アギレラ主演で話題になったミュージカル映画バーレスク

mo_23

アメリカの人気歌手クリスティーナ・アギレラと、歌手も女優もこなす大御所シェールがキャスティングされたことで一時期話題になったミュージカル映画バーレスク。

日本公開時から観に行きたいとチェックしていたのですが、けっきょく映画館に行くことができず。そして何年も経ってからDVDを購入しました。

いまさら感はありますが、しかし、購入して良かった!とにかく良かった!「おもしろい」とか「深い話」というより、とにかく「良い」のです。

スポンサードリンク

バーレスクのあらすじ

Dance
Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

バーレスクは歌手になる夢を叶えるために、田舎街での生活を投げ出して憧れのロサンゼルスに飛び出したアリ(アギレラ)の物語です。

アリは新天地で仕事を探している最中に、バーレスクラウンジ(飲食をしながらダンスを楽しむエンタテイメントクラブ)を見つけて、ダンサーの女性達のゴージャスでセクシーなパフォーマンスに目を奪われます。

店側に「働きたい」と懇願し、最初はダンサーではなくウェイトレスとして働き始めます。

正直アリが働き始めたあたりは「歌手になるためにロサンゼルスにきたのに歌っていない!」と突っ込みましたが、そこはミュージカル映画という肩書と、歌手のアギレラがキャスティングされているくらいなので、必ず歌ってくれると信じて待ちました。

ちなみにアギレラはディズニー映画「ムーラン」の曲からアメリカの人気歌手に上り詰めた歌手で、高い歌唱力を持ち音域がとても広いです。

「リフレクション」という曲を聴けばそのすごさが伝わると思うので、アギレラに興味を持った場合はぜひこの曲も聴いてみて欲しいです。

公開から何年も経ってからバーレスクを購入したきっかけ

おもしろいDVDないかなとTSUTAYAを散策していた際に、格安で販売されていたことがきっかけです。
映画館に行けないままになっていたし、この値段なら安いし、いっそ買っちゃえ。そんな動機でした。

頭を空っぽにして繰り返し観られる映画

バーレスクはシリアスな展開も、手に汗握るようなハラハラする場面もありません。

夢を追う女の子が邁進していく過程を描いたミュージカル作品です。現実世界と比べてしまえば、もちろん映画なのでスムーズすぎると感じる部分があります。

でも、そのスムーズさ、邁進劇は頭を空っぽにして心から楽しめます。

スポンサードリンク

毎日お疲れの人も活動的な人もどちらにも相性の良い映画

Dance2
geralt / Pixabay

多少セクシーな場面があるので子どもが観るのには適していないかもしれませんが10代後半以降なら何歳でも幅広く楽しめると思います。

毎日お疲れの人は何も考えずに観ることができて息抜きになると思いますし、現在進行形で何らかの夢のために努力をしている人は、アリの真っすぐな生き方に共感できてやる気をもらえると思います。

素敵な作品だったけど個人的に気になった事

日本ではあまり知られていない人かもしれませんが、バーレスクラウンジのオーナー役として登場するテス役のシェールも高い歌唱力と素晴らしい歌声を持つことで知られている人気歌手です。

個人的な希望としては、シェールにはもっと歌って欲しかったです。

スポンサードリンク

暇になると観たくなる中毒性のある映画「バーレスク」

バーレスクは歌手になる夢を持つ、アリが夢に邁進する物語。

ミュージカル映画ですが、セリフも多く、ステージシーン、恋愛、人間関係、友情についてもしっかり描かれていて、アリの成長過程にも感情移入することができます。

「歌手」と聞くとCDを販売し、テレビに出るような歌手をイメージしやすいのですが、舞台になるのはバーレスクラウンジ。
アリはそのようなタイプの歌手とは違う道を進みます。

だからこそ、アリの「歌が好き」な気持ちがよく伝わってきます。

「有名になりたい」ではなく「歌手になりたい」アリの夢がまさしくそれで、一度もぶれずに信念を持って追いかけ続ける姿は、忙しいと忘れがちな夢への熱意や執着も思い出させてくれます。

もし気になっている人がいたら間違いなくオススメできる作品です!見終わった後の感動をお約束できる作品、是非ご覧ください!