆に去年出演していた、狩野英孝さん、東京03角田さん、スピードワゴン小沢さん、堀田茜さんは今年は出演ならずでした。

さて、今回のアメトークでも アコギにエレキに色々なギターが登場して大盛り上がりのギター芸人ですが、途中で見慣れないギターが登場します。

ギター芸人達にとっては見た事のあるギターでも、観客のお客さんたちにとっては不思議な見慣れないギター。

フット後藤さんが持ってきたそのギターについてちょっとご紹介していきます。

スポンサードリンク

フット後藤秘蔵、グレッチのダブルネックギター

そのギターがこちら。

ame_00

ダブルネック、もしくはツインネックと呼ばれるタイプのギターです。

なかなか普段はお目にかかる事のできない、珍しいタイプのギターです。

フット後藤が持っているダブルネックギターって何?

ダブルネックのギターって意味あるの?、というように感じる人も少なくないかもしれません。

「ネタで二つギターがくっついてるんじゃないか」、とそう思っても不思議ではありません。

でも決して遊びやネタでギターをくっつけたようにしているわけではないんです。

ダブルネックのギターの目的は弦の貼り方が違う2つのネックを弾き分ける事によって、演奏・表現の幅を広げる事にあります。

今回のフット後藤さんのグレッチ ダブルネックギターは、上の方が12弦ギターとして、下のネックが通常の6弦ギターとして演奏できる構造になっています。

じゃあその12弦ギターって何?

せっかくなので12弦ギターについてもご説明を。

通常はエレキ・アコースティック・クラシックなど どのギターであっても弦は6本です。

しかし、中には12本の弦が張れるようになっている12弦ギターなるものが存在します。

「12本も弦があったら、弦を押さえるのが大変じゃないか」と感じるかもしれませんが、実はそんな事はありません。

というのも、12弦ギターは2本の弦がワンセットになっており、1本の弦を押さえる感覚で2本の弦を押さえられるような仕組みになっています。

ame_01

ame_02

太さの異なる2本の弦を一組にすることにより通常のギターよりも豊かな響きが得られるようになっているのが12弦ギターです。(厳密には1弦と2弦の太さは同じ、3~6弦は太さが異なる弦を一組にしている)

アコースティックギターで12弦のタイプはたまにみかけるのですが、エレキギターの場合はあまり12弦のタイプはありませんので、フット後藤さんの持っているギターはそういう意味でも稀少なギターと言えます。

フット後藤のダブルネックギターのお値段は?

さて話をもとに戻しましょう。そんな稀少のギターなのですが、一体フットボールアワー後藤さんの持っているギターのお値段はいくらなのか?どれくらい高い価格なのでしょうか。

グレッチ G6120 ナッシュビル ダブルネック
(Gretsch G6120 6 12 Nashville Double Neck Orange Stain)

ame_03

こちらのギターの値段ですが、あるサイトでは新品で$4,340.00という価格がついていました。

日本円で約48,2400円です。およそ50万円近い値段ですね。

また、他のサイトでも中古でありながら402,457円という値段で取引がされていました。

スポンサードリンク

フット後藤のギターは今でも売ってるの?

ちなみにフットボールアワー後藤さんが持っている このグレッチのダブルネックギターは今でも買えるのかを調べてみました。

国内の楽器店では取り扱っている情報はでておらず、海外のショップでも新品・中古ともにSold Out状態でした。

ダブルネックタイプという事もあり、生産台数が少なかったであろうこと、グレッチのナッシュビルは人気のシリーズである事から、今では非常に手に入りづらいモデルと言えるでしょう。

他のメーカーであれば色々とダブルネックを取り扱っているのですが、グレッチの同タイプはなかなかお目にかかれないですね。

そんなギターを持っているあたりは流石ギター大好きなフット後藤さんだと思います。

ちなみにフット後藤さんがグレッチを好きな理由は、グレッチを愛用しているBLANKEY JET CITYの大ファンだからだとか。

せっかくの貴重なモデルのギター、色々な場面でフット後藤さんが使ってくれるといいなと思っております。

(貴重なギターなので本人はあまり持ち出したくないかもしれませんが)

これからも上手いギターと一緒に笑いを届けてくれるであろうフットボールアワー後藤さんに注目です!

スポンサードリンク

関連記事はこちら

馬と魚って誰?ネタ動画や名前の由来は?ギター芸人に出演、R-1準優勝も!

7万円は高い?B’zとセブン限定コラボB’zコンプリートシングルBOXについて!

東京文京区六義園裏に13LDK、45億5千万の豪邸!月々のローンお支払い額は?