運動会の撮影はスマホで十分?

Camera
3dman_eu / Pixabay

運動会の撮影ってスマホで十分なの?それともやっぱり望遠レンズがついたデジイチがあった方がいいのかな?そうそう、ビデオカメラもやっぱ必要?

運動会初めてのママパパの気になるポイントでしょう。また、何回か運動会を経験しているママパパにとっても、「今年の運動会はどうしようかな?」と気にされる方も多いでしょう。

今回はそんなママパパに運動会の撮影とおすすめアイテムについてご紹介していきますが、ここで最初に注意ポイントを。

「もう既にデジイチ持っているよ」という方、シャッタースピードや絞りの意味がわかって調整できる方。大変申し訳ないのですが、今回はそういう、ある程度カメラについてわかっている方向けの記事ではありません。

今回のターゲットは、「普段あまり写真撮ってるわけじゃないけど、運動会では撮影頑張りたい!」「一般的なデジカメなら持っているけど、運動会に向けてなんか準備しようかな」いうママパパ向けです。

スポンサードリンク

最初に撮影機材の機能をざっくり紹介!

運動会の撮影機材をどうするか!

もちろん私のオススメもありますので紹介していきますが、結局は「どう撮りたいか」という事によるので、まずは撮影機材の機能を説明していきます。

ここでは、「スマホ」「デジカメ」「ビデオカメラ」「デジイチ」について、各機材の長所短所を簡単に触れていきましょう。

スマホ

Phone
OpenClipart-Vectors / Pixabay

多くの方が持っているであろう、スマホ。

正直、昨今のスマホのカメラ機能の発展は目を見張るものがあります。一昔前のデジカメは最新のスマホの性能に勝てないレベルですからね。

そんなスマホの利点は、普段操作している事もあり、撮影に慣れているという事。

そしてwebコンテンツやアプリと連動しやすい事。「アプリで加工してSNSに掲載」ってことをしやすいのはなんと言ってもスマホならでは。これらがスマホの長所です。

逆に短所ですが、もはやスマホのカメラ撮影時の画像解像度は短所に値しなくなってきたと言えるでしょう。

じゃあどんなところか運動会の撮影において短所かというと、「ズーム機能」。これはどうしても他の撮影機材と差がでてしまいます。

デジカメ

Camera
Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

続いてデジカメ。

ここでいうデジカメとは、レンズ交換できないものです。いわゆる、「コンデジ」と言われたりもします、コンパクトデジタルカメラの略ですね。

スマホのカメラ性能が向上している分、デジカメの性能も上がっています。ただ、「じゃあ全然違うくらいスマホより優れているのか」というと、正直その質の差を素人が判断するのは難しいでしょう。

また、扱いやすさがウリでもあったデジカメですが、確かにビデオカメラやデジイチよりは身近で使いやすいものの、スマホに
比べると、、、というのが現状。

そういう意味ではデジカメの短所は「スマホと機能・使いやすさがあまりかわらない」という点です。

逆に長所はですが、スマホの短所であった「ズーム機能」についてデジカメは利点があります。

まずスマホよりズームのできる事、そしてスマホと違い、ズームしても画質が落ちない事。これはカメラの構造がズームがちゃんとでき、画質がさがらない構造になっているため、一般的にはスマホより優れています。

ビデオカメラ

Video
orgg / Pixabay

続いてはこちらもお馴染み「ビデオカメラ」

ビデオカメラの利点ですが、「動画を撮影できる」と言いたいところですが、最近のビデオカメラで言うなら、「動画を撮りながら静止画(画像)も撮影できる」というのがビデオカメラの利点として挙げられるでしょう。

「そういう事なら、スマホでもデジカメでも動画が取れるじゃないか」と思われるかもしれませんが、「動画を撮りながら静止画を素人でも撮りやすくなっている」という意味ではビデオカメラの方が操作しやすくなっていますね。

