YouTuber養成講座誕生!子供の習い後として注目?

youtube_04

YouTuber養成講座が誕生したとニュースでも報道される時代

少し前からwebではYouTuber養成講座が始まったと噂になっていましたが、とうとうメディアでも大きく取り上げられるほどにになりましが。

YouTuberといえば近年、子供達のなりたい職業にもランクインするようになり、ますます注目を集めています。

一方、一時期よりYouTubeで得られる収入も下方修正されたこともあり、本当にYouTuberとして食べていけるかどうかは非常に厳しいというのも事実。

そんな中で小学生向けのYouTuber養成講座がどのように展開されているのか、実際に運営している教室の情報を見てみましょう。

スポンサードリンク

どこがYouTuber養成講座を実施している?

こちら「YouTuber Academy」が運営団体としてYouTuber養成講座を実施しています。

youtube_00

母体となっているのは「FULMA株式会社」という会社。

事業内容は「子供たちのやりたい!を応援する事業「体験活動事業」「YouTuber Academy」」となっています。

YouTuber養成講座の開催日・スケジュールは?

「YouTuber Academy」で実施しているYouTuber養成講座は「週何回」といった、いわゆる習い事として継続的なものではなく、実施日にあわせて申し込みをする参加形式です。

一回あたりの参加人数は10数人といったところ。

また、一回当たりのYouTuber養成講座の時間は2時間となっていますね。

既に募集をしている講座は満員御礼となっているようですね。

後でご紹介するHPで実施日・実施場所の紹介がされています。

YouTuber養成講座は参加費いくら?

youtube_01

気になるのが、「YouTuber養成講座は参加費いくらなの?」というポイント。

「YouTuber Academy」のYouTuber養成講座では、2時間あたりで3000円、税込み価格で3240円という価格帯のようです。

スポット型の参加型体験教室で3240円なら妥当なお値段と言えるのではないでしょうか。

「YouTuber Academy」に限らずですが、講座の種類によっては教材費が別途かかる教室もあったりするようなので、そこは事前の確認が必要ですね。

気になるYouTuber養成講座の内容は?

続いて気になるのはやっぱり内容。

YouTuber養成講座でどんな事をやるの?という事ですよね。

「YouTuber Academy」で実施しているYouTuber養成講座は中々興味深い内容となっていて、毎回色々なテーマを講座で掲げて開催しているのですが、どれもまず「リテラシークイズ」という導入パートがあります。

これからYouTuberを目指すにあたって知っておきたい内容を、クイズを通して学んでいこうというもの。

例えば、動画で自分の住所を言ってしまったらどうなるか、という個人情報に関する事や、アップした動画はこの先何年webに残るのか、といった内容についてまず最初に学びます。

動画は、好き勝手動画を撮影してアップすればいい、というものではないですからね。

ちゃんと自分を守る知識を最初に学びますので、そういう意味ではお父さんお母さんも安心です。

その他の講座の内容はこのようになっています。

テーマ別のワーク

「YouTuber Academy」のYouTuber養成講座では毎回テーマが掲げられていると説明しましたが、リテラシークイズの後はそのテーマに沿ってワークを行います。

例えば「色で自分を表現!?」という講座では講座名の通り、色について、人が持つ色に対してのイメージやそれを効果的に使う方法を学びます。

また「伝わる動画の最強技!?」という講座では、YouTubeにおけるリアクションについて学びます。

テーマにあわせて撮影

youtube_03

続いてはテーマに沿った撮影パート。

テーマワークで学んだ内容を子供達が自分なりに工夫して動画を撮影します。

講師がアドバイスしたり、子供達同士でワイワイ声を掛け合いながら撮影をしています。

YouTube用動画の編集

動画撮影の後は編集を行います。

サムネイルをつくったり、動画に文字を組み込んだりと、たくさんの作業を実際に体験して動画アップの準備をします。

動画の長さを編集したり、テロップの入れ方を工夫したりと、動画は撮影だけでなく編集も大事ですからね。

これもYouTuberになるために大事な内容です。

「YouTuberはたくさんの事をやるんだね」という感想が出るくらい、子供達が実際にたくさんの作業を体験します。

アップしたYouTube動画の鑑賞会

youtube_02

YouTube動画のアップが済んだら、保護者を交えて鑑賞会をします。

子供が頑張って作った動画を親子で見れるのは嬉しいですね。

ちなみに体験会で作成したYouTube動画は、そのURLを知っている人だけが閲覧可能となる限定公開という形でYouTubeにアップロードするようにされています。

そのためいきなり全世界に向けて公開となるわけではないので、その点も安心ですね。

スポンサードリンク

YouTuber養成講座の実施場所は?

さて、「YouTuber Academy」が開催しているYouTuber養成講座ですが、どこで開催されているのかも気になりますね。

TSUTATAが運営する千葉県柏にある「柏の葉T-SITE」、神奈川県藤沢市にある「湘南T-SITE 」で定期的に開催されている他、今後は東大阪で実施の予定もあるようです。

YouTuber Academyについてはこちら

「YouTuber Academy」の想いとは

そんなYouTuber養成講座を開催している「YouTuber Academy」の想いとは。

過去のインタビューをみると、彼らは「職として」のYouTuberではなく、「表現者」としてのYouTuberを養成したい、という想いがあるようです。

「子供達にYouTuberとして食べていけるようになる事を目指してもらうのではなく、YouTuberを体験できる環境を提供したい」と話しています。

確かに食べていけるYouTuberになるためには世間のトレンドをチェックしたり、効果的な編集を幅広く学び、それを拡散する術を知り、さらに集計・分析してそれを日々積み重ねていくという事をしなければなりません。

ただ、YouTuberというものを表現者としてカテゴライズするのであれば、誰もがYouTuberになりえます。

YouTuberで稼ぐ云々、という勘定的な事はおいておいて、まずは動画を撮る・編集するという事を通して自己表現の機会を持ち、それを通じて色々な事を学び考えていくというのは、ある意味時代にあった習い事なのかもしれませんね。

気になる方は是非「YouTuber Academy」のYouTuber養成講座、申し込んでみてはいかがでしょうか?

今回の情報が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

その他関連記事はこちら

【夏休み自由研究の工作】自作ハンドスピナーでたくさん学びを!作り方と部品入手法について!

公文の書き方教室に息子が体験入学!こんな人にオススメだと感じた内容!

ライザップの子供向けメニューRIZAP KIDSの内容とは!ダイエットではなく運動能力?

体験談!3歳児でもいつのまにかアルファベットを覚えられる方法!ポイントはお風呂?