陸王は実在するのか?きねや足袋とMUTEKI(無敵)の存在

陸王は実在するのか、という事が注目されています。

rikuo_01

大人気の池井戸作品、「陸王」のタイトルにもなっている、足袋感覚のランニングシューズ陸王。

「あの陸王を履いて私も竹内涼真君みたく走りたい!」と思った女子もすくなくないのでは?

今回はその陸王が実在するのか、という情報についてまとめていきます。

スポンサードリンク

足袋型のランニングシューズは実在する!

まず、足袋型のランニングシューズは実在します。

正確には、シューズではなく足袋のため、ランニング足袋というカテゴライズ。

その名も「KINEYA MUTEKI(杵屋無敵)」

rikuo_00

ランニング足袋「杵屋無敵」、これを履いて走ると、つま先から着地していく人間本来の走りに近づくという事です。

自然なランニングフォームの確認に役立つという事で、「陸王」のドラマ内にある、足袋型のランニングシューズを履いて走る姿勢を再確認・改善することも再現可能です。

スポンサードリンク

杵屋無敵は、厳密にはモデルではない?

さて、「じゃあKINEYA MUTEKI(杵屋無敵)がモデルじゃないか」と思ってしまいがちですが、厳密にはそうではないとのこと。

「陸王」原作者の池井戸潤さん曰く、「参考にはしたが、モデルではない」という事だそうです。

というのも、そもそも足袋とランニングシューズの結び付けは池井戸潤さんがあるきっかけを構想のヒントにしており、杵屋無敵、及びその製造元あるきねや足袋を取材したものの、あくまで参考にしたものの、杵屋無敵そのものをモデルにしたものではない、という事なのでしょう。

池井戸潤の陸王発想の起点になったものとは?

陸王原作者の池井戸潤さんが、今回の足袋とランニングシューズを結び付けた発想は、もともと出版社の関係者とのゴルフがきっかけでした。

集英社のメンバーとゴルフをしていた際、ランニング好きな一人が「ビブラム社のファイブフィンガーズというシューズがいい」と話していたのが起点になっているとの事。

ファイブフィンガーズはその名の通り、指がわかれた軍足のようなランニングシューズ。

指部分が分かれているのであれば足袋と一緒だから、足袋屋さんとランニングシューズを結び付けられるのでは、と考えたそうです。

きねや足袋と「KINEYA MUTEKI(杵屋無敵)」について

さて、今回 池井戸潤さんが参考にしたというKINEYA MUTEKI(杵屋無敵)のきねや足袋さん。

ドラマ「陸王」で登場する「こはぜ屋」は埼玉県の行田市にあるのですが、こちらのきねや足袋さんも埼玉県行田市の足袋屋さん。

実際に「きねや足袋」さんで開発されていた「KINEYA MUTEKI」、過去に東京マラソンなどの会場でも販売されていたそう。

陸王原作者の池井戸潤さん的にはモデルにしたのではないとの事ですが、陸王ファンとしては是非ドラマ関連アイテムとしてチェックしておきたいですね。

ランニングシューズ、もといランニング足袋としては間違いなく注目のアイテムです。

なんと、web販売にも対応しています。

陸王の人気で注目されて品薄になる事が予想されますので、売り切れる前にゲットしておきたいですね、竹内涼真さんファンはなおさら要チェックです。

竹内涼真 陸王に出演!彼氏感No.1イケメンが選ばれた理由とは?山崎賢人とも共演!

陸王をきっかけにもしかしたら ランニング・ジョギングブームが到来するかもしれない状況、ランニング足袋「KINEYA MUTEKI(杵屋無敵)」にも注目です。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

チャリティーマラソンランナー歴代一覧!24時間テレビ過去に誰が走ったの?

アクアラインマラソンで大失態!マラソン大会初心者が気を付けた方がいいこととは?

活動量計「MISFIT RAY(ミスフィットレイ)」を選んだ理由と使用した感想!

月見を子供と楽しむには!十五夜や中秋の名月の意味、すすきやお団子のお供えについても!

YouTuber養成講座誕生?どこでいくらで学べる、内容は?子供の習い事として注目!