また、「ズーム性能」も優秀ですね、ワンタッチ・高速でズームイン・アウトできる機種が多いのもビデオカメラの利点でしょう。

短所としては、バッテリーの消費が他の機器に比べ激しい事。運動会など長丁場の場合には予備バッテリーがあると安心ですね。

デジイチ

Camera
OpenClipart-Vectors / Pixabay

デジイチはレンズ交換ができるデジカメだと思ってください、デジタル一眼レフカメラ、と呼ばれるものですね。

最近ミラーレス一眼レフというのもありますが、同じだと思ってください。

長所としては、交換するレンズの特性に応じて様々な写真を撮影できる点です。また、レンズだけでなく、カメラ本体でも色々な設定ができるため、細かく状況にあわせた写真を撮る事ができます。

レンズと設定次第で遠距離から超接眼、夜景や人物像など多くの場面に対応できるのは本当に魅力ですね。

特に運動会で注目すべきは、「スポーツ撮影」・「望遠」にも対応している事。

高倍率ズームレンズがあれば、グラウンドの反対側の子供を撮るのも余裕ですし、スポーツモード(シャッタースピードが速いモード。マニュアル設定でもそれに則した設定にする事が可能)であればかけっこの際に画像がブレる事もありません。

短所というかデメリットですが、高機能高性能な分、慣れていないとろくに撮影できません。個人的には運動会一か月前から練習してもちょっと厳しいでしょうか。

運動会の場合、状況に合わせて設定を切り替える必要があるもの上手くいかず、ピンボケならまだしもシャッタースピードを間違えて残像が移り込んでいる、という事もあります。

かなり設定変更が体に染み込んでいる、というくらい使い慣れていないと大変でしょう。ある程度設定を自動でやってくれるオートモードもありますが、それだと場合によっては普通のデジカメとあんまり変わりません。

運動会における各機材の長所短所まとめ

さて、ここで一度 スマホ・デジカメ・ビデオカメラ・デジイチの長所短所についてまとめましょう。

各機材のメリット

▶スマホ・・・扱いやすい、画質も最低限伴っている。SNS・アプリ連携しやすい

▶デジカメ・・・スマホよりズーム機能に優れている

▶ビデオカメラ・・・動画を撮りながら静止画も撮影できる

▶デジイチ・・・非常に多くの場面に対応できる、運動会ではズーム機能が特に便利

各機材のメリット

▶スマホ・・・ズーム機能が足りない

▶デジカメ・・・ズーム機能以外がスマホとあまり変わらない

▶ビデオカメラ・・・バッテリーの消費が激しい

▶デジイチ・・・操作が難しい、素人が慣れるためには時間が必要

運動会の撮影にオススメなのは?

Video camera
fill / Pixabay

さて、説明が長くなってきたので、全体の途中ではありますがここで管理人ダイテツのおすすめ機材について!

単刀直入に言うと、「ビデオカメラ」がおすすめです。

理由してはこちら。

ビデオカメラをオススメする理由

▶なんと言ってもズーム機能が優秀!

▶やっぱり動画も撮りたい!静止画と動画を一緒に撮影できるのは魅力!

▶お遊戯会・学芸会やその他イベントでも活躍してくれる

やはり何といってもズーム機能がキモです。

個人的には画質などはスマホでも十分です、バッチリとれます、、、そう、近ければ。

最近はスマホのズーム機能も向上しているものの、やはり運動会で使用するには心もとないかなと。

じゃあ、ズーム機能の伴ったデジカメがいいんじゃないか、という話になるのですが、どうせならズーム機能の伴っているビデオカメラの方が、他で活躍の機会が多いんですよね。

かつ、どうせなら動画も撮りたいよね、という事でズームで動画を撮りながら静止画も撮る、というのがオススメのスタンスです。

最近は手ブレ補正のついたビデオカメラも多いですからね、ズーム時は特にブレが大きくなるので、これも重要なポイントだと思っています。

運動会の撮影スタンスを考えて見よう!

Video
Pexels / Pixabay

さて、上記で説明したのは、「動画も撮りながら、ズームでしっかり写真も撮っていきましょうね」というスタンス。

「撮影に関しては腕に自信があるぜ!」という場合じゃなければこれが一番オススメだと思っています。

続いては「こんな場合はどうすればいい?」というケースごとにオススメ情報をまとめてみます。

素人なりに写真もちゃんと撮りたい!

スマホ、もしくはデジカメで、そんなに腕に自信があるわけじゃないけど、できればそれなりの写真を撮りたいぞ、という場合。

そういう時は迷わず連射機能を使いましょう。私もそうですが、腕が足りない分はカメラ(スマホ)の機能と性能で、そして何より数でカバーです。

シンプルかもしれませんが、一番効果のある方法です。後で連射でとった写真を家族で見ながら「どれが上手く撮れているかな」と盛り上がるのも楽しいですよ。

ズームするとブレてしまう

写真にしろ動画にしろ、ズームするとちょっとの動きがブレに繋がり、上手く撮影できない、という場面もしばしば。

そういう時は撮影姿勢の基本中の基本ですが、「脇を締める」を実践してみてください。

簡単だけれども、確実に効果があります。また、既に触れていますが、特にビデオカメラは手ブレ防止機能が付いているのも多くなっているので購入時は意識しておきたいですね。

三脚の利用ももちろんオススメです、三脚のスペースがとれるのであれば、選択としてありでしょう。

実は機械苦手なの、、、

「デジカメやビデオの方がいいのはわかってるんだけど、機械は苦手で扱えない」という方もいらっしゃるでしょう。

最近ではスマホ用の望遠レンズなんかもあります。

ズームした際の安定性は若干劣りますが、それでも慣れ親しんでいるスマホで撮影できるのはポイント高いですね。

是非事前に使い心地は試したうえで運動会に臨みたいところです。

それでも一眼レフで写真を撮りたい!

「難しいのはわかっているけど、なんとか一眼レフで写真を撮りたい」という方もいるでしょう。

私が一眼レフの扱いをアドバイスできるレベルではない事を棚に上げてという言い方になってしまうのですが、本当にデジイチに慣れていない時、もしくはまだ持っていないけどこれから運動会に向けて購入、という段階であれば、冒険はしない方が無難です。

というのもかくいう私も、

・運動会だから気合い入れていい撮影機材買うぞ!

・設定難しいけど基本は覚えたから何とかなるかな!

・なんとかならんがな・・・一生に一度の今年の運動会なのに、ミス写真ばっかりだわ、、、

という経験をした張本人です。

もうね、一通り覚えたつもりでも、絞りやらシャッター速度やら、とっさに調整するの無理っす。

これは本当に失敗しました。見栄を張って「お父ちゃん頑張るぞ~」のつもりが、普通に撮影していればそれなりに撮れていただろう運動会の写真が数枚しかとれておらず、「え、ナニ?これしかとれていないの?あんた何やってたの?」と問い詰められる状態になります。

デジイチは楽しいですし、趣味の幅・撮影の腕も上がるのでオススメもできますが、慣れていない状態での運動会での使用は本当にリスクを伴う、という事は覚えておいてください。

それでもどうしても一眼レフで撮影したい

「いやいや、それはわかったけど何とかデジイチで撮影したい」という方は2つだけオススメを。

一つは「色々な場面ではなくではなく、ある程度シーンを絞って待ち構える」という事。

かけっこであれば、「スタートも途中もゴールも」と全部取ろうとしていると、ズーム調整からして間に合いません。

「ここを撮りたい!」という場面にあわせてズームはもちろん、各種設定をあわせて待ち構えましょう。

もう一つは子供の待合席の様子を撮る、という事。望遠レンズがあれば、ピント次第でかなりいい感じにボケた(ボヤけた)写真を撮れますし、競技と違って何回もチャレンジできますしね。

普通のデジカメのズームでは届かない場合も多いですので、望遠レンズがあればぜひ撮っておきたいところです。

おすすめ機材まとめ

という事で、今回は運動会の時の撮影機材オススメポイントについてまとめました。

無難に思われるかもしれませんが、まずはビデオカメラで静止画をとりながら、というのが一番スタンダードでお勧めです。

もし「憧れの一眼レフデビューを!」というのであれば、かなり慣れてから挑戦する事をオススメします。

また、スマホや普通のデジカメの場合、ズーム機能に不安が残りますのでその点にはご注意を。

私自身の経験を踏まえてもう一度言いますが、運動会の撮影はお父ちゃんが撮影の腕で見栄を張る場面ではありません。

帰ってから家族みんなで見るための、運動会にこれなかった家族に見せるための、数年後やもっと後にみんなで懐かしむための、大事な撮影です。

上手く撮るよりもまずは確実に撮る、がまず前提ですよ、と添えさせて頂きます。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク